ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◆ ミッテラン




ここは、ミナミは三津寺。







大阪の人間は、愛称を込めて「みってら」と呼ぶ。







三津寺にあるから「ミッテラン」。

f0238779_76320.jpg









フランスのミッテラン大統領にも引っ掛けている。







1981~1995年まで大統領を務めたミッテラン氏のフルネームは、

フランソワ・モリス・アドリヤン・マリー・ミッテラン







実は、こんなに長かったのです。









しかし、ここは、立ち呑み屋さんです。(笑)

ちょっとお洒落です。







看板には、立ち呑みならず、「立ち喰い」と書いてある。



食べ物にこだわりがあるようです。

f0238779_762588.jpg









店の間口は、狭い。

f0238779_774949.jpg








一間半ほど。









いわゆる鰻の寝床です。

f0238779_7102375.jpg











向かって左の通路に面してある開口部は、ほとんどが掃出し窓で全てが出入口となっている。

f0238779_795179.jpg











なかなか、面白い造りです。

f0238779_791870.jpg









赤ワインを頂く。


安いものから順に。(笑)

f0238779_764930.jpg




f0238779_717448.jpg




f0238779_7175676.jpg




f0238779_718759.jpg











突出しは、アサリ蒸し。

f0238779_77374.jpg










本日の前菜三種盛。

f0238779_771878.jpg










とびきりうまいポテトサラダ。


確かに美味い!

f0238779_7104178.jpg










マグロとホタテのタルタル

f0238779_7123942.jpg










赤ワインの次は、白ワイン。

f0238779_7125156.jpg



f0238779_718404.jpg



f0238779_7185383.jpg









お腹も満たされたところで、お愛想。








このまま帰るには忍びない。








なんばのバス停近く、新歌舞伎座横の立ち呑み屋さん、大丸屋です。


大昔からあります。(笑)


f0238779_7131384.jpg










泡盛があった。

久米仙ロックで乾杯!

f0238779_7132792.jpg









アテは、漬物にハムエッグ。

f0238779_7134257.jpg



f0238779_7135762.jpg









大きな荷物を抱えた女性は、旅行帰りで一杯飲っているのか、





はたまた、こちらは、会社の上司と部下の女性か、

気のせいか、ちと、怪しい気もする。






f0238779_7141998.jpg



f0238779_714328.jpg



f0238779_7152041.jpg










色んな人間模様が錯綜する立ち呑み屋です。







今では、解体を待つばかりの新歌舞伎座周辺は、個性的な店が多い。






f0238779_7145956.jpg








また、うろついてみることにします。
by hacchannt | 2013-06-29 07:24 | ★立ち呑み屋 | Comments(0)

◆ 遠くからのお客さん


久し振りの関西空港。


それも国際線です。




f0238779_175838100.jpg




f0238779_17585031.jpg









本日は、マウイより来日する学生さん達をWUB関西のメンバーでお出迎えです。

    ※WUB(Worldwide Uchinanchu Business Association)








到着予定時刻が早くなったようです。


f0238779_1759984.jpg












しかし、しばらくしてもなかなか出てこない。



と思っていると、



声を掛けられ、




その方を見ると、




引率のマウイの先生だった。









出迎えるつもりが、こちらが探されてしまいました。(笑)









我々は、どうも日本人専用出口で待っていたようです。


日本人ばかりが出て来るなと思っていたのですが。










全員揃ったところで一枚。

f0238779_17593410.jpg










今回は、学生さんが少なく、中学生が一名と引率の先生方3人でした。


昨年の模様 →  マウイ*関西歓迎交流パーティー



ケースに入った楽器は何かと聞くと、ウクレレでした。

f0238779_17595980.jpg









ワタクシの車で、宿泊の本町のホテルまでお送りし、

車中では、ワタクシの流暢な英語で話も弾む。(笑)









ホテルにチェックインした後は、みんなで食事です。

f0238779_1844673.jpg



f0238779_183531.jpg











箸さばきも、板についたもの。

f0238779_1805735.jpg





f0238779_1913851.jpg






イタリア系のうちなんちゅう3世の中学生なのです。

ハンサムボーイです。
f0238779_1823646.jpg










おばあちゃんがうちなんちゅうとの事。


ワタクシと同じく見るもの見るものを撮る、カメラ小僧になっていました。(笑)

f0238779_181441.jpg











食事をしながら、









「アチサン」









えっ?








