ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ 夏山登山修行・その1




梅雨が明け、夏本番とはいえ、いきなり暑過ぎますなぁ~。







34℃~35℃は、当たり前。

昨日、群馬では39.5℃まで気温が上がったとか。








人間の体温をはるかに上回る。

みなさん、水分をこまめに取り、熱中症には気を付けて下さい。








避暑ではありませぬが、7/7、七夕の日。



伊丹空港AM7:15発のJALの小型機に搭乗。

f0238779_7544431.jpg








向かった先は、・・・・・・・。







AM8:30、初めての山形空港へ到着。

f0238779_755179.jpg








バスで月山(がっさん)へと向かう。







月山は、山形県の中央部にあり、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。








出羽山、湯殿山、月山と

出羽三山のひとつに数えられる霊峰である。








頂上にある月山神社を目指します。








古来から修験道を中心とした山岳信仰の場とされ、

現在も多くの修験者や参拝者が訪れる。








リフト乗り場近くまでは、バスで移動です。

まだ、雪が沢山残っています。

f0238779_7554490.jpg








この7/1から山開きがされたところです。







スキーヤーも一緒に登って行く。

f0238779_756151.jpg




f0238779_7562921.jpg









山には、鮮やかな黄色のニッコウスゲ(ユリ科)が咲いています。

この花は、午前中に咲いて夕方に閉じ、

そのまましおれてしまう、果かない一日花なのです。

懸命に咲く姿が、登山者の目を楽しませてくれます。

f0238779_7561234.jpg









リフトで登って行くと雪山が姿を現した。






スキーヤーが並んでいる。

f0238779_75743.jpg





f0238779_758282.jpg











リフトを降り、少し歩いたところで、アイゼンを装着。

f0238779_7572586.jpg










気温は摂氏16℃。








夏山とは言え、我々、少々軽装過ぎるのではないか?









山岳ガイドさん3人にリードされ、歩き始める。

f0238779_7593049.jpg











雪渓の所と、木で作った道・木道(もくどう)のところがある。

f0238779_759314.jpg









慣れないアイゼンを装着したり、外したりの繰り返しが、ひと苦労。







霧が濃く視界が効かない。







足元の目印のロープを頼りに一歩ずつ登って行く。

f0238779_80569.jpg









標高1,670mの姥ヶ岳山頂へ到着。

f0238779_803955.jpg





f0238779_805417.jpg









腹が減っては、戦は出来ぬ。







ここで、昼食となった。

梅干しひとつが入った大きなおにぎり2個。

f0238779_81884.jpg









大自然の中で食べると最高に美味い。








充電完了!!










そして、再び登山開始。

f0238779_81331.jpg










少し行ったところで、ガイドさんが、



「このペースで行くと、帰りのリフトの時間に間に合わないので

       頂上は時間的に無理です。」







「ピッチを上げて行き、頂上を目指したい方のグループと


         引き返すグループに分けたいと思います。」








「頂上を目指したい人は、手を上げて下さい。」

f0238779_833933.jpg










ワタクシ、上げました。








10人ほどが挙手をし、そのチームでガイドさんと登り始める。






先程よりペースが上がる。





霧も益々濃くなってきた。







我々の中には、80歳を超える高齢者もいる。






段々と遅れが出始めた。








いくら体力に自信があるとはいえ、今までのルートより急勾配となり


その上、大きな石を登って行く。更に足腰にも負担が掛かる。


さぞかし、辛かったことだろうと思う。







しばらく行ったところで、ガイドさんの号令のもとにストップ。


f0238779_824016.jpg








「この調子で行くと残念ながら時間が足りません。」







「リフトに間に合いません。」









「ここで、下山とします。」








勇気ある苦渋の決断です。








流石にベテランのガイドさんです。









標高1,850m地点で残念ながら引き返すことに。





月山神社に辿り着けず、無念。








ホラの音(ね)を霊山の出羽三山に響き渡らす。

f0238779_841781.jpg











この地、この場所で聴くホラは、また格別のものがあります。




これには、ガイドさんも感慨深げのご様子。








下山開始です。

f0238779_84488.jpg









下りの方が、登りより脚に負担が掛かる。




慎重に足元を注意しながら摂氏16℃の山を降りる。







この日の大阪の気温は、34℃。

f0238779_85990.jpg









山男の山岳連盟のガイドさんは、経験豊富な熟練者の方達だった。








山登りで鍛え上げられた体は、アスリートのように引き締まり、

素晴らしい足腰の強さで、バテた修験者をサポートする。






マラソンランナーのように無尽の耐力を備えているようだった。










鍛え直して、いつかまた、月山に挑戦したいと思いながら山を後にした。
by hacchannt | 2013-07-12 08:13 | ★日々の出来事 | Comments(4)
Commented by yosaminoabiko at 2013-07-13 17:26 x
月山修行の写真アップ、ありがとうございます!
ハッチャンさんはさすがアスリートですね。フットワークが我々とはちがいましたもの。(笑)
それにしてもお写真上手ですね~。
母も褒めていましたよ。
Commented by hacchannt at 2013-07-14 09:40

☆yosaminoabikoさんへ

本当にあのガイドさん達は、凄かったです。
感心しました。

来月は、酒田で頑張ってきます。

美人のお母様にもお褒め頂き光栄です。
ありがとうがざいます。


Commented by メメ at 2013-08-04 00:12 x
バッチョ傘がきまっておりますね!!わたしも傘をおともに昨日の川泳ぎに今日は夏祭りにいってきましたよ!山にも登りたいなぁ★
Commented by hacchannt at 2013-08-04 08:01

☆メメさんへ

コメントありがとうございます。
あの傘って、バッチョ傘って言うんですか!?
勉強になりました。
夏は涼しく、傘も大きいので日よけになりよさそうですね。