ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

カテゴリ:★好きな歌( 16 )

◆グラシェラ・スサ―ナ ~40年ぶりのコンサート~




先日、大阪府民のための半額鑑賞会にグラシェラ・スサ―ナのコンサートの案内があったので



応募すると、見事に当選しました。ラッキー!!

f0238779_6323963.jpg













グラシェラ・スサ―ナを知っている方は少ないかと思います。











アルゼンチンで音楽一家の家庭環境で育てられ、5歳からピアノやギターを習い、


タンゴ歌手として、初出場のコンテストで見事優勝。











歌手の菅原洋一にアルゼンチンのタンゴのライブハウスで歌っているところをスカウトされ


日本にやって来た。











デビューして50年になる。












日本のムード歌謡とアルゼンチンタンゴやフォルクローレを歌っていました。












ワタクシ、高校時代にはまってしまい、LPは、ほとんど持っていまして、


ひとりでコンサートにも出掛けていた。












今は無き厚生年金会館の大ホールでのコンサート。








客席を見渡せば、自分より一回り以上年上のお客さんばかり。












客席に付き、おもむろに三脚を取りだし、



キャノンの一眼レフのカメラに望遠レンズを装着し、



写真を撮っていた。











当時は、なんのお咎め(おとがめ)もなく、普通に写真が撮れた。











但し、堂々と三脚を立てているのはワタクシだけでしたが。(笑)




古き良き時代でした。











そのグラシェラ・スサ―ナのコンサートが40年ぶりにしかも半額で観れるとは


嬉しい限りです。













上六の新歌舞伎座での講演でした。











エレベーターで6階のホールまで上がる。

f0238779_633648.jpg













入口の式次第を見ると、


二部構成で休憩時間がなんと30分もある。

f0238779_6331640.jpg



f0238779_6333621.jpg











客席に入ってみると、



やはり、周りのお客さんは、



40年前と同じくワタクシよりひと回り以上の年配の方ばかり。(笑)

f0238779_6335187.jpg












開演後の1曲目は、一世を風靡した「アドロ」。
















全盛期に比べ、やはり声量が落ちているのは否めない。














語るように歌いその分をテクニックでカバーしている。












1曲面が終わるとMCの日本人女性が登場し、二人での会話で進行をする。











なんと、スサ―ナの日本語が上手くなったことに驚かされた。












昔は、ほとんど日本語が喋れず、コンサートではずっと歌い続けていたが、


今や、合間合間にMCを入れ、笑いまで取る。













昨日、アルゼンチンから36時間かけて日本にやって来たそうな。













日本の真裏ですからねアルゼンチンは大変です。












そして、一部の終わりの曲は「サバの女王」。
















これも代表曲である。













そして、30分間の休憩に入った。












じっと席に座っても居れないので、


一旦、外へ出ることに。










小腹が空いたので、向かいのヤマタケヘ行きコロッケを食べることに。













並んでます。

f0238779_6342975.jpg













何にしようかな~?

f0238779_6344140.jpg












コロッケとスコッチエッグの小にした。












コロッケは小振りで揚げたての熱々。

f0238779_634547.jpg












多分、値段を変えずに段々と小さくなってきたのだろうな。









美味い!


f0238779_635744.jpg












続いて、スコッチエッグの小。









ミンチの中にうずらの卵が入っています。

f0238779_6352188.jpg











これは、あまり注文が無いのか、残念ながら冷えていた。

f0238779_6354016.jpg












再び劇場へ戻る。

f0238779_6355272.jpg












二部の開幕。

f0238779_636547.jpg













バックの日本人ミュージシャンの紹介。









ピアノを弾く女性、





ギター






パーカッション












三人共に付き合いが長く30年ほどになるらしい。













息の合ったメンバーのようです。













客席全体と一緒に歌ったり、手拍子をしたり、





ワタクシの好きな「時計」も聴け、



タイムスリップしたような感じがした。





















そして最後の曲は、オープニングと同じく「アドロ」。













構成も良く、アンコールも2曲歌って、






盛り上がった大人のコンサートでした。













元気でこれからも歌い続けて欲しいものです。












幕が下り、席を立つと、なにやらこちらをじっと見る人が・・・・・・。













以前、沖縄で一緒に飲んだアスベスト調査診断士の京都のメンバーでした。









こんなところで会うか~~。(笑)
by hacchannt | 2016-11-06 06:37 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆大正UP ~SHINGO☆西成~




凄い歌が出来ました!!












