ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ 大分研修その2 



別府から大分駅へ移動。






昼になったので昼ごはんでも。






商店街の外れにあります「二代目 与一」さんへ。

f0238779_20571617.jpg








今日のお目当ては、これです。






「元祖・琉球丼」

f0238779_20573255.jpg



f0238779_2058758.jpg









ええ値段してますなぁ~。







うな重にも少しなびいたが、そこは土地の名物を食べない訳にはいかない。

f0238779_20574680.jpg








奮発しました。







結構手間が掛かるようです。



待つこと15分。







来ました、来ました。赤出汁と一緒に。

f0238779_20582785.jpg









どんぶり一面に関アジの刺身と細かいネギと胡麻が敷き詰められています。

f0238779_2058443.jpg









関アジは、少しズケ(漬け)風に醤油とみりんで味付けがされています。








流石、関アジ。歯ごたえがあります。


美味い!

f0238779_2059069.jpg









我慢しきれず、ビールも注文してしまいました。(笑)

f0238779_20591015.jpg









魚は、鯖であったり、場合によればブリであったりと、

家で作る場合は、家庭、家庭での好みで選ぶらしい。





りゅうきゅうという名がついていますが大分の漁師メシです。





りゅうきゅうとは、漁でとれた魚を新鮮なうちにさばき、

醤油、酒、砂糖などの調味料をまぶして豪快に混ぜ合わせ食べたそうです。






それを熱々の御飯の上に掛けて食べたのがりゅうきゅう丼なのです。







ご馳走様でした。








食後の運動に街歩き。








大分銀行です。

f0238779_20594729.jpg



f0238779_210749.jpg









重厚な建物で、レンガの色も美しい。

f0238779_2103014.jpg









辰野金吾設計です。

f0238779_2113140.jpg










大阪では、中之島の中央公会堂や浜寺公園駅舎の設計者です。


辰野式と言われたデザインには、レンガが映える。

f0238779_211217.jpg



f0238779_2111576.jpg








そこから大分城跡(府内城)へ。

f0238779_211476.jpg







天守閣ない。






お堀も深くはなく、石垣も大阪城に比べれば低い。

f0238779_2121219.jpg









しかし、ここで目を引いたのがこの屋根つきの渡り廊下というか橋です。



廊下橋というらしい。

f0238779_2124684.jpg









珍しい建築物です。

f0238779_213723.jpg









プロポーションもいい。

f0238779_2132778.jpg



f0238779_2133952.jpg









さ~て、そろそろ集合場所へ行こうか。

f0238779_2135532.jpg



f0238779_2141128.jpg

by hacchannt | 2014-05-15 21:05 | ★日々の出来事 | Comments(0)