ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

カテゴリ:★沖縄旅行( 68 )

◆本部町役場 石銘板 ~「役湯」の謎に迫るの巻~


今年も押し迫って参りました。









師走です。











あっという間に12月になってしまいました。










忘年会のシーズンですが、今年は、抑え目に~、抑え目に~~。









どこからか、ほんまかいな~?と言う声が聞こえてきそう。(笑)












ということで、











昨日の「沖縄へ・その2」でど~しても解明したくなった例の件のつづきです。













新しく立派になった本部町役場です。

f0238779_1920236.jpg
















昨日、たまたま自分が撮った写真を見ていて発見をした本部町役場の石銘板の役湯?が



どうも気になって仕方ありません。


f0238779_19211026.jpg















こんなところに温泉もないしなぁ。












この石銘板は、以前の古い役所のものをそのまま移設しただけでしょうし。













わざわざ字を変え、役湯だとすれば、何か謂れ(いわれ)がある筈です。

















本部町役まで同じ明朝体で書いて来て、



「場」という一文字だけをくずし字にする訳もないしなぁ~?



f0238779_19215064.jpg














ひょっとして旧字なのかと思い、





調べてみましたが、










該当なし。















謎は、深まるばかりです。












うぅ~~、もやもやする~~~。













スッキリしない!












いぃぃ~となるわ!047.gif













そうや!役場に聞いてみよう♪











それが一番手っ取り早いわ。












早速、本部町役場の広報が入っている企画政策課に電話を入れた。












「もしもし、大阪から電話をさせてもらっているのですが、



あの~ちょっと、しょうもないことなんですが、お尋ねしたいことがありまして~。



先日、そちら本部町役場に伺った時に、



記念に撮った写真を帰ってから見てみると、



役場の表にある石の銘板の字が役場ではなく、役湯にしか見えないんですが、



これって?「場」ではなく、「湯」なんですか?」













「ええっ!」













「そういうお問い合わせは、初めてです。」











「わざわざ湯にするなら謂れもあるのかな?と思いまして~」





「すみませんが、一度確認してもらえますか?」












「分かりました、後程、ご連絡させて頂きます。」












携帯の電話番号を告げて、一度電話を切る。














半時間ほどすると、携帯の電話が鳴った。













本部町の企画政策課の担当の方からだった。












その方のお話は次のようです。












石銘板は、石に文字を掘り込みそこに塗料で黒く塗っています。



その窪んだ所に地面に住むジカバチの一種の蜂が、



土を持って来て文字の中に巣を作り、文字が一部消えて場が「湯」に見えていたとのことなのです。













「すみません、掃除が行き届いてなくて」と謝まられてしまいました。(笑)

















それを聞き、



写真のデータをズームアップにすると、



ほんまや~、なにか土のようなものが詰まっているように見えるわ。



f0238779_192223100.jpg














人騒がせなハチでした。








もとい、人騒がせなハッチャンでした。











あやうく、ワタクシ「探偵ナイトスクープ」に調査依頼をするところでした。(笑)












はぁ~、スッキリした。











今度、本部に行った時は、墓だけではなしに、




役場の石銘板も掃除することにします。











一件落着、ハッチャン♪ チャンチャン♪♪ (笑)
by hacchannt | 2016-12-01 06:13 | ★沖縄旅行 | Comments(2)

◆沖縄へ・その2 ~家庭料理と ゆきの と オジーの店~



高速を終点の許田で下り、海岸線の58号線から449号線へと道を取る。











そして本部(もとぶ)の山の中へ。












レンタカーを借りた後、あやぐ食堂に行く前に、



まずは、天久(あめく)のダイソーに寄り、



ほうきとバケツと2Lの水2本を買っていた。















本家の墓参りに行きました。


f0238779_13302215.jpg















周りに木が多いので墓の中は落ち葉で一杯。
















先ほど買ったほうきで掃除をし、


タオルで汚れをふき取るのに半時間以上掛かった。









まだ、15年ほどしか経っていない墓なのですが、沖縄の墓はこんな感じです。


f0238779_1330515.jpg














墓と言うより家みたいですよね。










調べてみると、その名の通り、家型墓(平地式破風墓)というタイプらしい。














ワタクシ、結構墓参りは好きな方なのです。










墓参りをすると、なにかスッキリとします♪













綺麗になった墓に手を合わせた後、


大阪の港区から本部へ引っ越されたUさんのところへ伺う。












それがなんと、墓から車で5分もかからないところに住まわれているのです。



奇遇と言うか、ビックリ仰天です。













今回の沖縄は、家の設計のお仕事で訪問させて頂きました。













土地の下見をし、


夕方にUさんご自慢の秘密のプライベートビーチへと案内して頂いた。














前回も、来ましたが、素晴らしいロケーションです。

f0238779_13314085.jpg













民泊で泊まっている高校生が海岸で遊んでいました。













まずは、再会を祝って乾杯!


f0238779_13321159.jpg













ひと月ほど前に大阪でお会いしたばかりでしたけど。(笑)












毎日、こんなところでビールが飲めたらいいよなぁ。


f0238779_13322827.jpg













ほんと、羨ましい。












家に戻り、奥さんのJ子さんの手料理。


f0238779_1333618.jpg



f0238779_1334116.jpg














沖縄のジーマミー豆腐はやっぱり美味い。


もっちもっちで濃厚です。


f0238779_1332471.jpg















蒲鉾も人参やら野菜が入っていて素朴な味わいです。

f0238779_13331841.jpg














鰹のタタキ

f0238779_13332860.jpg














アジの唐揚げ。

f0238779_1334398.jpg















新婚旅行で買ったという錫(すず)のビアージョッキを使わさせてもらって、乾杯♪


f0238779_13352546.jpg


f0238779_1335356.jpg












錫は、よく冷えます。

f0238779_1335126.jpg













電車~飛行機~車と、今日は移動の一日だったので早めのお休み。











いびきのオーケストラで迷惑を掛けなかったかちょっと心配。





Uさんもいびきを掻くということだったので、二重奏だったかも?(笑)













そして、翌日。












午前中は、役所に下調べで本部町役場へ。











1年ほど前に建て替えられ立派な建物になっていました。

f0238779_13391435.jpg














あとから、撮った写真を見て気づいたんですが、


石碑の字が「役場」ではなく、「役」としか読めないんですが・・・・・・。















昼ご飯は、食堂好きなワタクシを連れて行って頂いたのが、こちら。


f0238779_1340257.jpg












「ゆきの」

f0238779_13401657.jpg













いい感じの外観です。


これぞ、沖縄大衆食堂!