昨日、いつもチェックをしている「じもなび大正区情報」を見ていたら、


いきなり出て来ましたSHINGO☆西成。










西成で生まれ育ったラッパーのSHINGO。











ヒップホップで大正区を歌っている。










映像もいいし、歌詞も良い。












やぐら巻きも出て来ますよ。(笑)













うちなーぐちも入って見事な仕上がりです。












これを採用した筋原大正区長も流石です。











才能あふれるSHINGOと大正区の融合・コラボです。









みなさん、是非、一度聴いてみてください。






by hacchannt | 2016-10-03 06:42 | ★好きな歌 | Comments(2)

◆驚異のヴォイス  ~変幻自在、謎のその人は?~



素晴らしい本格的なオペラです。














体自体が楽器、共鳴体となっている。














迫力満点、脅威の歌唱力です。















しかし、しかしです。




聴いている途中で、一瞬あなた自身の耳を疑うことになるでしょう。(笑)














なにわともあれ、


まずは、お聴き下さい。

















一見ならず、一聴の価値あり!!





























ハルカちゃんです。















身長185㎝。













オカマ界のスカイツリーと言われています。(笑)













メジャーデビューすればいいのに♪
by hacchannt | 2016-09-18 07:06 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ 門あさ美



歌手には、声そのものに魅力がある人が居ます。






何とも言えない声に色気があるのです。







これは、天性として、歌手として生まれるべくして生まれた選ばれた人でしょう。







その一人が、この門あさ美だと思います。







海外で云えば、若くして亡くなったカーペンターズのカレン・カーペンター。








名古屋出身の歌手、門あさ美。



1979年「ファッショネイション」でデビュー。







1988年以降アルバムは出されていない。







YOU TUBEで見つけたので久々に好きな歌でアップします。



まったりとした気分で落ち着けます。



一度、聴いてみて下さい。








★ファッシネイション









★Season









こちらは、貼り付けられませんでした。

この1曲面のBLUEという曲が一番のお気に入りです。
by hacchannt | 2014-09-13 06:36 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ 大阪の星がまたひとつ・・・・ 



食道がんとなり、手術そして療養後、1年2ヶ月ぶりに復活したものの

痩せて顔色も今ひとつだったのが心配だった。





少しすると、体調が再び悪化、再療養。






復帰を今か今かと待っていましたが、望み叶わず逝ってしまいました。




大阪の人の多くが元気になるのを待ち望んでいたはずです。




コテコテの大阪人、やしきたかじん。







深夜番組の「たかじんnoばあ~」も面白かったなぁ。





コンサートでは、トークばかりでなかなか歌を歌わない。




しかし、一度歌いだすとその歌唱力には、圧倒され、

そして感動の渦に聴く者を巻き込む。







歯に衣を着せない過激トークで観ているものを魅了する。

気持ちがいいくらい物事をはっきりと言う。







残念でしたかありません、ショックです。


武勇伝には事を欠かさない、人生を3倍生きた人かもしれません。







たかじんと松山千春のトーク番組がありましたので、

ファンの方はご覧下さい。


うるさ型の松山千春にこれだけ話せる人も居なかったのではないでしょうか。


長時間ですが、大変面白い収録です。









最後に熱唱の「大阪恋物語」を聴きながら

たかじんさんのご冥福をお祈りしたいと思います。(合掌)


by hacchannt | 2014-01-08 12:00 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ ハイレベルな歌の国 




フィリピンのとあるショッピングモール。







カラオケを販売している電気屋の店頭か?






