ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

カテゴリ:★日々の出来事( 303 )

◆ 同窓会


久々に高校の同窓会がありました。



10年以上会っていなかった。




もうみんな、いいおっちゃんです。

友達の姿をみて、自分もこんなオッサンやねんやと再認識する次第。





心斎橋の鳥料理屋さんで、鴨鍋を頂きました。
f0238779_16113813.jpg


f0238779_16115690.jpg




フグの唐揚げ
f0238779_16121031.jpg



12人のこじんまりとした集まりだった。
f0238779_16123359.jpg





高校当時、我々が入学する前の年に男女共学となり、
全校生徒約2,000人の中に女子はたった二人だけのほとんど男子校状態で、
男ばかりのクラスで3年間クラス替えなしだった。



お互い性格の隅々まで分かる。



やんちゃな奴が多く楽しいクラスだった。




昔話に花が咲き、二次会まで行ったが、

時間の経つのは早く

あっという間に最終電車の時間となった。
f0238779_16131078.jpg

f0238779_16132369.jpg


f0238779_16142760.jpg

f0238779_16144290.jpg

f0238779_1615215.jpg


楽しい会話に酒も進み、帰りのバスで熟睡。




終点の鶴町4丁目まで行ってしまい、夜道を歩いて帰りました。
f0238779_16151738.jpg





酔っていれば、写真もこんな具合に酔ってます。
けど、芸術的な写真になりました。(笑)
f0238779_16154014.jpg

by hacchannt | 2011-01-23 16:18 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 大阪くらしの今昔館


先日の耐震セミナーの前に大阪市住まい情報センターの8階の

「大阪くらしの今昔館」へ行ってきました。



何度も住まいの情報センターへ足を運んでいましたが、初めて入りました。




エスカレーターで9階へ上がると



実物大の江戸初期の町並み・町屋が再現されています。
f0238779_12383965.jpg





トップライトもあったんですね。(右側の瓦屋根)
f0238779_1239970.jpg





靴を脱いで畳に上がれるところも多く、
f0238779_12482151.jpg





見学者にとってすごく楽しめるところです。
f0238779_12444258.jpg





軒先から雨粒が落ちた地面の窪みまであります。
f0238779_12401958.jpg




この狭い路地と低い軒がなんとも言えぬ心地よさを感じさせます。
f0238779_12404284.jpg


f0238779_1241954.jpg




タイムスリップしたようでとても楽しい。♪
f0238779_1245983.jpg


f0238779_12484345.jpg




四つ口のへっついさん
f0238779_12412598.jpg




収納になっている箱階段
f0238779_12413798.jpg







下階の8階へ降りると、近代の大阪です。



展示室の移動途中のスペースに昔の小学校の木製の机と椅子、懐かしい。
f0238779_1245407.jpg




この模型のすばらしさ!
f0238779_12432076.jpg




すごい造り込みようです。
f0238779_12435825.jpg




昔の電化製品、テレビに冷蔵庫。
f0238779_12422555.jpg





これは、氷を入れて冷やす冷蔵庫です。電気なしのエコ仕様です。(笑)
f0238779_12424041.jpg





セミナー前の1時間ちょっとの時間で見学したのでバタバタでした。



600円でこれだけ楽しめたらお値打ちものです。



また、時間が取れるときにじっくりと。



後ろ髪を引かれる思いでセミナーへ行きました。
by hacchannt | 2011-01-21 12:49 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 立食パーティー


昨日は、とあるメーカー主催の建築家・西沢立衛さんの講演があり、

f0238779_7532670.jpg






その後、親睦を兼ねた立食パーティーが、リーガロイヤルホテルであった。





おエライさんの挨拶。乾杯は、シャンパンで。

f0238779_754542.jpg


f0238779_7543581.jpg






ビールがすでにテーブルに並んでいます。


ワイン、ウイスキー、焼酎・・・






アルコールは、何でもありましたが、ワタクシ今日は車、・・・・・残念。






おとなしく紅茶を飲んでいました。






その分、食べようと。

f0238779_7551990.jpg


f0238779_7553611.jpg


f0238779_7561129.jpg






リーガロイヤルに入っている飲食店だけに、美味い!