カウンターに二人座り、何にしようかな?

f0238779_13403298.jpg













メニューが多いので迷います。

f0238779_13404611.jpg



f0238779_13421581.jpg



f0238779_13415622.jpg












中身汁定食にした。












小鉢がなんぼほどあんねん!?

f0238779_13413659.jpg













中身をひと口食べてみる。

f0238779_1341124.jpg












どこかで見た具の切り方と味だと思っていたら、



どうもオキハムのパック中身汁のようでした。(笑)












これは、これで好きなのですが・・・・・。













麦茶とアイスティー、アイスコーヒーがセルフサービスでフリーで飲めます。

f0238779_13424367.jpg











地元の人ばかりでした。










ご馳走様でした。







☆ゆきの 沖縄県名護市字宮里450-8 0980-52-3486
               11:00~2:00   無休

 











昼からは、北部土木事務所に調査に行き、本日の仕事はこれで終わり。













「面白い店に連れて行ってあげるわ。」













とのお誘いに車を走らせ来たのが、こちら。

f0238779_1344185.jpg












海の家のような、・・・・・






売店のような・・・・・。





f0238779_13443540.jpg













オジーひとりでやっているようです。












ここのたこ焼、意外に美味いねんで~とのお言葉に、


ひとつ頼んでみると、期待以上の美味さでした。





黙っていると、たこ焼きにケチャップも掛けられますので、ご用心を。(笑)



注文の際は、ケチャップ抜きでと一言付け加えて下さい。


f0238779_1344558.jpg













暑いのでぜんざいも頼んだ。












これが、沖縄のぜんざいです。


f0238779_13451063.jpg





どこが、ぜんざいやねん!?









と思われるのは、ごもっとも。













氷を食べ進むと、













中から、








ほれ、









小豆と、


f0238779_1346819.jpg












餅までちゃんと入っていますよ。

f0238779_13462182.jpg












参ったか!












ごちそう~様でした。









お元気で、また来ますね♪

f0238779_13464835.jpg












夕陽のポイントである海洋博の公園まで行く。

f0238779_134761.jpg













向こうに見えるは、伊江島たっちゅー。

f0238779_13472334.jpg












少し薄曇りが掛かっていたが大きな太陽でした。


f0238779_13474219.jpg













そして、最後に行ったのが、共同売店のような、なんでも屋さん。

f0238779_13482227.jpg














このマミーの冷蔵庫、めっちゃ古いですね~。

f0238779_1348443.jpg












50年くらい経っているんじゃないですか?











ちり紙のパッケージ。

f0238779_13484275.jpg












その名も「昭和」。













古き良き時代の絵柄です。














表のテーブルで蚊に食われながら先客さんと乾杯♪

f0238779_1349350.jpg













暗くなってきたし、そろそろ帰りますか。

f0238779_13495592.jpg













家に帰ると、



J子さんが今日も料理を作って下さった。














冬瓜と豚肉


いい味が出ています。

f0238779_13501173.jpg














タコとこの刺身は何やったか?

f0238779_13502474.jpg












野沢菜の漬物と蒲鉾と豆腐のちゃんぷるー。

f0238779_1350378.jpg













これ好きです。











野沢菜の漬物がいい仕事をします。(笑)











もずくと

f0238779_13505397.jpg














山芋のお好み焼き

f0238779_1351756.jpg














食感がもちもちで何とも良い。












今日も錫のジョッキで乾杯♪

f0238779_13512230.jpg










明日は、那覇へ行きます。











お世話になりました。






ありがとうございました♪
by hacchannt | 2016-11-30 18:04 | ★沖縄旅行 | Comments(4)

◆沖縄へ・その1 ~あやぐ食堂~


10月の下旬。












早朝に南海電車に乗り関空へ行く。














レストラン街で、モーニングを食べようと、陳列のサンプルの値段を見ると、


普段食べているモーニングの倍ほどするじゃあ~りませんか!?


f0238779_8183684.jpg



f0238779_8185156.jpg














思わず、パス!(笑)

f0238779_819310.jpg



f0238779_8192939.jpg















ピンクのジンベイザメのデザインの飛行機が翼を休める。


f0238779_8194419.jpg














この飛行機はJALですから、ワタクシの乗る飛行機じゃありません。


f0238779_8195792.jpg


f0238779_820632.jpg
















タラップを自分で上がり、

f0238779_8201969.jpg














ハイ、こちらのジェットスター機です。(笑)

f0238779_8202866.jpg















雲のじゅうたんを見ながら沖縄へと近づく。

f0238779_8204028.jpg


f0238779_8205040.jpg
















雲を抜けると、そこには青い海が広がる。


f0238779_821214.jpg

















那覇空港に降り立つ。

f0238779_8211429.jpg













暑い。













Tシャツ1枚で全く問題なし。














クーラーも掛かっています。













レンタカーを借り、いざ、出発。


f0238779_8213047.jpg














昼前だったので、まずは昼ご飯を食べることに。















ナビを首里に合わせる。













お気に入りの食堂「あやぐ食堂」へと。

f0238779_8215153.jpg














最近、外壁を塗り替えたようで、壁の白色が目に眩しい。

f0238779_822559.jpg















テーブル席と奥に小上がりがあります。

f0238779_8221952.jpg















端のテーブル席へ座り、そば定食を注文。

f0238779_8223495.jpg















出来上るまでに店内を見回すと、こんなポスターがあった。


f0238779_8224640.jpg















姉妹店が出来たようです。














是非行ってみなくては。(笑)













男性のお客さんは、かりゆしウェアの人が多い。

f0238779_823279.jpg













来ました、来ました♪











このボリューム。

f0238779_8231852.jpg















沖縄そばに刺身、チキンカツが付いて、何と600円!!












