ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆倉吉カニツアー ~宮里先生送別旅行②~



前日の部屋飲み二次会が進むにつれ、





お眠むのワタクシはウトウト~、ウトウト。






早めのお開きとなった。








しかし、風呂好きのワタクシは、



寝る前にも仕上げのお風呂に入り、



温まり、い~い気持ち♪♪


お休みなさい♪








そして、翌朝。








窓の外は雪景色。

f0238779_19515132.jpg










朝7時の朝食前に





取り敢えず、




ひと風呂浴びる。(笑)









豪華な朝食です。

f0238779_1952668.jpg









シジミ汁が胃に優しい。

f0238779_19521522.jpg









けど、朝からビールで乾杯!

f0238779_19523937.jpg








料理も美味しく頂き、完食しました。






この辺りには、近くであまり観光が出来るところが無いようです。







まして、車が無いので動きが取れず、

というか、飲むから乗れんわな。






雪も降って、風も強いので「大阪へ帰ろうか」ってなことになりました。







タクシーで倉吉駅まで行く。

f0238779_19525231.jpg


f0238779_1953430.jpg









駅には、こんな看板が立てられていた。

f0238779_19531453.jpg








切符を買う間、出発ギリギリの電車を駅員さんが待たせてくれ、

全員無事乗車できました。

f0238779_19532214.jpg








ありがとさん♪






昨日に引き続き「スーパーはくと」に乗り、大阪を目指す。








しかし、考えてみると倉吉の滞在時間は、

昨日の昼の3時から今朝の9時までですから、たった18時間ほど。







寝てる時間を除けば、食べて酒を飲んでいただけやな。(笑)







まっ、目的のカニを腹一杯食べれたし、大満足やけど。








帰りも朝から泡盛を飲みつつ車窓から見る眺めは雪景色。

f0238779_19534059.jpg








車内の他のお客さんにとっては、朝から酒臭かったやろうな~。





8人で飲んでたからな~。






早く出発したのが幸いして、大阪へはスムーズに到着。






昼過ぎだったのでランチタイムとした。








JR大阪駅と阪急の間の洋食の「スエヒロ」さんへ。

f0238779_1954733.jpg









昔ながらの洋食屋さんのようです。










なにわともあれ、ビールで、乾杯!

f0238779_19542192.jpg









サーロインステーキランチを注文。

f0238779_19544629.jpg



f0238779_19545847.jpg









まずは、ポタージュスープが出てくる。

f0238779_19551013.jpg








そして、メインのサーロインステーキです。

f0238779_19555431.jpg








少し薄めですが大きな肉です。

f0238779_1956628.jpg








うぅ~ん、美味い。

f0238779_19562523.jpg


f0238779_19552128.jpg









ビールにもってこいです。






食べ終わり、コーヒーを飲み店を出る。









なんばまで地下鉄で行き、お疲れの先生お二人をホテルまでお送りをし、







我々は、「ちょっくら行きまっか?」








昼から飲める店はと♪ ・・・・・・・・。








取り敢えず、正宗屋を目指すも、




満員で入れない。








平日の昼間にもかかわらず、




恐るべし、正宗屋!








仕方なしにブラブラと歩き、こちらの店に入った。

f0238779_19565694.jpg








ハイ、皆さん、お疲れ様でした。






乾杯~~!!

f0238779_1957956.jpg








魚がメインな店のようで、






マグロの刺身と

f0238779_19572217.jpg








鯖の炙り。

f0238779_19575469.jpg










可愛い娘がテーブルで直に炙ってくれます。

f0238779_19573413.jpg









鰯のフライ

f0238779_1958722.jpg









落ち着いたところで、一区切りのお開き。

f0238779_19582171.jpg








ワタクシは、この後、帰りましたが、






他のメンバーは、再度宮里先生と合流し、

最後の晩餐で名残り惜しいお別れをしたとの事です。







先生、





長い間、





色々とお世話になり、






本当にありがとうございました。







もう2度と会えないと思うと、








涙が、涙が、涙が~・・・・・・・。







う~うぅ~う~~。








てな、








てな、








てな、ことにはなりませぬ。








実は、








月に一度、








沖縄から名古屋・奈良・大阪に三線を教えに来られるのです。








そして、後日。







年末に、先生に年賀状を書こうと、


住所を教えて貰うために電話を掛けると、








「先生、どうですか~、そちらの生活は?」






「毎日、早寝、早起き、体にええわ。」







「そろそろ、ネオンが恋しくなってきたんやないですか?」






「ここは、なん~にも、ないわ。」






「でも、そちらは、暖かいから長生きできますよ。」







「あのたんめ~、みたいにか?」








「いや、多分、抜くと思います。」











大阪へ出て来られた時は、必ずハジケはると思います。






これからもブログネタを提供し続けて頂けることは嬉しいばかりです。(笑)







でも、





愛車ブロンプトンのスクランブル発進発令が無いのは、






やっぱり寂しいな~~。







これにて、宮里先生送別カニツアー、一件落着。(完)
by hacchannt | 2015-01-23 07:08 | ★登川流 宮里政則  民謡研究所 | Comments(0)