ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ 亀田大毅WBA・IBF統一戦

師匠から頂いたチケットを握り締め、初めてボクシングの試合を生で見てきました。
チケットには、亀田祭り2013~第14回東日本大震災チャリティーマッチ~と書かれている。 午後7時に会場の大阪府立体育館に入ると、 満員の観客と言いたいところですが、半分の入り。
f0238779_10172322.jpg
周りを見渡すと確かにイカツイ方が多い。(笑) 2階のスタンド自由席へ行き、空いている席を探す。 ラッキーなことに正面の席が空いていた。 落ち着いたところで、ひとまず、乾杯!(笑)
f0238779_10175228.jpg
高山勝成の試合は終わったところで、亀田三兄弟の末っ子・和毅の初防衛戦からだった。
f0238779_10184906.jpg
f0238779_10191082.jpg
f0238779_10193442.jpg
これっといった山場もなく、無難にポイントを稼ぎ3-0で判定勝ちを収めた。
f0238779_10195308.jpg
メインエベントのIBFスーパーフライ級のチャンピオン亀田大毅と WBAスーパーフライ級チャンピオンリボリオ・ソリス(ベネゼエラ)との試合は、 前日の計量で、ソリスが体重オーバーで失格、王座を剥奪された。
f0238779_10211708.jpg
これがまた、次男・大毅のパッとしないじれったい試合。
f0238779_10213790.jpg
f0238779_10223852.jpg
リングサイドで応援する大毅の父・史郎のセコンドよりも大きな声が会場に響き渡っていた。
f0238779_10215763.jpg
試合の内容は、ソリオが手数も多く積極的に前へ出ていた印象はある。 結果、その失格したソリオに1-2で判定負け。 地元びいきではないフェアな判定結果だと思う。 判定結果発表のアナウンスもはっきりせず、すべてがあやふやな締まらない試合であった。 おまけに負けた大毅がそのまま王座残留とは、これ如何に? ディスコのようなライティングに大層な出で立ちもいいが、 演出ばかりに凝り、本来ボクサーとして持つべきハングリー精神、闘争心というものを 残念なことに亀田兄弟からは、全く感じなかった。 無難に、なんとか今の地位を守ろうとする気配がちらほら見え隠れするような試合でもあった。 タイトル戦の合間に4回戦ボーイのデビュー戦が行われた。 気迫の打ち合い、テクニックこそないが、その闘争心たるや亀田兄弟を上回っていた。 本日一番の迫力あるいい試合だった。 なにかすっきりしない気持ちのまま府立体育館を出て、近くのもつ鍋屋さんへ。
f0238779_10231104.jpg
店の受付で、 「1時(深夜)から貸切になっていますけどそれまでの時間でよろしいでしょうか?」と聞かれた。 亀田陣営の打ち上げかな? 今日は、反省会になるのでは。 大いに反省してもらいましょう。
f0238779_10233662.jpg
f0238779_10235527.jpg
f0238779_10241143.jpg
f0238779_10242757.jpg
f0238779_10244016.jpg

by hacchannt | 2013-12-04 12:38 | ★日々の出来事 | Comments(3)
Commented by ケンヂー at 2013-12-05 09:07 x
いやー、ほんまにつまらん試合でしたねー。

私は、対面にいました。

確かに品のない人が多いような・・・

Commented by at 2013-12-05 19:07 x
ボクシングのルールわかりませんか、あんなんで良いの?って感じでしたよね。
相手の選手も失格してるのに(^_^;)
スポーツじゃないですね(^_^;)
Commented by hacchannt at 2013-12-06 17:39
☆ケンヂーさんへ

翌日の記者会見に大毅は姿をくらまし、出なかったようですね。
会場には、恰幅のいい坊主頭の人が多かったような気が。
そして、おまけに見に来る客の質も悪い。
我々の座っている前を子供が何度も出たり入ったり、
狭いので通るたびに荷物をどけ、
脚をかわさないといけないのに、後ろの親は知らん顔。
挙句の果て、お菓子やジュースの缶は散らかしたまま帰るし。
まぁ~、全てにおいて最低でしたな。


☆珠さんへ

スポーツというより全くの興行ですね。
これならプロレスの方がよっぽど面白いです。

今日の村田のボクシングは、面白そうです。