ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

カテゴリ:★沖縄旅行( 72 )

◆ 帰路 



いよいよ、大阪に帰る時間が来ました。

那覇空港へゆいレールで向かう。



那覇空港駅の改札を出たところで、 まだ一日券の期限が残っていた。


勿体ないので、切符を買おうとしている女の子に、

良かったら使ってと手渡した。



ゆいレールさん、スミマセン。(笑)




帰りの飛行機は、ピーチです。



行きは、関空-那覇がジェットスターで3,400円、

帰りは、那覇-関空がピーチで6,000円のチケットでした。



ピーチは、ここからバスに乗り、離れた貨物機倉庫のようなターミナルへ移動です。
f0238779_07415597.jpg


結構ギリギリに搭乗。


ピーチに乗る方は、余裕を持って飛行場へ行きましょう。(笑) 無事、出発。
f0238779_07423811.jpg



機内で前の席の背もたれのポケットに入っている広告を見ていると、 こんなものが。
f0238779_07425828.jpg


ほうほう、ラピートのチケットを機内で安く買えるようです。



早速購入。


関空より、久々のラピートへ乗車。


設計者は、建築家の若林広幸さんです。


鉄仮面のような面構えに楕円形の窓が印象的です。
f0238779_07444509.jpg


f0238779_07450021.jpg


内装も豪華です。


ピーチの座席からすれば、夢のようにゆったりと広く寛げる。
f0238779_07470706.jpg


難波から大正まで行き、


旅の締めは、大正駅の大阪王で、 餃子と焼き飯を完食し、充電完了。
f0238779_07453176.jpg


f0238779_07454338.jpg


ハイ、お疲れ様でした。


ちょっと引っ張った8泊9日の今回の沖縄旅行記でした。(笑)







by hacchannt | 2013-12-24 07:47 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ ルビー 


さて、今日は大阪へ帰る日です。


12:05那覇発の飛行機なので、

残念ながら観光的なものは出来ない。



取り敢えず、朝食をとりに泊のとある店へ向かった。



ここです。
f0238779_14084530.jpg


10時から開店だった。



10時前に着いたので、まだ準備中。


一見、ファミレス風ですが、さにあらず。
f0238779_14091041.jpg



軽食屋さんなのです。



店の表にメニューの写真が窓ガラス一面に貼られている。
f0238779_14092451.jpg


10時丁度にオープン。

一番乗りで入る。


帰り支度もしないといけないので、サンドイッチをお持ち帰りで注文。






入って来たお兄さん、メニューの多さになかなか決めかねている。(笑)
f0238779_14135411.jpg


サンドイッチが出来るまでテーブルで待っていると、


店のお姉さんが、「アイスティー飲んで下さい。」と。



フリードリンクのようです。
f0238779_14123464.jpg


f0238779_14101614.jpg




お言葉に甘え、一杯頂きました。
f0238779_14103026.jpg



少し甘めのアイスティーが、疲れを癒してくれます。








そして、出来上がったサンドイッチをホテルに持ち帰り、開けると、 こんなんです~。
f0238779_14105781.jpg





具がぎっしりと詰まっています。♪♪
f0238779_14112508.jpg




ハムかベーコンを選べたので、ベーコンサンドにしました。



卵焼き丁度いい感じ。
f0238779_14114031.jpg



看板には、軽食の店と書いてありましたが、

「どこが?」って感じで、どのメニューもボリュームがありそうでした。





また、沖縄に来た時に訪れる店が一軒増えました。(笑)




☆軽食の店 ルビー  那覇市泊3-4-15

by hacchannt | 2013-12-23 14:15 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 開所式