そばは、いいダシが出ています。


f0238779_8233321.jpg















コーレグースを入れ頂く。

f0238779_8234568.jpg















チキンカツもカリッと衣が揚がっていて美味い。

f0238779_8235980.jpg



f0238779_8241871.jpg















車も人間もガソリン満タンになったところで、





北へ向かい走り出す。















首里から高速の乗り口が近く丁度都合が良かった。















途中、伊芸のサービスエリアで休憩をする。

f0238779_8243783.jpg














10月下旬というのに、セミの鳴き声のうるさいこと。











よく見ると、小さなセミで本土には居ない種類のようです。

f0238779_8245184.jpg
















展望台から太平洋を一望できる。


f0238779_825580.jpg



f0238779_8251528.jpg

















ブルーシールのアイスクリームを買おうと売店に入ると、






流石、沖縄。やぎのミルクが売っていました。





f0238779_8253340.jpg
















高速の終点の許田で降り、更に走り続ける。・・・・・・・つづく。











☆あやぐ食堂 那覇市首里久場川町2-128-1 098-885-6585
              10:30~20:30 定休日:水曜日、旧盆のウークイ



by hacchannt | 2016-11-28 08:26 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆与論島の旅  ~その3・海の声にのせて~


今朝も早起き。













このような道をかき分けかき分け進む。

f0238779_1822484.jpg
















またまた、ひーじゃー現わる。(笑)

f0238779_182367.jpg

















この草のトンネルをくぐると、・・・・・

f0238779_18234050.jpg















そこは、海だった。


f0238779_18235794.jpg














曇り空だったので、今日は、海の色が違う。

f0238779_18241640.jpg


f0238779_18265153.jpg















砂浜は、細かい砂で素足が気持ちいい。

f0238779_18243251.jpg



f0238779_18271566.jpg
















高床の倉がある。


f0238779_18261389.jpg















これは、美ら海水族館に隣接する古民家博物館にあった倉とよく似ている造りです。














気候をよく考えた構造となっている。

f0238779_18255849.jpg














軽く泳ぎ、一旦宿に戻り朝食。

f0238779_18253026.jpg


f0238779_18254383.jpg













今朝は、和食です。

f0238779_18273877.jpg














額縁のように庭の景色を切り取った窓。


f0238779_18275464.jpg














毎日少しづつ変化する生きている絵画です。















再び、違うビーチへ。

f0238779_18281956.jpg














荒々しい岩と海・砂浜のコントラストが見事な自然美を作り出す。

f0238779_18283953.jpg


f0238779_18285665.jpg















いよいよこれで与論の海も見納めです。


f0238779_18465237.jpg
















しっかりと目に焼き付けておきます。


f0238779_18294553.jpg


f0238779_1830021.jpg

















浜夕顔の淡い紫が美しい。


f0238779_18302164.jpg


f0238779_18303545.jpg















帰りの道すがら、今日は、真っ黒なひーじゃーもお出ましです。

赤い首輪がお似合いです。

f0238779_183053100.jpg















風呂釜の立派な家が自慢のようです。(笑)















ペットのようで可愛い♪










暑い~~。










喉、カラッカラ。














宿に戻り、ジュースを立て続けに2杯飲み干す。


f0238779_1831972.jpg















帰りの支度です。














あっという間の3日間でした。














お世話になりました。






空港まで車で送って頂いた。















空港の待合所は、結構な人です。

f0238779_18312560.jpg















出発までの少ない時間を利用しての昼ご飯。


f0238779_1832114.jpg


f0238779_1832283.jpg















レストランというよりは食堂といった雰囲気です。

f0238779_18324770.jpg















期間限定のうなぎ定食が目に留まった。


f0238779_18315529.jpg














デカッ。


f0238779_1833663.jpg













食べ応えのある鰻を頂き満足、満足♪












そして、搭乗。

f0238779_18332114.jpg


f0238779_18333643.jpg















与論の青い海を見ながら飛び立ち、那覇へ。

f0238779_18335034.jpg


f0238779_1834077.jpg


f0238779_18341341.jpg















那覇で、乗り換え時間が3時間ほどあったので、


国際通りまで、ゆいレールで出る。















商店街の中の沖縄そば屋で、お疲れの乾杯♪

f0238779_18344562.jpg


f0238779_1835047.jpg


f0238779_18351356.jpg


f0238779_18353126.jpg













初めて見ましたオリオンビールの小瓶。


f0238779_1835436.jpg














小瓶500円はちょいとお高い。














ゆし豆腐そばと、てびちをアテに飲む。


f0238779_1836238.jpg


f0238779_18364514.jpg
















立派なてびちです。

f0238779_1836214.jpg
















ところが、ひと口食べると、
















ジャリッ。
















あっ!

















な、なっ、なにこれ?

















