ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

2017年 03月 29日 ( 1 )

◆昭和山の桜 ~陽光桜 満開~


大正区の中心・昭和山で只今、陽光桜が満開です。


f0238779_15593887.jpg















里桜の天城吉野と沖縄の寒緋桜を交配させた桜が、陽光桜です。








桜は、バラ科のサクラ属とのことです。


f0238779_15595980.jpg














2015年に映画化された「陽光桜」。








以下は映画解説から。









『陽光桜-YOKO THE CHERRY BLOSSOM-』は、

愛媛県川内町(現在の東温市)で生まれ、

2001年に92歳で亡くなった「知られざる偉人」高岡正明氏の生涯を

モデルに描かれた感動のヒューマン・ドラマ映画である。











戦時中、軍国教育を行っていた青年学校で教師だった高岡正明は、

終戦直後から「わしが教え子たちを戦地に送り込んでしまった」との自責の念に苦しみ続けた。

そして、正明は「戦争という、二度とこのような悲惨なことを繰り返してはならない。











戦死した教え子たちの鎮魂と、

世界恒久平和への願いを託して新しい桜を自分の手で作ろう」と、

生涯を賭けた桜の新品種開発を誓う。










正明にとって、その桜は「新しい桜」でなければならなかった。

「厳寒のシベリアで散った子たちもいる。亜熱帯のインドシナ半島で亡くなった子もおる。

教え子たちの鎮魂と世界各国への平和のメッセージを託すには、これまでの桜ではいかん。

どんな気候でも花を咲かせる、病気にも強い樹勢が良い品種でなければいかんけん」










その挑戦は苦難の連続だった。









植物遺伝学上、桜は人工受粉で新たな品種をつくることは「不可能」だと言われていた。

しかし、正明は自らの誓いを胸に秘め不屈の精神で試行錯誤を繰り返し、

30年後、ついに桜の新品種登録第一号となる「陽光」を生み出す。











その桜が、昭和山のふもと、千島体育館の横に咲いています。



f0238779_1602446.jpg


f0238779_1622690.jpg


f0238779_1635081.jpg











昭和山の木々も大きくなりました。


f0238779_1612814.jpg












45年も経つとこんなに大きく立派になるのですね。












区役所へ行ったついでに、



陽気がよく、春休みで元気な子供の笑い声がする中、



平和な日々に感謝をし、






陽光桜を楽しんで来ました。

f0238779_1615559.jpg

by hacchannt | 2017-03-29 07:55 | ★日々の出来事 | Comments(0)