ひと夜明け、親友の会社の開所式です。


開所式なんて初めてです。


うるま市の海の近くの工業団地の一画に工場があります。

新たなるセメントを開発したこれから有望な会社です。


 
会場の工場には、お祝いの豪華な花がズラリと並ぶ。
f0238779_12115911.jpg


まずは、手を洗い清めて座席に着く。
f0238779_12122631.jpg


f0238779_08524568.jpg


祭壇と式次第。
f0238779_08530392.jpg


f0238779_08532538.jpg




内容を見ていると、地鎮祭と同じようです。


神主さんが工場内に響き渡る大きな声で祝詞を唱える。
f0238779_08541095.jpg



いい神主さんでした。
f0238779_08542327.jpg



最後はテープカットでフィナーレを飾る。
f0238779_08550090.jpg


素晴らしい開所式でした。





晩には、食事会がありました。
f0238779_09123301.jpg


f0238779_09124795.jpg






おめでとうございます。


お疲れ様でした、乾杯~!!
f0238779_09131494.jpg






バラエティあふれる料理を頂く。
f0238779_08420788.jpg



f0238779_08422681.jpg



f0238779_08424075.jpg




f0238779_08430722.jpg




f0238779_08432498.jpg


f0238779_08434029.jpg


f0238779_08435512.jpg


f0238779_08440803.jpg



f0238779_08443485.jpg



f0238779_08462362.jpg



アルコールが入り調子が出てきたところで、
f0238779_08445002.jpg



ハイポーズ,ウルトラマン。


そりゃ、あんさん、目やない呼び鈴やがな。

無茶したらあかんわ。(笑)
f0238779_08453970.jpg




大阪の人間は、やっぱりノリが良い。


お腹もいっぱいになったことだし、 もう一軒、行っときますか?


おっちゃんばかりで今日も繰り出す沖縄の街。
f0238779_08472251.jpg



f0238779_08473919.jpg



帝王は、今夜も健在。
f0238779_08482755.jpg



f0238779_08490329.jpg



2時間ほど飲んで、

今日はこの辺でお開き。



あとは、ご自由に。(笑)

沖縄にしては、今日は宵の口に終了。



連日、お疲れ様でした。










 

by hacchannt | 2013-12-18 08:51 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 沖縄の長い夜  

明日は、おめでたい開所式なので、
このままパーティーだけで終わるわけには行きません。


前夜祭のつづきです。(笑)


主催者は、明日の準備がありますので、
大阪からの駆け付け組みが繰り出した。


夜のことはやはり、「堺の夜の帝王」にお任せ。


何処へ行くのかと思っていると、 ホテルから中野町までタクシーで飛ばす。


そして、とある店に入った。


この店をどのように決めたかは定かではないが、 とりあえず、ソファーに座る。


沖縄の飲み屋は、開店が遅く、客足も遅い。
夜の9時前だがお客さんどころか店の女の子もまだ来ていない。


男性のスタッフが一人掃除をしていた。
「もう少ししたら女の子が来ますので」と待たされること15分。



続々と女の子が入って来た。




は~い、揃ったところで、乾杯!
f0238779_12595349.jpg




急に元気になりました。(笑)
f0238779_13053035.jpg



f0238779_13061893.jpg




堺の夜の帝王のこのサインは何だ?
f0238779_13045988.jpg



年寄りのVサインか?







やはり、ボトルは泡盛。
f0238779_13054878.jpg





1時間半ほど飲み店を出た。


駆け付け組メンバーの面々は、お腹が空いたという。



近くの宮古そば屋へ。
f0238779_13074337.jpg





ワタクシは、お腹いっぱいで見物。
f0238779_13082610.jpg





なかなか美味そうな雰囲気。
f0238779_13084333.jpg






誰や誰や、タダやからといって、こんなに紅生姜を入れるやつは。
f0238779_13085702.jpg


お腹も満たされ、そば屋を出て、




歩いていて、


ふと振り返ると。




何やら異様な物々しい雰囲気。
f0238779_13105780.jpg


あっ!


堺の帝王が。


取り囲まれている。



やばい。
f0238779_13094874.jpg

放っておこう。


他人の振りをしよう。





いやいや、実はこれ、店の交渉中なのです。


沖縄では、客引きがお客さん一人にまるでハイエナのように群がってくるのです。






大阪では、一人の客引きが交渉決裂すると、

次の客引きが交渉するというのが普通ですが、

ここ、沖縄では全く違うのです。

うちの店に来て、うちの店は安いよ、可愛い子いてますよと、たかってくる・・・・・・・。




堺の夜の帝王、「え~い、めんどくさい。」



「お前ら全員でジャンケンしろ!」



「勝った奴の店に行ったろ!!」




男らしい帝王です。




こういう時に頼りになります。(笑)