口から出してみると、豚の毛でした。













うぇ~~~。














歯の間に挟まり、




イワシの骨のような感じ、うぅ~~~。













ちゃんと下処理しててぇ~なぁ~~。(涙)













食べるのを中止。













ビールとそばを食べ、店を出た。

f0238779_1837793.jpg


f0238779_18372250.jpg















歩いていると、


あっ、行きたい店はここやった。


f0238779_18374199.jpg














先ほどの店、間違えていました。





店の表のゴリラのぬいぐるみが目印だったのを忘れていました。(悲)













あ~あ。













こちらは、珍しい結納料理屋さんです。


需要がいまだにあるのでしょうね?

f0238779_1837579.jpg


f0238779_1838663.jpg














ぐるりと歩き、那覇空港へ戻り、


関空に向かい飛び立つ。


f0238779_18382474.jpg














機内にてオリオンビールで旅の終わりを締めくくる。

f0238779_18384060.jpg















市場で買ったバクダンをつまみに。

f0238779_18385118.jpg















かまぼこの中身はこんなんです。

f0238779_1839640.jpg














関空より南海電車に乗るが、







天下茶屋で途中下車し、旅の反省会。(笑)

f0238779_18393924.jpg















駅前の居酒屋です。















ささみのタタキ。

f0238779_18395662.jpg
















山芋たんざく。

f0238779_18401383.jpg















山芋とろろ焼きや焼鳥をアテに飲む。

f0238779_18402898.jpg


f0238779_18403843.jpg



f0238779_18405211.jpg














魔王も赤霧島も中々もお得な380円だったので、


飲まない手はない。


f0238779_18412297.jpg


f0238779_18413316.jpg














魔王から順に飲む。


f0238779_18414726.jpg


f0238779_1842990.jpg


f0238779_1842265.jpg


f0238779_18423843.jpg


f0238779_18425374.jpg















よく食べ、よく飲んだ与論の旅でした。(完)















大阪に帰ってくると、




また、いつか与論島へ行きたいなぁ~と




ワタクシ、すっかり与論のファンとなっていました。(笑)
by hacchannt | 2016-09-12 19:04 | ★沖縄旅行 | Comments(2)

◆与論島の旅  ~その2・海の声が知りたくて~



二日目の朝は、早起きをして、チャリンコで駆け回わった。














島は、結構アップダウンがある。


f0238779_16545690.jpg














普段スポーツクラブのリカンベントタイプのエアロバイクで鍛えた成果を発揮する。(笑)













朝から汗だくです。














感覚で適当に思うがままに走る。

f0238779_16555144.jpg















地道の方が与論の景色には似合う。

f0238779_16552955.jpg















植っている植物の種類もやはり南国。

f0238779_165667.jpg













作家の森瑶子さんのお墓があった。

f0238779_16562032.jpg


f0238779_16563727.jpg



f0238779_16565555.jpg















別荘を建て、与論島を愛し続けた人でした。


f0238779_1657997.jpg


f0238779_16572555.jpg


f0238779_16573873.jpg














与論にはこんな標識があちらこちらに建っています。

f0238779_16575929.jpg















地図と照らし合わせると、現在位置が一目で分かり大変便利です。















百合ケ浜です。

f0238779_16581675.jpg














島の東側の海は、浅瀬が多く、西側はダイビングスポットとなるポイントが数多くある。














これが島全体の地図です。

f0238779_16583122.jpg














島一周、大外廻りで約23㎞。


















ハーフマラソンに丁度いい距離です。












毎年3月に与論マラソンが開催されています。








リピートで来るランナーが多いらしい。








島の人は、「お帰りなさい。」と迎えるという。









島を上げての行事となっている。














小学校は、3校。





中学校は、1校。





高校も1校。


f0238779_17014100.jpg














中学校は、1校しかありませんので、


バス停の名前もただ「中学校」で大丈夫なのです。(笑)


f0238779_1659194.jpg














環状線のように内回り、外回りのように逆回りで循環運転をする。












日に5本しかバスも走っていません。














与論中学前辺りが高台となっていて、


そこから一挙に自転車で駆け降りる。


f0238779_170357.jpg


f0238779_1704926.jpg














すごいスピードが出る。



体全体で風を受けながら走り抜け爽快です。












あちらこちらに綺麗な花が咲き乱れる。

f0238779_171917.jpg



f0238779_1712294.jpg



f0238779_1713176.jpg















県道623号線。

f0238779_1715343.jpg














やはり、確かにここは、鹿児島県なのです。














交通標識も厳しい日差しで劣化し、剥げてきている。

f0238779_172856.jpg















道路工事看板は、ベニヤにマジックで手描き。


しかし、だれもこの看板のように迂回せず、工事中の砂利道を走り抜ける。


工事の方も、ほとんどやっているのか、やっていないのかわからない様な状態。(笑)


f0238779_1722524.jpg














庭先に甕がたくさん置いてあったので、



泡盛かと見てみると、酢を作っている工場でした。


f0238779_1723764.jpg














サトウキビから作る「よろん きび酢」です。






結構いい値段がするのです。
















宿に戻り、朝ごはんです。


f0238779_173654.jpg


f0238779_1732014.jpg


f0238779_173302.jpg
















朝から品数が多いリッチな朝食でした。


f0238779_1735073.jpg


f0238779_174021.jpg


f0238779_1741648.jpg


f0238779_1742873.jpg


f0238779_1744580.jpg


f0238779_175039.jpg


f0238779_1751954.jpg















デザートはドラゴンフルーツ。

f0238779_1753841.jpg















シャキシャキとした食感で、サッパリとした甘さがあります。





f0238779_176417.jpg















昼からは、朝一に下見をした百合ヶ浜へ。















送迎のワンボックスカーに乗り、大金久海岸(ウプガニク)へ。














ヨロンブルーの海に白浜、そして植物の緑。


f0238779_1764639.jpg



f0238779_177331.jpg















この景色だけでも満足です。

f0238779_1771745.jpg
















グラスボートに乗り、1.5㎞沖の百合ヶ浜へと。













この日は、あまり魚がおらずグラスボートの底からは数えるほどしか見えなかった。

f0238779_177313.jpg















運が良ければ、干潮になった際に沖に突然現れる砂浜。













潮、波、砂、色んな条件が組み合わさり、


現れる砂浜の位置が毎回変わる不思議な浜なのです。















到着~♪

f0238779_1792579.jpg













まだ、もう少しこれから潮が引きます。














この海の色。

f0238779_1794267.jpg



f0238779_1795362.jpg



f0238779_1710620.jpg
















もう言葉は、いりませんね~♪














この水の透明度たるや、何と表現すれば良いのか。















砂をすくってみると、サンゴの細かい粒でした。


f0238779_17102779.jpg
















星の砂もあるとのこと。














自分の年だけ探すと、願い事が叶うとも・・・・・・。








時間が掛かりそうなので、あっさりやめました。(笑)















