ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

◆ 決まった!





往年のジャイアント馬場が見事なバックドロップでスリーカウントを奪い、勝利!!


f0238779_721024.jpg












この車は、本物(実物大)です。











馬場さんの大きさ・身長を想像してみて下さい。











この迫力には圧倒されます。










巨大な作品です。












何か見ているだけで愉快です。












アーチスト永井英男さんの作品主旨がとってもいい。

f0238779_7213010.jpg












ユーモアセンス溢れる芸術作品で癒され、力づけられる。











南港の大阪府咲洲庁舎(旧WTC)1階のホールに5/10まで展示されています。
by hacchannt | 2011-03-29 07:23 | ★まち歩き探検 | Comments(0)

◆ 義援金



気持ちある熱い三線仲間が、今、立ち上がった。





宮里政則民謡研究所のボランティア推進委員の2名とケンヂー名匠が力を合わせ、

手作りの募金箱を見事に完成させました。

f0238779_1859145.jpg









箱に書かれていますように、

『長く続けることが最大の支援です。』と私も思います。
f0238779_18583562.jpg







支援金の贈り先機関もいろいろ検討しています。




大きな団体のユニ○○や日本赤○○○は、そこに従事している人は

職業としているので、やはり給料等の経費は義援金から引かれます。




贈る側としては、まるまま100%を一日でも早く届けたい気持ちで一杯です。




被災者の手に渡るルートや実際に被災者の手に届くまでの

おおよその日数等を確認し義援金を受け付けている機関を検討し決定をします。




宮里政則民謡研究所の稽古場でもある沖縄料理『かりゆし』の

ステージにこの小さな募金箱を置いていますので

皆さんご協力の程、よろしくお願いします。





■『かりゆし』大阪市大正区三軒家東1-14-18 TEL:06-6554-5576
by hacchannt | 2011-03-26 19:00 | ★登川流 宮里政則  民謡研究所 | Comments(3)

◆ 歌はいい♪




小さな地震が自分のところまでやってきました。











少しの休養と充電が必要です。














こんな時には歌でも聴いて。













by hacchannt | 2011-03-25 07:13 | ★好きな歌 | Comments(3)

◆ 笑顔は希望 


子供たちの笑顔は何物にも代えがたいものがあります。





本当にいい笑顔です。





避難所で産経新聞のカメラマンが撮った写真をご紹介します。










避難所になっている仙台市若林区の若林小学校では学校が休校になった小学生ら元気に遊んでいた=16日午前、仙台市
f0238779_6511666.jpg










避難所で笑顔を見せる赤ちゃん。おむつやミルクが底をつきかけている=15日午後、宮城県石巻市
f0238779_6514010.jpg










避難所となった釜石市民体育館では、本を読む被災者親子らの姿が見られた=16日午後、岩手県釜石市
f0238779_652493.jpg









避難所で無邪気な笑顔を見せる子ども=16日午後、岩手県大船渡市
f0238779_6523665.jpg








避難所に運ばれてきた衣類の中からお気に入りを選ぶ子供たち。少しずつ支援が届いてきた=16日午後、宮城県名取市
f0238779_6525671.jpg







避難所となった体育館で元気に遊ぶ子供たち=15日午前、宮城県女川町
f0238779_653108.jpg

by hacchannt | 2011-03-19 06:56 | ★東日本大震災 | Comments(3)

◆ 満月の夕 


いい歌は、益々良くなる。







こんなにいろいろなアーチストが個性豊かに歌っています。






それぞれに味があります。






じっくりとお聴き下さい。







「満月の夕」


































by hacchannt | 2011-03-18 18:05 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ 歌の力 

地震になると思い出す歌がある。






阪神淡路大震災のときに風のように現れ被災地各地でボランティア演奏をし、

被災者を勇気づけた(本人たちは自分たちの方が力をもらったと語っている)

ソウル・フラワー・ユニオンというミュージシャンが居る。






中でも阪神震災復興の中で作られた曲『満月の夕』は、自然と力が湧いてくる歌だ。





魂が揺すぶられる、心が震えるというのはこんな曲のことをいうのだろうか。





私は、歌、音楽が持つ力がこの時、本当に凄いものだなぁとつくづく感心した。






一度ぜひ聴いてみて下さい。





このYOU TUBE は何度見たことか分かりません。





最近、自分自身もイライラ気味なので、じっくりと聴き直してみます。(笑)








by hacchannt | 2011-03-18 11:42 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ 品薄 

近くのホームセンターへ買い物に行った。





ティッシュ、トイレットペーパーがほとんどない。
f0238779_20492192.jpg




f0238779_20515982.jpg







こんな張り紙がしてあった。
f0238779_20481930.jpg








これが目に入らない筈もないと思うのだが、

大きなカートに山盛りにティッシュペーパーを入れていたオッサンが、

店の人に『一人ひと箱だけなんです。』と言われ、しぶしぶ諦め戻していた。







この場に及んで、何でそんだけ買い溜めをするんや!?