現れたる少女がひとり。










中学生か?高校生か?赤いナップサックをせたろいカラオケで歌う。。









この歌唱力、半端じゃないですね~。












そのまま、すぐにバリバリのプロ歌手で通用しますよ。

CDも即、出せます。♪♪

声量、リズム感、情感、どれを取ってもすごいの一言。











世界には、隠れた天才、人材がまだまだ眠っているのですね。


画面左の店員の兄さんが手持無沙汰に商品を整えているのも面白い。


画面右側の店員のお姉さんは、ただあっ気にとられ聴き入っている。








他にもレベルに高い人が多いフィリピン。












フィリピンでは、女の子をカラオケに誘うと大恥をかくとの書き込みもある。






いろいろ見ていると、どうもこのショッピングモールは、

ツワモノが集まってくるところの様だ。









フィリピンは、世界一歌がうまい国とも言われているようだ。






by hacchannt | 2013-09-26 15:11 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ 『あんた』 ティーナ・カリーナ 





本名、田中里奈。




本名をもじり、ティーナ・カリーナ。




上手い事、ネーミングしましたね。





学生時代より阪急百貨店梅田本店で海老せんべいの販売員をしながら楽曲作り、

夜は、ライブ活動を行っていた。

サービス優秀販売員にも選ばれた大阪府池田市出身の現在26歳の女性です。

f0238779_1152757.jpg







ずっと歌手を夢見てきた彼女。






藁にもすがる思いでデモテープを50もの音楽会社に送るが、

直後に東日本大震災が発生。

あきらめかけていた彼女に、運命を変える電話が鳴ったのは、

その2カ月後のことだった。





「仙台にあるエドワードエンターテインメントという事務所から連絡があって、

ぜひ一度仙台に来て歌を聴かせてほしいと。

『こんな時期なのにすみません』と恐縮してしまいましたが、

仙台で一緒にやろうと言ってくださって」






事務所の所在地が仙台のため、エビせん売りを辞め、

早々に引っ越し、現在、仙台を拠点に頑張っている。






大阪弁の歌詞も感情移入が自然に行われ、すんなりと入って来て良い。

歌唱力もあり、これからが楽しみなシンガーのひとりです。






by hacchannt | 2013-01-24 11:58 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ メリッサ・国吉



久し振りの歌の話題です。





YOU TUBEで見つけました。


ブラジルの子供の歌謡テレビ番組です。



ブラジルには、沢山のうちなんちゅうが移民しました。

うちなんちゅう5世に当たるメリッサちゃん。






日本語が話せないのに、この歌唱力と表現力。






司会者の泣かせる最後の言葉もお見逃しなく。




それでは、お聴きください。








◇はなみずき










ポルトガル語で唄うこの歌もいいですよ。


◇Quando a chuva passar




by hacchannt | 2012-07-05 07:30 | ★好きな歌 | Comments(1)

◆ 金太の大冒険




ちょいと弾みがついたところで。




片手落ちは、いけませんので、男性バージョンを。







リクエストがあったかどうかは関係なく、

勝手にリクエストにお答えをしつつ、つぼイノリオ先生の歌をば、もう1曲!







これは、懐かしいですね。







『お万の方』よりこの『金太の大冒険』が先に作られたそうですが、

当時、これも20日で放送禁止になったそうです。







むかしの話ですが。






放送禁止が解けるまでに18年の年月が掛かったそうです。




マスカットのフレーズがワタクシは好きです。











もう一丁、リズミカルでほのぼのとした可愛らしい歌をどうぞ。♪




幼い兄妹が仲良く歌っています。



少し短いですがお楽しみ下さい。






by hacchannt | 2012-01-25 06:13 | ★好きな歌 | Comments(2)

◆ 時を超えたデュエット




偉大なる歌手ナット・キング・コール(Nat King Cole)。








スウィング・ジャズ時代の名ピアニストでした。











その血を受け継ぐ、娘のナタリー・コール。











父であるナッキンコールが亡くなり46年。







若き日の父の音源と映像とデュエットする娘のナタリーコール。











見事なデュエットです。












ワタクシのお気に入りの1曲です。











部屋の照明を暗くし、キャンドルライトだけの明りにバーボングラスを傾け、

しっとりと聴けば、時間を超えた名曲が流れる・・・・・今夜は最高の気分です。









忘れえぬ曲、『Unforgettable』。






















by hacchannt | 2012-01-15 08:00 | ★好きな歌 | Comments(2)