ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ お伊勢参り




カラフルな車内です。

f0238779_8161697.jpg







大阪上本町より近鉄特急に乗ること1時間40分。

伊勢市駅に到着です。

f0238779_8163639.jpg







何十年ぶりでしょう。

思い起こせば、小学校の修学旅行以来の伊勢神宮です。







三重県伊勢市一体に鎮座する伊勢神宮は、

全国約八万の神社の頂点にある日本人の総氏神です。







古くから『お伊勢さん』と親しまれ伊勢神宮と呼ばれていますが、

正式名称は、『神宮』。神宮と言えば伊勢神宮をさします。







そして、この伊勢にある一体の神社125社の総称が神宮です。

なんとその広さ、伊勢市の1/4を占めます。








お参り方として、まず、外宮から。

伊勢市駅より徒歩5分です。

f0238779_8171022.jpg







正式には、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)といい、

衣食住をはじめ、すべての産業の守り神で生活の基盤を

支える守り神として崇められています。豊受大御神が祀られています。







参道には大きな杉の木がそびえ立ちます。
f0238779_8174585.jpg





玉砂利を踏みしめながら進みます。





手水舎でお手水、手と口をゆすぎ、心身を清めます。

鳥居の前で一礼。





そして、御正宮(本殿)前に立ち、お賽銭をそっと入れ、二拝二拍手一拝。
f0238779_8181718.jpg




f0238779_8184980.jpg





f0238779_819920.jpg







出口方向の裏参道へ。








神馬の馬小屋・御厩(みうまや)。

真っ白な神馬は、只今お散歩中か?、居ませんでした。

f0238779_8194350.jpg




f0238779_820082.jpg






バスで外宮から内宮へ。







途中、内宮手前の猿田彦神社へ立ち寄る。

f0238779_8202566.jpg









猿田彦大御神は、ものごとの最初に現れ、

万事最も善い方へ“おみちびき”になる大御神とのことです。

f0238779_8205346.jpg









小さな神社でしたが、なにか落ち着く感じのいい神社でした。


f0238779_8213586.jpg










そこから歩き、おかげ横丁へ。


江戸時代から明治にかけての伊勢の町並みを再現した54軒のお店が軒を連ねています。

f0238779_8221199.jpg



f0238779_8223237.jpg



f0238779_822564.jpg



f0238779_8232023.jpg



f0238779_8234345.jpg



f0238779_8241130.jpg



f0238779_824497.jpg



f0238779_8251325.jpg









五十鈴川。

f0238779_825363.jpg










俗界から聖界への架け橋と言われている宇治橋は総桧造りです。

式年遷宮の行事の一つとして20年に一度造り替えられます。

1年間で600万人以上、20年間で一億人以上の参拝者がこの橋を渡るため、

桧の板が数センチも擦り減るとのことです。

f0238779_8262637.jpg









板に隙間が出来ると水が漏れ腐りやすくなるので、宮大工ではなく、

船大工がこの橋を掛け替えています。いい仕事をしています。







そして、内宮(皇大神宮・こうたいじんぐう)の御正宮へ。

f0238779_8271071.jpg




f0238779_82748100.jpg




f0238779_8294338.jpg




f0238779_8302878.jpg









20年に一度全てを造り替える式年遷宮(しきねんせんぐう)が行われます。







式年とは、定められた年、伊勢神宮では20年に一度正殿を建て替え御神体を遷すことです。

神宮の永遠性を実現するもので1,300年以上も続いています。

来年の平成25年に第62回が行われる。

f0238779_8282893.jpg








これによって、大工や職人の技術も伝承される。


f0238779_8595915.jpg




f0238779_8305944.jpg





たまにはお伊勢参りもいいものです。一新される感じがします。



また、季節のいい時にでも来ようと思いながら伊勢路を後にした。
by hacchannt | 2012-01-28 08:34 | ★日々の出来事 | Comments(0)