ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆倉吉カニツアー ~宮里先生送別旅行①~



昨年は、12月の半ば。






大阪駅へ8人が集合した。

f0238779_1749519.jpg








しかし、この中に1人だけこの旅行の企画を全く知らされていない方がいた。






それは、





それは、まーこ先生なのです。








宮里先生は、まーこ先生に



「大阪を発つ前に最後に二人で温泉旅行にでも行こう」



と、だけ話しをしていたのだ。










それも出発の2~3日前に。








大阪駅のプラットホームへ、我々弟子がぞろぞろとやって来るので、

見送りに来てくれたとばかり思っていたらしい。








ところが一緒に電車に乗り込むものだから、






「あれ?、なんで?」





てな具合となり、







サプライズ大作戦、大成功!!(笑)

f0238779_17493724.jpg









座席に座るや、盛り上がり、和気あいあいと。



やったね♪

f0238779_17495131.jpg








早速、買ってきたおつまみとビールで乾杯。

f0238779_1750683.jpg



f0238779_17501437.jpg



f0238779_17511417.jpg









鳥取へ電車で行くのは初めてです。






スーパーはくとです。


f0238779_1752261.jpg


f0238779_17521374.jpg


f0238779_17503089.jpg







グッドデザイン賞も受賞しているようです。

f0238779_17503844.jpg









かりゆしに残された「かりゆし」を手に感慨深げに見つめる。




泣いたらアカン、泣いたら。

これ、人の酒やで。(笑)

f0238779_17512747.jpg







姫路を過ぎ、上郡より智頭線を北上し、

智頭より因美線で鳥取、そこから山陽本線で倉吉へというルートです。

路線図で見ると色んな路線を走ります。





倉吉に近づくほど雪が降ってくる。

f0238779_17514777.jpg







ビールから泡盛へと移行。






3時間ちょっとで目的地の倉吉へ到着。






木とガラスの綺麗な駅です。

f0238779_17524672.jpg







早速、酒の調達。(笑)

f0238779_1753137.jpg






ビールも面白いものがある。

f0238779_17531212.jpg







でっかい梨。

値段もでっかい。(笑)

f0238779_17532452.jpg








タクシーに乗り民宿へ10分ほどで到着。

f0238779_17534032.jpg







奇遇にも部屋名が「大正」という部屋があった。

f0238779_17535025.jpg







夕食まで時間があるので、町を散歩することに。





ここは、東郷湖の湖畔にある「はわい温泉」です。

f0238779_17541628.jpg



f0238779_17542724.jpg









以前、日本にあるハワイと全国的に知られたところです。









無料で浸かれる足湯があるので、行ってみることに。





まず最初は、船を利用し、お湯を張った足湯の「弁財天の湯」です。


f0238779_17544778.jpg








ズボンを膝までたくし上げ、

ハイポーズ♪

f0238779_1755135.jpg







少し浸かっていると、体まで暖かくなってきます。


こりゃ、いい具合♪







道路にあるマンホールの蓋までも温泉のデザインです。


昔は浅津温泉(あそづおんせん)と云われ、

現在は、湯梨浜町のはわい温泉です。


f0238779_17551432.jpg








2軒目は、「恵比寿の湯」です。

f0238779_17553096.jpg






こちらは、新しい足湯です。



道のすぐ横にあります。







またまた、ポーズ♪

f0238779_1755422.jpg






街中は、少しさびれた感じで、観光客にも会わなかった。






そして宿に戻り、お風呂に入ってから、

お楽しみの夕食です。







食事が用意された座敷に入ると、

で~んと、大きなカニが迎えてくれます。

f0238779_1756577.jpg







この写真ミラーのように見えるな。







こちらをにらむカニ。

f0238779_17561972.jpg







座布団の横には、洗面器があります。


お風呂から持ってきたのではありませんよ。

f0238779_17563574.jpg






カニのガラ入れなのです。


ひとりに付きひとつ用意されています。






どんだけ食べれるの!?






は~い、お疲れ様でした、乾杯!

f0238779_17565240.jpg


f0238779_1757281.jpg







かにすきです。

f0238779_17571433.jpg








鍋が煮えるまで、茹ガニを頬張る。

f0238779_17573419.jpg






お口休めに酢の物。

f0238779_1804543.jpg








カニを食べだすと、みんな無口になる。

f0238779_17581150.jpg







カニの甲羅に熱燗の酒を入れまして、甲羅酒~~。

f0238779_1758095.jpg








うぅ~ん。カニみそと酒が合い間って美味い~。








それにしてもすごい、カニの量です。

f0238779_17584234.jpg







こちらは、焼きガニ。

f0238779_17585612.jpg



f0238779_1759786.jpg







ど~だ、このカニみそ!


f0238779_17592074.jpg







ガブリとかぶりつく。







ガラも山となる。

f0238779_17593745.jpg






カニも食べきれないほど。







残った結構なカニの身をほぐし鍋に入れ、

なんと贅沢な雑炊なこと。







ご飯とカニが同じ量ほど入っている超贅沢な雑炊の完成です。

f0238779_1811847.jpg







うまい~~、最高!!

f0238779_1813068.jpg








めっちゃ、カニのいいダシが出ています。






ご馳走様でした。





満足、満足♪







そして、部屋に戻り、


駅前で仕入れた酒で、2次会が盛り上がるのでありました。

f0238779_182022.jpg



f0238779_1814869.jpg



f0238779_182880.jpg







つづく・・・・・・・・。
by hacchannt | 2015-01-20 18:31 | ★登川流 宮里政則  民謡研究所 | Comments(0)