水中に潜ってみると、





プールの水より綺麗やね。




f0238779_17104735.jpg



f0238779_1711635.jpg
















水面を境に撮ってみる。



空と水中。


f0238779_1711165.jpg















浅いので寝そべって、





はぁ~、極楽、極楽♪





余は、満足じゃ。





f0238779_17113790.jpg
















風呂やないで。(笑)




f0238779_1713174.jpg


f0238779_1713217.jpg


f0238779_171343100.jpg


f0238779_1714945.jpg
















ビールを売る船もあったが、




誰も買っていなかった。



f0238779_1712460.jpg
















みんな、ビールよりこの海を堪能しているのでしょうね。











なぜか、ここではビールを飲む気になれなかった。











美しすぎる景色がそうさせたのか。


f0238779_1715934.jpg



f0238779_17243951.jpg



f0238779_17245049.jpg















今回は、潮の加減などで白浜は現れなかった。













あと20㎝程でしたが。














岸まで戻る途中で、ウミガメを発見!

f0238779_17152781.jpg















なにか良いことありそうな。(嬉)





f0238779_1715412.jpg















宿に戻り、ランチタイム♪

f0238779_17253746.jpg














なにわともあれ、まずは、乾杯♪♪





やっぱり?(笑)




f0238779_17255333.jpg

















名物の鶏飯を頼む。


f0238779_17261037.jpg


f0238779_17262331.jpg















お京阪では、ありません。念のために。


f0238779_17271136.jpg















細かくほぐした鶏肉、

f0238779_17273554.jpg















金糸玉子、しいたけ、ネギ、海苔、生姜などの薬味を



お茶碗によそおい、あっさりとした出汁を掛け、食べる。


f0238779_17275590.jpg















サラサラサラッと食べれて、めっちゃ美味いやん。

















こちらは、油そーめん。

f0238779_17281447.jpg














こちらも、もずくとそーめんが絡み、いい味付けの出汁が掛けられ



スルッと食べれるじゃあ~りませんか。


f0238779_17282996.jpg



f0238779_17284575.jpg













食後、ちょっと昼寝をしてから、


夕方に近くの海に出てみた。


f0238779_17292625.jpg















ヤギが放たれている道なき道を通り、


f0238779_173042.jpg



f0238779_17294792.jpg















この道でホンマに行けるんかい?と

f0238779_17302868.jpg













こんな木のトンネルをくぐり抜けると、













ほぉ~~~、太陽が傾き絶景の景色が表われた。


f0238779_17304963.jpg














これがほんまのプライベートビーチっちゅうやつやね。














先客に若い女の子二人がビールを飲みながら海を眺めていた。
















ゆっくり居たかったが、







のぞいているように思われるのも嫌だし、








小心者のおっちゃんのワタクシ、すぐに引き返し、退散。














宿に戻ると、夕陽がどんどんと大きくなっていく。

f0238779_17311438.jpg


f0238779_17312750.jpg


f0238779_1731371.jpg














本日も晩ご飯を探し求め、タクシーに乗り、情報収集。(笑)













運転手さんに教えて貰ったこちらの居酒屋さんへ。










半年ほど前にオープンしたという「TUK TUK」さんです。

f0238779_17323379.jpg













なかなか、外観もイケてます。

f0238779_17325225.jpg














店内は、厨房も大きく、客席も相当の人数が入れそうです。











本日まずは、いきなり日本酒、立山から。

f0238779_1733134.jpg


f0238779_17332498.jpg














カウンターに座り、メニューを見る。

f0238779_17334178.jpg


f0238779_17341699.jpg



f0238779_17342986.jpg



f0238779_17344398.jpg



f0238779_17345595.jpg


f0238779_173576.jpg



f0238779_1735191.jpg


f0238779_17353667.jpg


f0238779_17354810.jpg













突き出しの豚肉とブロッコリー

f0238779_17361781.jpg















座敷の間仕切りが変わっていて面白い。


f0238779_17363750.jpg














上半分が、なぜかアコーディオンドアで開け閉め出来る。

f0238779_17365167.jpg


f0238779_1737592.jpg















店長のもずく。

f0238779_17372331.jpg














ぶっとくて黒い。


歯応えがある。















エラブチのフライ。


f0238779_17373680.jpg














本日の日替わり与論の家庭料理


f0238779_17374848.jpg














豆腐チャンプルー


f0238779_1738821.jpg



f0238779_17382718.jpg














大箱の店で、サービスも良く、食べ物も美味かった♪













ご馳走さ~~ん♪










さて、真っ直ぐ帰るには芸がない。












少し歩くと、











島に2社しかないタクシー会社のひとつ、大洋タクシーの看板が目に付いた。


f0238779_17384382.jpg













ふむ、その下のちょっといかがわしそうな青い看板は?












カラオケパブ カトレヤ。











いいじゃないですか、2階に上がってみましょう♪














2階に上がると勝手口によく使われている照明が。

f0238779_17385985.jpg















ドアを開け入ると、











ぽつんとママさんがひとりだけ。

f0238779_1739244.jpg













真ん中でダンスが踊れるほど、だだっ広い店です。


f0238779_17423033.jpg















取り敢えず、テーブル席に着き、焼酎をもらう。


f0238779_17394352.jpg













ママさん、元は、神戸っ子とのこと。













旦那さんが与論の方で、30年ほど前にこちらへ来たとか。












「与論島の歌があるんですよ。」










「ほんじゃ、ぜひ聴かせて下さいよ。」












赤くて可愛い着物をまとい歌うは、ママさん。











はいどうぞ~~♪

f0238779_17402410.jpg











ワタクシ、いつの間にか司会者?(笑)


f0238779_17404575.jpg











正面に回りますと~~~。












ドッカ~~ン!!


f0238779_17411097.jpg










インパクト強すぎ、ママ。(笑)
