自分のことしか考えていない、この大バカ者が!









最近、義援金詐欺まで出ているという。




神戸の老人宅へ『宮城の地震関係で募金を募っています、100万円でもいい』と


  電話があったそうだ。








阪神大震災の時もブルーシートやおにぎりが法外な金額で売られていたのを思い出した。







ボランティアで協力をして頑張る人、

方や、この災害につけ込もうとする人間や自分のことしか感えていない利己的な人間。





近年の話ではなく、いつの時代もこうなのかな?と


人間の両局面を目の当たりにし悲しくなった。








大阪も今日は気温が低い。

外に出れば、大粒の牡丹雪が舞っていた。

東北地方、今日もしばれる日なんだろうな。
f0238779_20502048.jpg









物資、暖をとる灯油、車の燃料が届かない。

待機した救援物資は、足止めを食らい、

被災者は今か今かと待ち望んでいる。





外国から大型輸送ヘリを派遣してもらってはどうか。

日本の所有しているヘリでは到底追いつかない。






と思いつつ帰っていると、






前のトラックに書かれた言葉に少し勇気づけられた。
f0238779_20503822.jpg

by hacchannt | 2011-03-17 20:58 | ★東日本大震災 | Comments(4)

◆ 何たることか!

3/15の読売新聞朝刊によると、



東京都の石原慎太郎知事は、東日本巨大地震に関連し、




「津波をうまく利用して『我欲』を洗い落とす必要がある」





「これはやっぱり天罰」




などと述べた。




また、震災に対する日本国民の対応をどう見るかと報道陣に問われ、




「スーパーになだれ込んで強奪するとかそういうバカな現象は、日本人に限って起こらない」


などとした。








作家でもある人間が、この発言、言葉の選び方は一体どういうことか。







全くの他人ごと、


対岸の火事、


被災者に対する思いやりの微塵もない、


人の痛みを全く分かっていない。







この高見の見物的発言は、



石原知事、己こそ我欲の塊ではないか!






みなさん、この石原知事の発言は、絶対に忘れてはいけません。





特に東京都民は!!




翌日、謝罪をしたらしいが、

余りの反響の多さに驚き、取り繕っただけだ。







石原知事が次期再選されたならば、東京、日本の将来に明りはない!!
by hacchannt | 2011-03-17 09:35 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 行動に移す


連絡が付かない人もまだまだ居る。




心配していた二次災害の福島原発が危ない状況のようです。






胸の中にモヤモヤが詰まっていて重苦しく息苦しい。







今日の鉛色の空が一層気持ちをそうさせる。

f0238779_15364567.jpg






f0238779_15371671.jpg








でも、止まっていては何も始まらない、解決しません。






自粛は、もうそろそろ終わりにし、行動に移していかないと。


自粛ばかりでは、何も変わらない。


ともすれば、無力感の方向へと向かってしまう。








「災害に遭ったこの地でまた一からやり直します」と力強く語っていた

被災者の方の言葉が印象的だった。







阪神淡路大震災の時もそうだった。


自分の生まれた土地、育った環境は、他にはない。


どこへ行っても何かは起こる。










みんな自分の住む町が好きだから。











もうすでに被災地でも動き始めている人も居る。








我々に出来ることは、一体何だろう?








なかなか答えは出てきません。






思い浮かぶことは、心ばかしだが義援金を送ること。








一度だけではなく、周りに呼び掛け何度も行なおうと










気持ちある熱い三線の仲間が、今、立ち上がった。
by hacchannt | 2011-03-16 15:42 | ★東日本大震災 | Comments(4)

