ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆三田製麺所 阿倍野店 ~ランパス掲載写真これねぇ~?~


あべのハルカスに向かって歩く。

f0238779_1516876.jpg













足元では、チンチン電車の線路敷きの移設準備工事が進められている。

f0238779_15161932.jpg













こちらはMIOです。

f0238779_15163151.jpg













この交差点を南に100mほど行った道沿いに










三田製麺所があります。

f0238779_1516421.jpg














つけ麺の専門店です。













ワタクシ、人生初のつけ麺を食します。













ガラガラガラッと引き戸を開け、


店内に入ると、半地下のようになっています。












カウンターへどうぞと促される。














カウンターの中央へ座り、




ランパスで濃厚豚骨魚介つけ麺を頼む。

f0238779_15171011.jpg













麺の並・中・大と料金は同じで良心的です。


f0238779_15181397.jpg


f0238779_15182060.jpg













冷たいのと温かいのが選べるようで、




なにが温かいのか分らないまま、温かい方を並で注文をした。(笑)












水をセルフで汲み、しばし待つ。

f0238779_15172423.jpg














カウンターにテプラで書かれているように自家製極太麺なので




茹で上がるのに時間が掛かるようです。


f0238779_15174351.jpg















10分ほどで出来上って来ました。













パッと見は、カレーのルーとうどんのように見える。

f0238779_15183723.jpg














海苔とネギがかすかに見える。

f0238779_15184746.jpg













麺はラーメンの太さではなく、手打ちの細うどんの感じです。

f0238779_15185733.jpg














どないして食べるのか、お隣さんの食べ方を見てみる。













このルーの器に、ただ、麺を入れて食べたらええみたい。













ふむ~?












ここで、ランパスの本に掲載された写真を思い出した。











なにか違うぞ。












つけ麺未体験なワタクシ。












店に行くまでに、シュミレーションをしなくてはと、







ランパスの本に掲載された写真を見て食べ方を想像していた。











その写真は、つけ汁が見えないほど具が沢山だった。

f0238779_1519212.jpg














豚の角煮のような肉で盛り上がっている。












これって、ある程度具を食べて、麺が汁に浸けられる状態になってから




つけ麺で食べるのかな?











未経験者で小心者のワタクシは、頭を悩ましていたのである。












しか~し、実際に現場に来てみると、



肉やメンマの具は見えず、下の方からすくい上げると、全部で具はこれだけ。


f0238779_1519451.jpg



f0238779_15201083.jpg













この差は一体なんでんねん!!












これは、ダメでしょう、三田製麺所はん!














つけ汁も麺も美味かったのに残念ですなぁ。










取り敢えず、本日もランパス・ワンコインでご馳走様でした。






☆三田製麺所 阿倍野店 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-20 
             06-4399-3838 11:00~2:00 無休




by hacchannt | 2016-04-20 17:39 | ★ランチパスポート | Comments(0)