ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

2017年 04月 19日 ( 1 )

◆一泊二日の入院旅行 ~初めての人間ドック~

人生初めての人間ドックです。









一応病院に1泊するので、検査ですが入院なのでしょうか。









最近ろくに健康診断も受けていなかったので、思い切って受けることにしました。









3年ほど前に仕事関係のお客さんから紹介して頂いていた病院に行くことに。












公立学校の共済施設で毎年3~4月の学校関係者の多忙期に

一般の人でも安く人間ドックを受けられるのです。









1泊2日の宿泊コースで予約を入れていた。









受診日当日と前日に検便をしなければならない。









トイレの便器の水面にウンチを受ける流せる専用の紙も前もって送られて来ていました。








スティックが内蔵された専用採集器がふたつ入っていました。


検尿も当日自宅で採取して、


それとお泊まりの用意をして、












朝7時過ぎにいそいそと伊丹の病院へと向かうのでありました。









ナビに従い走り、1時間ほどで病院に着いた。











駐車場に車を停め、病院建物内へ。

f0238779_1821485.jpg














結構年季が感じられる病院です。













受付の看護師さんに検便と検尿を大事に丁寧に渡し(笑)、


概略の説明を聞き、診察着を受け取り、病室に案内される。













なんと、なんと、四人部屋にワタクシひとり、広っろ~~♪


f0238779_1823636.jpg











周りの人にいびきで迷惑を掛けることも無く、一安心。(笑)










病室の部屋番号は、753。





隣の部屋は、755。









流石に末尾の数字は、「4」は飛ばしています。









パチンコ屋の台でも末尾が、4と9がないのだから当然と云えば当然。








ちょっと比較、比べるものが悪いか?(笑)







部屋で七分丈の上下診察着に着替え一息つく。

f0238779_183342.jpg











桜が満開です。


f0238779_1864583.jpg













そして、まずは、身体計測と血圧測定から。








久々の身長測定。




1センチ低くなっていました。












縮むものなのですね。逆に体重は、3㎏オーバー。











運動不足が明らかです。











血圧は、いつも通りの高めで151。









毎日スポーツクラブで計っていますから分かってはいましたが。









これからランニングをして血圧を下げないと。











検査項目は結構あります。

f0238779_18250100.jpg













次に問診です。個室に呼ばれる。











ひと月半ほど前に自転車で転けて、鼻の骨を折ってしまいました。(笑)



それと、下肢静脈瘤と血圧が高いぐらいですかね、自分自身で気になるのは。



あと、喉に圧迫感があります。検査をしたのですが、分からず。



自分で色々調べるとストレス球というものかもしれません。










と、看護師さんへ伝える。











問診というより、自らの現状報告でした。(笑)











採血です。










看護師さんが、






「今まで採血で気分が悪くなかったり、意識がなくなったりしたことは、ありますか?」










ワタクシ、「あります。」










看護師さんは、当然ないものとしての話し方でしたが、


少し意表をつかれたようでした。











「それじゃ、話しながらリラックスして採血しましょうね~。」









実は、10年以上まえに近くの診療所で採血をした時に、


体調も少し悪かったのか、


抜かれる自分の血を見て、ふっと意識がなくなった経験があったのです。












無事採血も終わり、糖尿病の検査です。












糖負荷試験というものを行います。









ブドウ糖を含んだ


甘い微炭酸の少し粘性のある液体を飲まされる。










トレーランG液75g、225 mlです。

f0238779_1835999.jpg











冷やされていて、のどが渇いていたので丁度いい。


少しドロッとしたサイダーと言う感じです。











飲み干した時間を書き、2時間後に採血をし、血糖値の上がり下がりを調べるようです。













次は、内科検診です。





仰向けになり、お腹を触診します。






異常なし。












次は、眼底カメラ。







機械を覗き緑色の点を目で追っていくといつの間にか撮影されます。







網膜の状態を調べるようです。












朝は絶食













楽しみの昼ごはん。

あっさりと健康食で、体にやさしい。

f0238779_18102124.jpg


f0238779_18103186.jpg










テレビは無料


f0238779_1852416.jpg














パソコンも使えます。



自分のブログをチェック。(笑)


f0238779_1853880.jpg













一番風呂に入りました。









念のため、朝も風呂に入れないか伺ったところ




やはり、朝風呂はなし。










旅館じゃないので当たり前ですか~。











晩ご飯はこんな感じです。

f0238779_18113499.jpg








パカッと蓋を取ると、





こんな感じです♪




f0238779_18114893.jpg











この料理を入れておく保温器が優れもので


温かいものと冷えたものを同時に保温できるのです。

f0238779_1812566.jpg













観音開きになっているガラスドアの右側が暖かく、



左側が冷たいのです。












美味しく頂きました。



メルルーサのような白身魚の上に新玉ねぎ。

f0238779_18124883.jpg


f0238779_18125897.jpg


f0238779_1813127.jpg











夜10時消灯。



電気は消えませんでしたけど。










二日目。









恐怖の胃カメラ





喉に麻酔をするのに、麻酔薬でうがいをします。







麻酔が効いて来てついうっかり唾を飲み込むと咳が出てきて、むせてしょうがない。




麻酔が喉を通った影響か喉が委縮したようで声も出しにくい。





ベッドに横に寝させられ、口からカメラのケーブルを通す白い輪っかを咥えさせられた。












「胃カメラは久しぶりですか?」と先生が聞く。












「胃カメラ自体、初めてです。」












看護師さんが背中をさすってくれる。







先ほど喉が細くなった加減か胃カメラが通り難くいようで、


苦しく、涙が溢れてくる。








先生が、一度休憩しましょうと、カメラを抜く。









そして再びカメラを挿入。









オエ、オエと何度もえずく。




やっと奥まで入り、十二指腸辺りを撮影し、ようやく終了。










2~3分で終わると聞いていたのに、



15分ほど掛かり、ぐったり。












その結果、念のためにピロリ菌検査を勧められ、ついでに検査を行なった。

f0238779_1815588.jpg











全ての検査が終了。









概略の検査結果を伺い、大きな問題はなく一安心。











休憩後に、昼ご飯です。










2段の豪華なお重です。

f0238779_1813533.jpg


f0238779_1814725.jpg










美味しく頂き完食、ご馳走様でした♪

f0238779_1814198.jpg









検査結果は、ひと月後に郵送されるそうです。










一泊二日の検査のプチ旅行でした。



因みに費用は、5万円でした。










太って帰ったかも?(笑)
by hacchannt | 2017-04-19 18:29 | ★日々の出来事 | Comments(2)