作りたて、揚げたてなので最高です!!




f0238779_7564044.jpg


f0238779_757747.jpg


f0238779_7572870.jpg


f0238779_757431.jpg






私の隣の人、ビール、赤ワイン、白ワイン・・・・・。

料理も一通り総ざらえで食べてました。(笑)





今日は、タダでご相伴に預かり、ラッキーな日でした。(嬉)





講演会は半分寝てました。(笑)
by hacchannt | 2011-01-18 08:01 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ 1月17日 午前5時46分



今年もこの日、この時間がやってきた。





阪神大震災。





もう、16年にもなるんですね。






土曜日、「住まいの耐震セミナー」に行ってきました。

その中で、東田せつ子さんによる被災体験談が非常に印象深かった。

語り部として後世に地震の怖さや備えを伝えていく。

f0238779_11482962.jpg


f0238779_11485282.jpg


f0238779_11491636.jpg


f0238779_11494241.jpg


f0238779_11495632.jpg






まさしく、「天災は忘れた頃にやってくる」






被害の恐ろしさは、忘れた頃に再びやってくるので、

いつ地震や台風がやってきてもいいように、

日ごろの用心を忘れてはいけないという、いましめの言葉です。

このことわざは、比較的、新しいもので、

物理学者であり文学者でもあった寺田寅彦のことわざ、言葉です。







NHKの「歴史は眠らない」沖縄・日本400年のあとに引き続き、

「地震列島・日本の教訓」が1月4日から始まっている。

その第1回目の放送内容は、「過ちを後世に伝えよ」だった。






安政南海地震、旧暦安政元年11月5日(1854年12月24日)午後4時

紀伊半島沖マグニチュード8.4の地震が発生。

死者が数千人、滅失家屋が数万棟。

地震後の津波の高さが4~10mもあった。







この安政南海地震の石碑がなんと、

大正橋にあることをこの番組で初めて知った。






大正橋の東詰めにこの「大地震両川口津浪記碑」が建っている。

f0238779_11503458.jpg


f0238779_11512215.jpg


f0238779_11514225.jpg







この頃の大阪は、運河が張り巡らされており、

地震が起ったときは川に浮かべた船に乗るのが一番安全だという噂が広がり、

多くの人が船に乗ったところへ、海から河口をさかのぼり大津波が押し寄せ、

船に乗った人を飲み込み、多くの人が亡くなった。

犠牲者を悼むと共に、こういった誤った避難方法や被害の実態や教訓を伝承する

のがこの石碑です。






この石碑の存在自体は、ずっと以前から知ってはいましたが、

まさか地震に関わる石碑とは全く思ってもいなかった。






沖縄情報のつながりから、またひとつ大正区を深く知るきっかけに

なったことは、なにかの縁を感ぜざるを得ない思いです。
by hacchannt | 2011-01-17 12:14 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ ランチタイムコンサート・mayU


昨日、昼休みに大正区の広報誌を読み返していると
f0238779_12353273.jpg





1/13ランチタイムコンサートの催し物の案内が目にとまった。

12:15~13:00




「あっ、まだ間に合う!」




音楽好きなワタクシ、早速、飛んで行った。




区役所の中のさわやか広場という区民情報コーナーの部屋が会場です。


無料です。



少し遅れていったので、「オリビアを聴きながら」を歌っている最中でした。
f0238779_12361997.jpg






アコースティックギターの弾き語りです。




中音に綺麗な声を持つアーチスト、mayU(マユ)さん。
f0238779_123712.jpg





ジャンルを問わず演奏を行い、ライブ活動が中心とのこと。

昨年の鶴浜フェスタ(IKEAの隣)でも演奏をしています。





会場は、パイプ椅子が並べられ、好きなところへ座れます。
前列から2番目の空いているところを見つけ座る。




平日の昼間だけにお客さんの年齢層は高く、でも満員に近い盛況振りです。



お年寄りも前の方に座っている人はやっぱり、ノリがいい。





井上陽水の「少年時代」の歌詞がフライヤーの裏面に書いてあり、
f0238779_12375717.jpg





「皆さんも一緒に歌って下さい」といわれると、
f0238779_12423768.jpg







隣のお婆さん、張り切って歌ってました。(笑)



結構な人が歌っていたのでマユさんも大喜び。



因みにワタクシも歌いました。(笑)



