ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ 山原屋(やんばるや)


本部は備瀬。(念のため、「ほんぶ」ではありません「もとぶ」です。(笑))







美ら海水族館の近くです。







その前に今、ちょっとした驚きが。




何気なしに「ちゅら」とキーボードで打ち、

変換すると一発で「美ら」が出てきました。




最近のワードは、うちなーぐちにも対応しているみたいです。










本文に戻ります。(笑)



最初、本部の、それも本当に山の中にある沖縄そば屋・夢の舎(ゆめのや)に行ってみたのですが、

生憎、準備中の看板が出てて休み。


マニアの間では、えらい有名店らしいです。



f0238779_12141593.jpg







そしてこの店に。
f0238779_19200158.jpg





この店って言っても、これ?





ほんまにやってんの?って感じですが。





ちゃんとやってんのです。








まるでカメレオンのように自分の存在を消して、そっと商いをという感じすら匂わせる。








ふ~む、只者の店ではないな。




外のブルーのテント下にビーチ用のテーブルと椅子が置いてある。









恐る恐る戸を開け入ってみる。



店内はカウンターのみ。 大将とお姉さんがひとり。
f0238779_19203388.jpg









カウンターには、地元の人らしきオジーとオバーがそばをすすっている。


同じくカウンターに座り、メニューというよりは、壁に貼り付けられたお品書きを見る。

f0238779_19210925.jpg





ソーキそばにしよう。



待つこと10分。



出てきましたてんこ盛りが。


f0238779_19213420.jpg





沖縄そばは、こうでなくっちゃいけません。




その1、ソバは、あくまでツユより高く。


その2、具は、あくまで麺より高くツユとは接せず。





元来の沖縄そばの伝統を引き継ぐ由緒正しいこの盛り付け!


素晴らしい、ビューティフル、ワンダフル!!








麺は、もっちり、 だしは、あっさり気味だがよく出ている。


ソーキは、よく煮込んであり柔らかく骨からポロリと身が取れる。







こちらは、沖縄そばです。
f0238779_19220272.jpg








カメレオン状態の店構えなので行く方は、通り過ぎないように気を付けて下さい。(笑)








★山原屋   国頭郡本部町字備瀬371-1 定休日:日曜 営業時間11:00~15:30



by hacchannt | 2013-12-01 19:27 | ★沖縄旅行 | Comments(0)