素直に必死でジャンケンしています客引き君ら。(笑)
f0238779_13113205.jpg





決まった店は、ここです。
f0238779_13135289.jpg




それでは、乾杯!
f0238779_13144005.jpg




f0238779_13164844.jpg



帝王、「どれどれ、小遣いでもやろう。」


「ふむ、いくら欲しい?」


「欲しいだけ言ってみ。」




と言ったとか言わなかったとか。(笑)
f0238779_13152474.jpg




誰や思いっきり女の子の足首掴むのは。
f0238779_13160500.jpg




結構、安い料金で飲めますこのあたりは。
f0238779_13193644.jpg





今日は、このぐらいにしておいたろ。
f0238779_13175005.jpg




f0238779_13202534.jpg




ホテルに戻ったのは、2時を過ぎていたかな?
f0238779_13205640.jpg



このぐらい前夜祭で力を入れてたら、


明日はいい開所式が出来ること間違いなし。(笑)











by hacchannt | 2013-12-16 13:22 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 前夜祭 


北中城の丘のホテルから見える米軍兵の住宅です。


なだらかな丘陵地にゆったりと平屋の住宅が建っています。
f0238779_07502195.jpg



そんなロケーションが目の前に広がるホテルで

親友が沖縄で会社を起ち上げ、明日に開所式を控え前夜祭のパーティーです。



乾杯!!
f0238779_07504353.jpg



可愛らしい上品な料理です。


f0238779_07510575.jpg



f0238779_07512931.jpg




f0238779_07514454.jpg




f0238779_07520375.jpg




f0238779_07523103.jpg




f0238779_07524502.jpg




f0238779_07574808.jpg




f0238779_07542625.jpg




f0238779_07544270.jpg




f0238779_07550229.jpg



こういう時って沖縄料理は出ないのですね。(笑)








神戸、京都、大阪から駆けつけた方もたくさん居ます。
f0238779_07530963.jpg




f0238779_07535998.jpg




少しお酒が入ると雰囲気もなごみ、会話も弾む。
f0238779_07532270.jpg




お腹もいっぱいになった。


時間はまだ早い。







さて、どうするか。



決まっているでしょう。(笑)・・・・・・続く









by hacchannt | 2013-12-14 07:56 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 瀬長島 


沖縄で行きたいところがあった。



那覇空港の近くの瀬長島です。

f0238779_06495430.jpg




f0238779_06545772.jpg




着陸態勢に入る飛行機が頭のすぐ上を通るポイントがあります。


大迫力で見れます。


カメラに収めるのが難しい。
f0238779_06543114.jpg




松の木が入ったり。
f0238779_06540144.jpg




尻尾だけになったり。(笑)
f0238779_06534658.jpg




相当の訓練を要します。



自衛隊の戦闘機まで着陸していた。
f0238779_06552016.jpg



島をぐるりと一周。



いい天気だったのでソフトクリームを買った。
f0238779_06532094.jpg





青空に映えるソフトクリーム。(笑)
f0238779_06514012.jpg




ここでも猫が日向ぼっこ。
f0238779_06525207.jpg




何故か人に慣れていて、近寄ってきます。
f0238779_06521724.jpg




f0238779_06523434.jpg






空、海、猫。






この島は飽きなくて、なかなかいい♪
f0238779_06511027.jpg







by hacchannt | 2013-12-13 06:56 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 糸満かまぼこ



糸満を車で通りかかると、

地元のスーパーのような建物があった。

昼時だし、食事としよう。 入口の横に何やら売っている。

f0238779_08054567.jpg





ほぉ~、かまぼこやん♪♪
f0238779_08064494.jpg






ばくだんもある。
f0238779_08084293.jpg






まずは、名物ばくだんから。
f0238779_08071494.jpg





ガブリッとかじりつくと中からじゅーしーが出て来る。


ぎっしりと詰まっている。(嬉)




うま~い。
f0238779_08073757.jpg




小平も人参、ゴボウなどの野菜が入っていて味があって美味い。


結構、お腹にズッシリとくる。
f0238779_08075780.jpg




しかし、これでは終われない。





折角だら、こいつも頼んでしまえ。


小さな小屋の建物でいろんな食べ物を売っている。


屋外のテーブルまで運んでくれる。




軟骨ソーキそば
f0238779_08142536.jpg

麺がねっちょりで、ちとイマイチ。






イカ墨汁
f0238779_08145676.jpg




イカの身は大きいが大味で味なし、イマイチ。



豚肉まで入っていて脂っこくて少しひつこい。
f0238779_08153628.jpg



イカ墨汁は、イカ、大根、人参ぐらいであっさりと頂きたい。




かまぼこだけでで終わってたら良かった。後の祭り。(笑)













by hacchannt | 2013-12-12 08:16 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ 斎場御獄(せーふぁうたき)