良いですね島のパブは。












決してハブではありませんよ、パブです。


毒はありませんのでご安心を。

















暫くすると、店の女の子が来ました、ご出勤です。












女の子といっても年齢もハイレベルです。ハイ。


大人の店なのです。


f0238779_17413364.jpg













そうこうしている間に若者がひとり、またひとりと入って来て、



カウンターに座り、飲んで歌う。

f0238779_17415913.jpg












隣に、地元の常連さんが座り、いい飲みっぷりです。

f0238779_1743025.jpg













この腕、見るからに地元の人。(笑)














今日も一日よく遊びました。













楽しく盛り上がり、大洋タクシーに乗り帰途へ着くのでありました~。・・・・・・・・・つづく。

f0238779_17431595.jpg

by hacchannt | 2016-09-08 07:10 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆与論島の旅  ~その1・蒼い海に焦がれて~



まずは、乾杯です♪(笑)

f0238779_1321372.jpg















おにぎりにサンドイッチ。

f0238779_13211489.jpg


f0238779_13233373.jpg














関空で搭乗時間までの寸暇を惜しんでの出発前の景気付けです。

f0238779_13234432.jpg














寸暇を惜しみ過ぎて、館内放送で呼び出されてしもた。(笑)




危ないところでした、出発前から。














まずは、関空から沖縄・那覇へ2時間の旅です。

f0238779_13235890.jpg



f0238779_1324766.jpg



f0238779_13241888.jpg
















那覇空港へ到着。


f0238779_13243581.jpg














高校野球、嘉手納高校、残念ながらが3回戦で負けてしまいましたね。



f0238779_13244777.jpg
















与論島への飛行機を待つ間の時間を利用しまして、


f0238779_13252450.jpg















また、乾杯~♪

f0238779_13253633.jpg














ソーキそばと豚丼

これは、どっちとも美味かった。

f0238779_1325486.jpg















天ぷらは、魚の天ぷらとイカの天ぷらです。

f0238779_13255899.jpg
















衣がイマイチやったな。

f0238779_13261127.jpg















時間があったので空港内をウロウロしていると、


面白いものを発見。


f0238779_13263470.jpg















沖縄限定のフィギュア。

f0238779_13265396.jpg














試しに買ってみることに。













ガチャットひねると、中からポンと野球のボールくらいのカプセルが出て来た。

f0238779_1327636.jpg















パカッと開けて中身をみると、


こんなんでした♪


f0238779_13275963.jpg









ソーキそばと、ジューシーとコーレグースと箸。








ワタクシの人差し指と比べるとこんなにも小さい。













可愛らしいフィギュアです。















沖縄に行くたびに買ってしまいそうです。(笑)













缶ビールを追加で飲み、


f0238779_1328468.jpg















ポーク玉子を買う。

f0238779_1329699.jpg















ちょっと、カスカスでした。(涙)

f0238779_13291934.jpg















与論行きのプロペラ機に乗る。

f0238779_13293181.jpg















通路を挟んで2列づつの合計4列の座席です。

f0238779_13294388.jpg













那覇-与論はわずか30分のフライトです。













飛び立ち、少しすると、今帰仁村の古宇利島が見えて来ました。

f0238779_13295943.jpg














こちらは、沖縄最北端の辺戸岬。

f0238779_13301451.jpg















ここから与論まで直線距離で25㎞です。













それでも沖縄でななく鹿児島県ですから。












そして、いよいよ与論です。














めっちゃ綺麗な海です。


f0238779_1330398.jpg















なんとも言えないこの色。














与論島、初上陸です。














与論空港に無事到着。

f0238779_1331097.jpg














平屋建てで、バスのターミナルのような素朴な建物がまた良い。

f0238779_13312162.jpg















中に入ると、わずか5mほどのベルトコンベアーで荷物が出される。(笑)

f0238779_13313698.jpg















手作り感、満載で楽しい♪

f0238779_13315137.jpg














島内の施設や店舗の広告看板をチェック。

f0238779_1332579.jpg


f0238779_13321647.jpg














空港を出ると宿のマイクロバスが迎えに来てくれていました。


やはり潮風にやられ錆だらけです。


f0238779_13323282.jpg















15分ほどで宿に到着。

f0238779_13324922.jpg


f0238779_1333542.jpg














ウェルカムドリンクを頂きながらメニューを見ていると、


面白いことが書いてあった。

f0238779_13332034.jpg














あくせくせず、島時間でゆっくりということですな。












役場と観光案内所が隣同士にある。

f0238779_1333369.jpg


f0238779_13334993.jpg













観光案内所であらゆるお店・施設で利用できるヨロンパナウル王国地域商品券と地図を頂く。













島内を散策開始!














なかなかに渋い魚屋さんです。

f0238779_13341745.jpg













居酒屋の表に揚げられたメニュー。













値段が書いてあるのかなと思って見ると、


f0238779_13343553.jpg












生ビール・・・・・冷えてます


芋焼酎・・・・・ロック、お湯割りあります


泡盛・・・・・・ボトル、グラスあります












ぜ~~んぶ、








「当ったり前やろ~」と思わずツッコミを入れたくなりました。













海の方へ行くと、


ヨロンサンゴ祭りが2~3日前に終わったところのようでした。残念!