◆ 東日本巨大地震


東京での3日間の研修会最終日、3/11(金)。



研修が終わり、締めくくりの試験が始まり30分ほど経った時にそれは起こった。


昨日、睡眠時間が短かったので、少しフラフラしているのかなと

思った途端、激しい大きな横揺れが起こった。

周期が長く、また、振動の時間も長い。

最初の揺れは3分間ぐらい続いたように感じられた。




間仕切りのスライディングパーティションが振動で動き出す。




「やばい。」





一瞬、阪神大震災が頭をよぎった。


そして、何度となく大きな余震を繰り返す。




その度に全員騒然。

試験は途中、中断したものの再開され25分の時間延長だけで、

中止されることなく実施された。

こんな環境下で全く思考回路作動せず。試験になりませんでしたワタクシ。





試験が終わり、JR田町駅へ行くと、山手線が不通とのこと。




仕方なしに都バスへ乗り、品川駅へ午後6時着。
f0238779_15485723.jpg





何か張り紙がしてある。
f0238779_15503272.jpg




JRを含め交通機関全線運休。
f0238779_1550489.jpg






帰りの大阪へは、夜間の高速バスを予約していた。



バスを予約しておいて良かったと思い、お腹が空いたので、まずは腹ごしらえ。

駅前の博多ラーメンへ入る。

店の表に10人ほど並んでいる。




20分ほど待ち、店内へ。
f0238779_15512426.jpg





好みの豚骨スープに細麺固ゆで、美味い!
f0238779_15514685.jpg





もう一度駅前に戻ると、あらゆる店が満員。


昼のように人も多い。
f0238779_15544013.jpg



みんな足を奪われ、会社に泊るか、ホテルを探すか・・・。
f0238779_15551334.jpg



f0238779_15553945.jpg






携帯電話、メールが全く通じないので、パチンコ屋へ駆け込み

テレビで情報を得る。





パチンコをしている人よりテレビを見る人の方が多い。
f0238779_15524011.jpg






高速バスの出発時間まであと3時間半ある。



初めての品川駅東口を嗅覚と勘で路地裏を発見。
f0238779_155325.jpg





どこも一杯の中、とある居酒屋のカウンターへ。


瓶ビールと野菜のお浸しと焼き鳥を肴に。




午後7時にNPOのメンバーと待ち合わせをしていたので、

滞在時間わずか15分で店を後にする。




連絡が取れないので取り合えず、待ち合わせの場所に行くと、姿はない。

やはり足が無いので来れないよう。




あと3時間どうする?


携帯電話のバッテリーが赤の警告表示になり、切れかけている。





今日は冷え込んでいる。


粘れる店でちびちびと飲むしかない。




駅前のショットバーへ入る。
f0238779_15534233.jpg





テーブルのお客さんには、今日は2時間の時間制と言っている。



カウンターなら粘れそう。
f0238779_15563961.jpg




ターキーのロックから。




店の人に携帯の充電を頼み、腰を据えて飲むことに。
f0238779_15584273.jpg




店内にテレビがあり、お客さんはみんな食い入るように見ている。
f0238779_15574462.jpg




携帯を充電しながらも電話するが、一切通じず。




電話を発信すると、いきなり、「ただいま切断しています。」と

訳の分からない表示が現れる。



そして、バッテリーが減るのが極端に早い。


非常事態の時にこれは本当に困ったものだ。


突き出しのおかきを摘まみながら、すぐに一杯目が空いてしまった。

f0238779_21421290.jpg




f0238779_1601691.jpg






地震が無ければNPOのメンバーとゆっくりと杯を傾けているところだったのだが、

カウンターに独り座り、流れる’80年代のディスコナンバーを聴きながら

2杯目のローゼスの水割りを飲む。

カウンターに座った一人ひとりは、やはり、電車が再開するまでの間、
寒さを凌ぐのにこの店にやって来たようだ。
f0238779_1604968.jpg





f0238779_1612579.jpg




f0238779_161563.jpg





ゆっくりと時間をかけ3杯目を飲み終えたところで午後10時過ぎになった。

チェックをし、高速バスの集合場所へ移動。






「あれ?」






バスが見当たらない。





その辺りを探しているうちに、女性に声を掛けられた。

高速バスの係りの人で、道路の状況が確認できていないので運行の安全上、

本日は申し訳ありませんが運休させて頂きますとのこと。






「ガ~ン!」






遠く離れた地・東京品川で途方に暮れるオッサンひとり。







こんな時は、交番へ。






流石に問い合わせる人が多い。





私 :「この辺にカプセルホテルでもありませんか?」



おまわりさん :「もうどこのホテルも一杯と聞いています。」



私 :「へぇ~」




おまわりさん :「品川プリンスホテルの映画館が避難所として開放されています。」




私:「じゃ、取り合えず行ってみます。」





テクテクと駅の反対側・西側の品川プリンスホテルへ。




もうすでに映画館は満杯。


溢れた人が多いので、ホテルのロビーも避難所として開放しています。




それでも人で一杯です。
f0238779_1625332.jpg






腰を下ろせる小さなスペースを見つけ、座る。


床が石なので冷たい。


しかし、駅のホームに比べると暖房も入っているので、ここの方がずっと快適。



途中、希望者にはホテル側からバスタオルの配給があった。

ありがたい。その上、ホテルの上等物だ。


毛布代わりに床に敷き、横になり、少しでも睡眠をとる。
f0238779_1632487.jpg







夜中にホテルからホカロンまで頂いた。



帰宅難民になってしまった。




プリンスホテルさん、ありがとう。




2~3時間ウトウトとしただろうか、

朝5時過ぎに品川駅へ向かうと東海道新幹線の下り大阪方面は、通常運転再開。




切符売場へ並び、何とか始発の新幹線のチケットをゲット。


やっとこれで帰れる。(嬉)



帰りの新幹線は、グリーン席も含めて満席だった。




自宅に辿り着いたのは、午前9時半だった。





本当に疲れた研修会でした。






これ以上地震の被害、二次災害が広がらないように祈るばかりです。
by hacchannt | 2011-03-12 16:05 | ★東日本大震災 | Comments(7)