ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆虎鯖~焼き鳥 ~板長と先生ときち蔵~



さてさて、虎鯖を買っていそいそと家に持ち帰り、

箱から出すと、


f0238779_10544527.jpg








じゃじゃじゃ、じゃ~ん♪

f0238779_10545696.jpg







見事な虎鯖棒寿司とヒラメの昆布締め寿司です。

f0238779_1055689.jpg








虎鯖は、最小限のお酢を使用し、

鯖の旨味を最大限に出している。






脂が乗り濃厚な味です。



醤油を付けるとはじき返すほど。




ヒラメも締められた昆布でまろやかな風味と味です。



日本酒と頂き、うぅ~、満足、満足じゃ♪







そして、日を改め、板長と飲みに行くことに。






グルメな音楽家の個性的な先生御用達の立売堀の焼き鳥屋さん、

炭火焼き鳥の「きち蔵」さんです。






千日前の焼き鳥屋「山正」を教えて貰ったお方です。






その方が、きち蔵さん以上の焼き鳥屋には出会ったことがないと、

絶賛する店です。






楽しみです♪






実は、先生は、新婚ホヤホヤでこの日は、奥様もご同伴。



店には入ると、満席です。







カウンターに座り、まずは、乾杯~~♪

f0238779_105554100.jpg


f0238779_10583324.jpg






初めまして~。








メニューも沢山ある。

f0238779_1056794.jpg


f0238779_10562958.jpg


f0238779_1056409.jpg


f0238779_10564771.jpg


f0238779_10565517.jpg


f0238779_1057299.jpg








マスターが伺う。







「お腹の方は、いかがでしょうか?」




「結構、空いていますか?」



「空かしてきました。」(笑)



「お任せします~。」








突出しは、ささ身のタタキから。

f0238779_10572279.jpg








もちもちとした触感と、玉ねぎのシャリシャリ感が何ともいい。





焼き鳥を焼いてもらっている間に後ろのテーブル席が空いたので、こちらへどうぞと移動。






移動するときも女将さんの丁寧な気配りと心遣いが嬉しい。






こんな立体的な網、初めてみました。

f0238779_1058629.jpg






火の高さを加減をし、焼き具合を調整するようです。

f0238779_1059699.jpg








器も凝っている。

f0238779_10592214.jpg








マスターのお母さんの趣味とか。



最初の一品がこちら。






「ごっつ!」






器が負けぬよう重量感のあるしっかりとした瓦のような焼き物に

ドカッと盛られた身です。

f0238779_10593570.jpg








ここの店は、徳島の阿波尾鶏(あわおどり)を使用しています。




外側の皮がパリッと焼かれ、中身は少しレアの焼き具合。



ひと口食べると、しっかりとした味で酒にもって来い。








板長も思わずブログネタに撮影を始める。

f0238779_10595154.jpg








塩で頂くとなお一層味が分る。

f0238779_110656.jpg


f0238779_1102597.jpg








味付けうずらの卵。

f0238779_1103572.jpg









中まで味が染み込み、黄みはトロトロで何個でも食べれそう。



つくねもボリュームがあり美味い。

f0238779_1105299.jpg


f0238779_1111343.jpg


f0238779_1112378.jpg


f0238779_1114155.jpg


f0238779_1115428.jpg








酒がますます進みます。

f0238779_112351.jpg









手羽先や身も大きい。

f0238779_1123361.jpg


f0238779_1124641.jpg


f0238779_112563.jpg


f0238779_1131089.jpg


f0238779_113284.jpg


f0238779_1133860.jpg


f0238779_1135660.jpg


f0238779_1141150.jpg









肝やこころもデカくで美味い、もうお腹いっぱい。

f0238779_1142563.jpg


f0238779_1143626.jpg


f0238779_1144766.jpg


f0238779_1145790.jpg







ほんと、ここの鶏は、普通の焼き鳥屋に比べると、ステーキのようです。







最後にお口直しに黒砂糖が出てきました。

f0238779_1151521.jpg








ご馳走様でした。




最強の焼き鳥屋です。







☆きち蔵 大阪市西区立売堀3-5-20 06-6531-0638
          営業時間18:00~22:00  定休日:日・祝












もう一軒、行こうということで、


先生に促されタクシーに乗ったが、ワンメーターの距離。







先生、ウチナンチュウ?(笑)







着いたのが同じ西区は新町のお好み屋さんの「介」さんです。

f0238779_1153539.jpg


f0238779_1155712.jpg


f0238779_1162187.jpg








若い店のママさんと先生は、ツーカーで親しそうです。

f0238779_1171838.jpg










アボガド

f0238779_1164469.jpg







豚玉
f0238779_1165254.jpg


f0238779_1174614.jpg


f0238779_1175575.jpg








楽しく会話も弾み、




いつしか西区の夜が更けて行くのでありました。


f0238779_1163493.jpg






☆介 大阪市西区新町1-16-16 06-6535-1313
         18:00~1:00  定休日:日曜



by hacchannt | 2015-04-27 11:12 | ★食べ歩き | Comments(0)