f0238779_1335145.jpg














漁港の近くの海でもこんなに綺麗です。


f0238779_13353686.jpg














こちらは、宿の近くの海です。

f0238779_13355658.jpg














マリンレジャー用品も貸している。


f0238779_1336995.jpg













宿泊するヨロン島ビレッジは遠目に見ると波を型ち取った建物になっているようです。


f0238779_13364429.jpg


f0238779_13365752.jpg


f0238779_13371541.jpg














宿の人気者の犬もあまりにも暑いのでぐったりと昼間は蔭で寝ています。

f0238779_1337305.jpg















海に向かって見晴らしのいいカウンターデッキ


f0238779_13374361.jpg


f0238779_13375430.jpg














スーパー巡りも楽しい。


f0238779_13381352.jpg














島では数少ない信号機。

f0238779_13382812.jpg














手作りおにぎりは、ポークおにぎりに似た形をしている。

f0238779_1338413.jpg














なぜかお好み焼きが多い。

f0238779_13385418.jpg














目に付くスーパーは、制覇。(笑)

f0238779_13413985.jpg
















夕食は、タクシーの運転手さんからおしえてもらったこちらの居酒屋さんへ。

f0238779_1340373.jpg












結構なお客さんです。













座敷に通されました。

f0238779_1343912.jpg














メニューを見る。


f0238779_13432476.jpg


f0238779_13433491.jpg













与論唯一の島酒、「島有泉」を頼む。













それも1升瓶で。

f0238779_13435717.jpg














飲む気、バリバリでビールの乾杯無しのいきなり黒糖焼酎で乾杯。

f0238779_13441524.jpg



f0238779_13442949.jpg














料理は、ほとんど沖縄料理と言ってもいいほどのメニューです。














島らっきょうの天ぷら。

f0238779_13444390.jpg















造りは新鮮です。

f0238779_1344559.jpg


f0238779_13451053.jpg














魚の唐揚げ。


f0238779_13452273.jpg














店の娘に何度聞いても魚の名前が分らない。





「日によって魚が違いますから・・・・・・・」の一点張り。





それを料理人に聞いてくれっちゅうてんねん。







こちらの質問が理解できていないのかな?













豆腐チャンプルー。


f0238779_13453842.jpg













揚げ出し豆腐でした。













畳のヘリは、ハイビスカス。

f0238779_13455391.jpg













こんなヘリ、初めて見ました。













キープのボトルのようです。

f0238779_1346666.jpg














でっかいガーラ(ロウニンアジ)の魚拓です。

f0238779_13462832.jpg













お腹も満たされたことだし、食後の軽い運動にカラオケへ。













閉鎖的なカラオケ屋です。




全く外から中が見えません。


f0238779_138487.jpg














屋号の通りに、この店にチャレンジです。

f0238779_13907.jpg














靴を脱いで上がるカラオケボックスです。

f0238779_1391330.jpg


f0238779_139242.jpg















モニターも機械も少し古そう。

f0238779_138415.jpg















帰りは島で10台ほどしかないタクシーのうちの1台に乗って宿まで帰りました。

f0238779_1373214.jpg



f0238779_1374876.jpg












ええ島ですよ、与論は。・・・・・・・つづく。
by hacchannt | 2016-09-06 06:57 | ★沖縄旅行 | Comments(6)

◆ 帰路 



いよいよ、大阪に帰る時間が来ました。

那覇空港へゆいレールで向かう。



那覇空港駅の改札を出たところで、 まだ一日券の期限が残っていた。


勿体ないので、切符を買おうとしている女の子に、

良かったら使ってと手渡した。



ゆいレールさん、スミマセン。(笑)




帰りの飛行機は、ピーチです。



行きは、関空-那覇がジェットスターで3,400円、

帰りは、那覇-関空がピーチで6,000円のチケットでした。



ピーチは、ここからバスに乗り、離れた貨物機倉庫のようなターミナルへ移動です。
f0238779_07415597.jpg


結構ギリギリに搭乗。


ピーチに乗る方は、余裕を持って飛行場へ行きましょう。(笑) 無事、出発。
f0238779_07423811.jpg



機内で前の席の背もたれのポケットに入っている広告を見ていると、 こんなものが。
f0238779_07425828.jpg


ほうほう、ラピートのチケットを機内で安く買えるようです。



早速購入。


関空より、久々のラピートへ乗車。


設計者は、建築家の若林広幸さんです。


鉄仮面のような面構えに楕円形の窓が印象的です。
f0238779_07444509.jpg


f0238779_07450021.jpg


内装も豪華です。


ピーチの座席からすれば、夢のようにゆったりと広く寛げる。
f0238779_07470706.jpg


難波から大正まで行き、


旅の締めは、大正駅の大阪王で、 餃子と焼き飯を完食し、充電完了。
f0238779_07453176.jpg


f0238779_07454338.jpg


ハイ、お疲れ様でした。


ちょっと引っ張った8泊9日の今回の沖縄旅行記でした。(笑)







by hacchannt | 2013-12-24 07:47 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ ルビー 


さて、今日は大阪へ帰る日です。


12:05那覇発の飛行機なので、

残念ながら観光的なものは出来ない。



取り敢えず、朝食をとりに泊のとある店へ向かった。



ここです。
f0238779_14084530.jpg


10時から開店だった。



10時前に着いたので、まだ準備中。


一見、ファミレス風ですが、さにあらず。
f0238779_14091041.jpg



軽食屋さんなのです。



店の表にメニューの写真が窓ガラス一面に貼られている。
f0238779_14092451.jpg


10時丁度にオープン。

一番乗りで入る。


帰り支度もしないといけないので、サンドイッチをお持ち帰りで注文。






入って来たお兄さん、メニューの多さになかなか決めかねている。(笑)
f0238779_14135411.jpg


サンドイッチが出来るまでテーブルで待っていると、


店のお姉さんが、「アイスティー飲んで下さい。」と。



フリードリンクのようです。
f0238779_14123464.jpg


f0238779_14101614.jpg




お言葉に甘え、一杯頂きました。
f0238779_14103026.jpg



少し甘めのアイスティーが、疲れを癒してくれます。








そして、出来上がったサンドイッチをホテルに持ち帰り、開けると、 こんなんです~。
f0238779_14105781.jpg





具がぎっしりと詰まっています。♪♪
f0238779_14112508.jpg




ハムかベーコンを選べたので、ベーコンサンドにしました。



卵焼き丁度いい感じ。
f0238779_14114031.jpg



看板には、軽食の店と書いてありましたが、

「どこが?」って感じで、どのメニューもボリュームがありそうでした。





また、沖縄に来た時に訪れる店が一軒増えました。(笑)