沖縄本島の南東部・南城市にある斎場御獄。


2000年に日本で11番目となる世界遺産にも登録されている。

f0238779_08060510.jpg





f0238779_08064679.jpg




f0238779_08070532.jpg




御獄とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、
斎場御獄は、琉球開闢(かいびゃく)伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地です。
御獄の中には六つのイビ(聖域)があり、
中でも大庫理(うふぐーい)・寄満(ゆいんち)・三庫理(さんぐーい)は、
いずれも首里城内にある部屋と同じ名前を持っている。
当時の首里城と斎場御獄との深い関わりを示すものです。(以上パンフレットより)





最近では、流行りのパワースポットとして、人気が高いようですが、
自らパンフレットにパワースポット“幸せの架け橋”と記載しているのは如何なものか?






三庫理

f0238779_08100557.jpg




f0238779_08102275.jpg


国内だけではなく外国からも観光客が沢山訪れるようになり、
中にはマナーの悪い観光客もおり、
昔のように男子禁制で女性だけしか入れないようにしようとする意見も出ているようです。





写真を撮る時にはワタクシ心の中で、
「すみません、ちょっと失礼して撮らさせて頂きます」と言ってから撮影しています。





5km沖に浮かぶ久高島。

琉球開闢の祖アマミキヨが天から降りてきて最初につくったとされている島です。

f0238779_08091159.jpg




厳かな気持ちで見学、参拝したい所です。










by hacchannt | 2013-12-11 08:10 | ★沖縄旅行 | Comments(0)

◆ おきなわ郷土村 

美ら海水族館がある海洋博公園。

観光客のほとんどの人が、この水族館とイルカショーだけを見学する。


 ワタクシも勿論ちゅら海水族館はお気に入りです。






今回は、水族館へは行かず、

その西側にある「おきなわ郷土村」へ案内してもらった。





17~19世紀の沖縄の民家を再現しています。

沖縄だけではなく奄美の高倉もある。  
f0238779_07131567.jpg




f0238779_07133359.jpg




いかにも原始的な本部の民家は、

沖縄最古の建築様式でサンゴ石灰岩と竹と茅で出来ている。
f0238779_07155141.jpg



f0238779_07162934.jpg



f0238779_07175164.jpg




f0238779_07184143.jpg




床も低く、竹で編まれている。
f0238779_07170293.jpg



f0238779_07173035.jpg



f0238779_07181655.jpg







こちらは、近代の住宅様式です。


魔除けと目隠しを兼ねた「ひんぷん」。
f0238779_07192121.jpg




f0238779_07194183.jpg





軒を深く出し、厳しい日射と雨をしのぎ、風を呼び入れる「あまはじ(雨端)」。
f0238779_07201354.jpg





これらは気候風土が作り出したものです。
f0238779_07203506.jpg


これらの古民家がなんと無料で見学できるのです。


しかし、海洋博公園には看板も少なくこの郷土村を知るすべは少ない。


もっと、アピールすべきでしょう、海洋博のみなさん。



古民家の係りのおばーと話をしたら、

本部(もとぶ)の人間は、アピールとかそうゆうのが下手だからダメさ~って。



もうちょっと案内看板を立てて、 もっとホームページでもアピールしましょうよ、関係者の皆さん。



こんないいものがあるのに。



おきなわ郷土村マップ
















by hacchannt | 2013-12-10 07:25 | ★沖縄旅行 | Comments(2)

◆ プライベートビーチ 




夕方、缶ビール一本を下げ、浜に出る。


案内してもらいました、自然のプライベートビーチへ。
f0238779_07023844.jpg





大きな夕陽と海を独り占め。




入江の砂浜の幅はわずか100メーター足らず。




この大きさがとてもいい。


f0238779_06582984.jpg





ほんと、ここは地元の人しか分からない浜です。
f0238779_06590325.jpg






こんなところが近くにあっていいですね~。



羨ましい限りです。
f0238779_06595540.jpg




時間が止まったような感じです。



癒されるとは、まさにこのことでしょう。



本部の浜です。
f0238779_07002338.jpg







by hacchannt | 2013-12-09 07:01 | ★沖縄旅行 | Comments(4)