ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆ちく満  ~工場萌えで蕎麦を一杯~




堺は、宿院です。











フェニックス通りの近くにあります「ちく満」さん。












「ちくま」と読みます。













父親がここのそばが好きで、


「ちく満のそばが食べたいから連れて行ってくれ」と時々言われ、たまに来ます。












鉄骨の工場のような外観の建物。











その中に木造の料亭風の建物が組み込まれたような造りになっています。












きっと、増築、増築でこんな形になったのでしょう。











表の駐車場に車を停め、


工場の中に入って行きます。


f0238779_1313688.jpg














初めて来た人は、玄関が何処か分らないのでは?













この引き戸から入り、

f0238779_1311849.jpg













通路を行くと、左手に製麺の機械が動く中を進む。


f0238779_131532.jpg














右手に座敷と玄関があります。

f0238779_13277.jpg


f0238779_1324740.jpg













係りのおばさんに案内され座敷に上がり、座卓に着く。


f0238779_1322432.jpg














ここはテーブル席が無いので足の悪いお年寄りは、ちょっと無理かも。












すぐにオーダーを聞きに来る。










「1斤か1斤半どちらにしますか?」












そう言われても~、





どの位の量か想像できない。











どうも1斤半で約1人前位らしい。














すぐに出来上がって来ました。





ダシと、蒸されたそばです。


f0238779_1331226.jpg



f0238779_1333540.jpg
















ダシに生卵を入れ、かき混ぜそばを頂く。

f0238779_1335032.jpg













ダシは色から分るように辛めです。











そして、そばは、ふにゃふにゃ。


f0238779_135460.jpg













初めて食べた人は、なんじゃこりゃ!?と思うはず。












歯応えは、全くなしでゼロです。












勿論好きな人は、この柔らかさが好みだという。











老舗で大名商売なのか、水やお茶は、言わないと出してくれません。










「お冷下さい。」











というと、ちゃんと屋号の入ったグラスで水が出て来ました。


f0238779_1352672.jpg














後から、蕎麦湯が持って来られ、


ダシに割って頂く。


f0238779_1354115.jpg


f0238779_1355167.jpg












想像以上に柔らかくてふにゃふにゃのそばです。











だからお客さんは、年配の人が多いのか?












結構好みが分かれるそばだと思いますが、


まっ、一度、話のネタに訪れてみては如何でしょうか。


f0238779_1361282.jpg













☆ちく満 大阪府堺市堺区宿院町西1-1-6 072-232-0093
        10:30~20:30 定休日:月曜



by hacchannt | 2017-08-02 13:09 | ★食べ歩き | Comments(0)