☆軽食の店 ルビー  那覇市泊3-4-15

by hacchannt | 2013-12-23 14:15 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 開所式

ひと夜明け、親友の会社の開所式です。


開所式なんて初めてです。


うるま市の海の近くの工業団地の一画に工場があります。

新たなるセメントを開発したこれから有望な会社です。


 
会場の工場には、お祝いの豪華な花がズラリと並ぶ。
f0238779_12115911.jpg


まずは、手を洗い清めて座席に着く。
f0238779_12122631.jpg


f0238779_08524568.jpg


祭壇と式次第。
f0238779_08530392.jpg


f0238779_08532538.jpg




内容を見ていると、地鎮祭と同じようです。


神主さんが工場内に響き渡る大きな声で祝詞を唱える。
f0238779_08541095.jpg



いい神主さんでした。
f0238779_08542327.jpg



最後はテープカットでフィナーレを飾る。
f0238779_08550090.jpg


素晴らしい開所式でした。





晩には、食事会がありました。
f0238779_09123301.jpg


f0238779_09124795.jpg






おめでとうございます。


お疲れ様でした、乾杯~!!
f0238779_09131494.jpg






バラエティあふれる料理を頂く。
f0238779_08420788.jpg



f0238779_08422681.jpg



f0238779_08424075.jpg




f0238779_08430722.jpg




f0238779_08432498.jpg


f0238779_08434029.jpg


f0238779_08435512.jpg


f0238779_08440803.jpg



f0238779_08443485.jpg



f0238779_08462362.jpg



アルコールが入り調子が出てきたところで、
f0238779_08445002.jpg



ハイポーズ,ウルトラマン。


そりゃ、あんさん、目やない呼び鈴やがな。

無茶したらあかんわ。(笑)
f0238779_08453970.jpg




大阪の人間は、やっぱりノリが良い。


お腹もいっぱいになったことだし、 もう一軒、行っときますか?


おっちゃんばかりで今日も繰り出す沖縄の街。
f0238779_08472251.jpg



f0238779_08473919.jpg



帝王は、今夜も健在。
f0238779_08482755.jpg



f0238779_08490329.jpg



2時間ほど飲んで、

今日はこの辺でお開き。



あとは、ご自由に。(笑)

沖縄にしては、今日は宵の口に終了。



連日、お疲れ様でした。










 

by hacchannt | 2013-12-18 08:51 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 沖縄の長い夜  

明日は、おめでたい開所式なので、
このままパーティーだけで終わるわけには行きません。


前夜祭のつづきです。(笑)


主催者は、明日の準備がありますので、
大阪からの駆け付け組みが繰り出した。


夜のことはやはり、「堺の夜の帝王」にお任せ。


何処へ行くのかと思っていると、 ホテルから中野町までタクシーで飛ばす。


そして、とある店に入った。


この店をどのように決めたかは定かではないが、 とりあえず、ソファーに座る。


沖縄の飲み屋は、開店が遅く、客足も遅い。
夜の9時前だがお客さんどころか店の女の子もまだ来ていない。


男性のスタッフが一人掃除をしていた。
「もう少ししたら女の子が来ますので」と待たされること15分。



続々と女の子が入って来た。




は~い、揃ったところで、乾杯!
f0238779_12595349.jpg




急に元気になりました。(笑)
f0238779_13053035.jpg



f0238779_13061893.jpg




堺の夜の帝王のこのサインは何だ?
f0238779_13045988.jpg



年寄りのVサインか?







やはり、ボトルは泡盛。
f0238779_13054878.jpg





1時間半ほど飲み店を出た。


駆け付け組メンバーの面々は、お腹が空いたという。



近くの宮古そば屋へ。
f0238779_13074337.jpg





ワタクシは、お腹いっぱいで見物。
f0238779_13082610.jpg





なかなか美味そうな雰囲気。
f0238779_13084333.jpg






誰や誰や、タダやからといって、こんなに紅生姜を入れるやつは。
f0238779_13085702.jpg


お腹も満たされ、そば屋を出て、




歩いていて、


ふと振り返ると。




何やら異様な物々しい雰囲気。
f0238779_13105780.jpg


あっ!


堺の帝王が。


取り囲まれている。



やばい。
f0238779_13094874.jpg

放っておこう。


他人の振りをしよう。





いやいや、実はこれ、店の交渉中なのです。


沖縄では、客引きがお客さん一人にまるでハイエナのように群がってくるのです。






大阪では、一人の客引きが交渉決裂すると、

次の客引きが交渉するというのが普通ですが、

ここ、沖縄では全く違うのです。

うちの店に来て、うちの店は安いよ、可愛い子いてますよと、たかってくる・・・・・・・。




堺の夜の帝王、「え~い、めんどくさい。」



「お前ら全員でジャンケンしろ!」



「勝った奴の店に行ったろ!!」




男らしい帝王です。




こういう時に頼りになります。(笑)






素直に必死でジャンケンしています客引き君ら。(笑)
f0238779_13113205.jpg





決まった店は、ここです。
f0238779_13135289.jpg




それでは、乾杯!
f0238779_13144005.jpg




f0238779_13164844.jpg



帝王、「どれどれ、小遣いでもやろう。」


「ふむ、いくら欲しい?」


「欲しいだけ言ってみ。」




と言ったとか言わなかったとか。(笑)
f0238779_13152474.jpg




誰や思いっきり女の子の足首掴むのは。
f0238779_13160500.jpg




結構、安い料金で飲めますこのあたりは。
f0238779_13193644.jpg





今日は、このぐらいにしておいたろ。
f0238779_13175005.jpg




f0238779_13202534.jpg




ホテルに戻ったのは、2時を過ぎていたかな?
f0238779_13205640.jpg



このぐらい前夜祭で力を入れてたら、


明日はいい開所式が出来ること間違いなし。(笑)











by hacchannt | 2013-12-16 13:22 | ★沖縄旅行 | Comments(0)