ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ とりそば       





岡山出張第4弾。









今回、建物工事中の最後の検査・雨仕舞検査です。

f0238779_6403971.jpg










防水関係の検査をします。

f0238779_6405171.jpg











検査が終わった後のお楽しみは、昼ごはん。



予めインターネットで調べておいた『とりそば』屋さんへ。








しかし、フライング気味なワタクシ(笑)、少し早過ぎて,まだ準備中でした。








その間を利用して、街をぶらり。









オランダ通り。

f0238779_6411388.jpg









へぇ~~。









1845年、ドイツ人医師のシーボルトの娘、オランダおいね(本名:楠本いね)が、

この地で医者修行を始め、日本の女医第1号になったことにちなんで命名されたとのこと。











路地や看板が面白い。

f0238779_6412557.jpg





f0238779_6501396.jpg












商店街を歩く。

f0238779_6414035.jpg




f0238779_6421471.jpg












アーケードには、ステンドグラスがはめ込まれている。

f0238779_641538.jpg












マンホールの蓋も地域がら、やはり、桃太郎。

f0238779_6422976.jpg











そろそろ、準備が出来たかな?











『元祖 岡山とりそば太田』です。

f0238779_642553.jpg











メニューも見ず、迷わず、とりそばを注文。











そばが来るまでの間に、じっくりとメニューを見ていると、

f0238779_6433726.jpg



f0238779_6435191.jpg




f0238779_644412.jpg



f0238779_6442095.jpg












鶏飯(けいはん)?












『おけいはん?』











『それは京阪電車でんがな、あんさん。』










と心の中で独りボケツッコミ。











奄美大島の郷土料理をヒントにアレンジ・・・・・・・・。











ふむふむ。


試しに追加注文。











待つこと8分。











来ました来ました、とりそば。

チャーシューのように鶏をスライスしています。

f0238779_6445876.jpg











言われなければ、ただのラーメンに見える。











かき混ぜると、麺が顔を出す。

それでもラーメンの様。(笑)

f0238779_645205.jpg











醤油ベースのスープに麺と鶏が絡んで絶妙なハーモニー。




そばといっても歯ごたえはある。











そして、お鶏飯。(笑)

f0238779_6453949.jpg











薄味であっさりと、田舎の素朴な風景が目に浮かぶ味。


とりそばと鶏飯の愛称は、当然バッチリ。

f0238779_6455516.jpg











そばのスープを最後に鶏飯に掛けて食べるのを忘れてしまったワタクシ。




今、思い返してみても残念。









半年後の検査で行く時の楽しみとしよう。♪♪
by hacchannt | 2013-06-18 06:51 | ★B級グルメ食べ歩き | Comments(0)