45分ほどのミニコンサートでしたが、お昼のひと時を楽しめました。




ライブは、やっぱりいいですね~。 060.gif  049.gif
f0238779_12421054.jpg



f0238779_12392917.jpg





お陰で今日は、昼ごはん抜きでした。(笑)
by hacchannt | 2011-01-14 12:49 | ★日々の出来事 | Comments(5)

◆ 十日戎



正月が明ければ、すぐに「えべっさん」です。


1/9~1/11。




大阪市浪速区恵美須西一丁目にある今宮戎神社。
f0238779_7354863.jpg



いつもは、最後の日・残り福の11日に行っていましたが、
今回は、本宮の十日戎に行ってきた。



それも朝一で。



午前7時半に到着。



屋台もまだあまり開いていません。
f0238779_7365079.jpg





鳥居をくぐり、
f0238779_738133.jpg




まずは、昨年の古い笹(お飾り)をこの樽の中へお返しします。
f0238779_737386.jpg




立派な綺麗な古笹納所の回収樽が出来ていました。




そして、本殿にお参り。
f0238779_7382866.jpg

f0238779_7384620.jpg




賽銭を投げ入れ、「よろしくお願いします。」



朝早いので気持ち良いほど空いています。

晩だと、こうは行きません。
f0238779_7392389.jpg

f0238779_739436.jpg

f0238779_740684.jpg







一通り回ると、振袖を着た若い女性が?・・・・・。





f0238779_7404276.jpg



f0238779_741236.jpg






福娘さんの出社です。(神社だから出社かな?)


みんな普段着での出社ではなく、お揃いの振袖なんですね。


朝早くから着付けて大変ですね。





福娘応募者約3,000人の中から選ばれた45人です。





マネージャーよろしく、お母さんも一緒に出社。
f0238779_7414633.jpg




アマチュアカメラマンの人だかりも凄いです。
f0238779_742810.jpg

f0238779_7422549.jpg


皆さんよく知ってますね~。







f0238779_7443496.jpg

f0238779_7445875.jpg

f0238779_7451930.jpg

f0238779_7455155.jpg





そして、新しいお飾りを買った。(安くしてもらって(笑))
f0238779_744179.jpg





南海電車高架下のサーターアンダギーの屋台。毎年出ています。
f0238779_7462868.jpg






普段見れない姿の福娘に会えて、ちょっと得をした気分で帰路に着いた。



やっぱり、「早起きは三文の徳」です!
by hacchannt | 2011-01-11 07:55 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 賞味期限

先日、スーパーで玉子を買った。




そして、よ~く見ると玉子の殻に直接賞味期限が印刷されている。

f0238779_8195262.jpg






この技術すごい!!





こんな曲面に字がゆがむことなく印刷されているではないか。
f0238779_82094.jpg






ネットで調べてみると、インクジェットプリンターで可食性インクを用い

非接触印字で印刷をしているらしい。





和歌山の企業が開発しています。

http://www.kishugiken.co.jp/products/ijp_c/ccs_eg.html



冷蔵庫に入れている賞味期限切れの生卵、いつまで食べれるのか。





この玉子まだ大丈夫かな?
by hacchannt | 2011-01-07 08:22 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ チャスカ茶屋町

昨年末にオープンしたMARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
f0238779_6581328.jpg




梅田ロフトの南隣にあります。

B1~7階まですべて本屋。
f0238779_70243.jpg





ホテル・マンション・商業施設の複合施設チャスカ茶屋町の中の書店です。
f0238779_6584317.jpg





書店は別ですが建物自体は、安藤忠雄氏の設計。
f0238779_6592054.jpg





日本一の在庫数を誇り、その数、何と200万冊。

売り場面積6,800㎡で、これも日本最大。

デパートみたいです。

洋書も沢山あります。
f0238779_702698.jpg







椅子に座って本を読めるコーナーもある。
f0238779_704511.jpg






本棚同士の間隔がちょっと狭い。
f0238779_711868.jpg







三線の本も少し置いてありました。
f0238779_713546.jpg






沖縄旅行・紀行関係の本棚も3本。
f0238779_7236.jpg

f0238779_72201.jpg






私も少し執筆させて頂いた
NPO法人家づくり援護会の本も置いてある。よしよし(笑)

「わが家の診断&対処法」
f0238779_72401.jpg







一日では、回りきれません。




本好きのワタクシには、お金の掛からない、いい遊び場が出来ました。♪♪
by hacchannt | 2011-01-06 07:06 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 荒神さん

元旦の夜、PM10:00近所のファミリーマートに集合。 



宝塚の清荒神(きよしこうじん)へ男前のねーねーとそのお仲間さん達と出発。



「荒神さん」と親しみ呼ばれ、かまど神のひとつとして、ここで頂いたお札を

台所の神棚に祀る。主婦の神様としての代表でもある。

三宝(さんぼう)さんとも呼ばれる。



正式名称は、清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)。



1時間ちょっとで到着。

出店がどこかしらお祭りの雰囲気を醸し出す。
f0238779_15291194.jpg



山門より入り、左回りに参拝。
f0238779_15293565.jpg




生まれ年で今年の運勢を占う九星一覧表。
(興味のある方は、クリックで拡大して見て下さい。)

あっりゃ~、私、真っ黒。
f0238779_1530513.jpg



f0238779_1530411.jpg




次に、「荒神影向」(こうじんようごう)


ここに供えられたお賽銭を頂いて帰り、次回参拝したときに、

そのお賽銭を倍にしてお返しするという風習が伝えられている。

頂いたお賽銭を紙に包んで財布に入れておくと小銭に不自由しない、

また次に参詣するまでそれを御守りとして持っていると吉事があると言われている。



男前のねーねーは、五円玉を必死に探している。(笑)
f0238779_15311939.jpg



砂の中に埋もれているお賽銭を棒を使ってたぐり寄せます。


私も何とか五円玉をゲットし、

小銭が無く、100円玉をお返しした。(来年で良かったみたい。(笑))






水掛不動さんにもたっぷりと水を掛けてあげました。

間違って、ねーねーにも掛ける。(笑)
f0238779_1532650.jpg



これなんだか分かります?
f0238779_15322883.jpg



鉄火箸なんです。


「火箸納所」といい、厄年にお祀りしていた厄除け火箸を、厄が明けた年の節分以降に
納めるところです。


「かまどの神様」として信仰される三宝荒神王にあやかり、
厄年の人が火箸で厄をつまみ出してもらうとされ、男性41~43歳、女性32~34歳の大厄には、
各々前厄から3年間、小厄のときは1年間、厄が明けるまで自宅でお祀りをするとのことです。


しかし、この量、すごいですね~。




このデカイ火箸は、誰が使ってたのか?閻魔大王?
f0238779_15325128.jpg



f0238779_15331271.jpg


f0238779_15332517.jpg


f0238779_15342464.jpg


f0238779_15344284.jpg




帰りにイカ焼を食べて帰りました。

f0238779_15351757.jpg


f0238779_15354483.jpg


こういうところで食べると美味いんやな、これが!



元旦は、初日の出~初詣~荒神さん、と忙しい一日でした。
by hacchannt | 2011-01-03 15:40 | ★日々の出来事 | Comments(4)

◆ 餅つき 



年末、マンションの皆さんで屋外清掃を済ませたあと、



恒例の餅つきです。
f0238779_16103621.jpg




薪を割り、米を炊く係りの人
f0238779_1611328.jpg



蒸せた米を引き上げる人
f0238779_1611237.jpg



先ずは、石臼で炊き立ての米をこねる
f0238779_16121581.jpg



ハイ、ぺったんこ、ぺったんこ。
f0238779_1613579.jpg



やっぱり、年配の人は上手ですね。
f0238779_1614144.jpg



子供も参加して突く。
f0238779_16142219.jpg





この頃、なかなか餅つきをするところが少なくなってきています。



お母さん方は、つきあがった餅を小さく丸める。
f0238779_1614535.jpg

f0238779_16152157.jpg



黄な粉や大根おろしを掛け
f0238779_1616957.jpg

f0238779_16163581.jpg



ぜんざいもあります。
f0238779_16154547.jpg



朝から4つも餅を食べお腹一杯になってしまった。
f0238779_1617238.jpg




突きたての餅は最高に美味い!




準備・片付けは大変ですが、

季節を感じさせる行事は続けて残していかないといけませんね。

f0238779_16172756.jpg

by hacchannt | 2011-01-02 16:22 | ★日々の出来事 | Comments(0)