聞き直すと中学生の彼が言っているではありませんか。









確かにこの日は暑かったのです。(アチサン=暑い)








うちなーぐちが、しばし共通言語になっていました。(笑)








仕上げは、名物土鍋鯛ごはん。







薄味で鯛の上品な味わい。美味い。


f0238779_1833725.jpg



f0238779_18427.jpg















続いて二日目。


夜は、歓迎会です。

f0238779_1852840.jpg










昼間は、大阪城~USJへ行ったらしいです。

f0238779_188392.jpg









WUB関西名誉会長のお店です。

f0238779_186252.jpg





f0238779_1872244.jpg




f0238779_1884785.jpg











マウイの方は、ゴーヤーが苦手のようでした。(笑)

f0238779_1862916.jpg





f0238779_1882525.jpg










左の彼は、マウイ沖縄県人会会長さんです。

右は、数学の先生と中学生。

f0238779_186487.jpg









ワタクシは、二日間しかご一緒出来ませんでしたが、

来年、また来て下さい。








機会があれば、マウイにも行ってみたいものです。

その前にもっと英会話を身に付けなくては。(笑)







みなさん、お疲れ様でした。



See You Again.



f0238779_1865921.jpg

by hacchannt | 2013-06-24 18:15 | ★沖縄関連行事 | Comments(2)

◆ とりそば       





岡山出張第4弾。









今回、建物工事中の最後の検査・雨仕舞検査です。

f0238779_6403971.jpg










防水関係の検査をします。

f0238779_6405171.jpg











検査が終わった後のお楽しみは、昼ごはん。



予めインターネットで調べておいた『とりそば』屋さんへ。








しかし、フライング気味なワタクシ(笑)、少し早過ぎて,まだ準備中でした。








その間を利用して、街をぶらり。









オランダ通り。

f0238779_6411388.jpg









へぇ~~。









1845年、ドイツ人医師のシーボルトの娘、オランダおいね(本名:楠本いね)が、

この地で医者修行を始め、日本の女医第1号になったことにちなんで命名されたとのこと。











路地や看板が面白い。

f0238779_6412557.jpg





f0238779_6501396.jpg












商店街を歩く。

f0238779_6414035.jpg




f0238779_6421471.jpg












アーケードには、ステンドグラスがはめ込まれている。

f0238779_641538.jpg












マンホールの蓋も地域がら、やはり、桃太郎。

f0238779_6422976.jpg











そろそろ、準備が出来たかな?











『元祖 岡山とりそば太田』です。

f0238779_642553.jpg











メニューも見ず、迷わず、とりそばを注文。











そばが来るまでの間に、じっくりとメニューを見ていると、

f0238779_6433726.jpg



f0238779_6435191.jpg




f0238779_644412.jpg



f0238779_6442095.jpg












鶏飯(けいはん)?












『おけいはん?』











『それは京阪電車でんがな、あんさん。』










と心の中で独りボケツッコミ。











奄美大島の郷土料理をヒントにアレンジ・・・・・・・・。











ふむふむ。


試しに追加注文。











待つこと8分。











来ました来ました、とりそば。

チャーシューのように鶏をスライスしています。

f0238779_6445876.jpg











言われなければ、ただのラーメンに見える。











かき混ぜると、麺が顔を出す。

それでもラーメンの様。(笑)

f0238779_645205.jpg











醤油ベースのスープに麺と鶏が絡んで絶妙なハーモニー。




そばといっても歯ごたえはある。











そして、お鶏飯。(笑)

f0238779_6453949.jpg











薄味であっさりと、田舎の素朴な風景が目に浮かぶ味。


とりそばと鶏飯の愛称は、当然バッチリ。

f0238779_6455516.jpg











そばのスープを最後に鶏飯に掛けて食べるのを忘れてしまったワタクシ。




今、思い返してみても残念。









半年後の検査で行く時の楽しみとしよう。♪♪
by hacchannt | 2013-06-18 06:51 | ★B級グルメ食べ歩き | Comments(0)

◆ 続・西成立ち呑みはしご 







何か懐かしいアーチ状のコンクリートの梁。
f0238779_62939.jpg









ここは、萩ノ茶屋。
f0238779_6292245.jpg









駅前の商店街を、ぶらりぶらりと歩く。
f0238779_6294539.jpg










少し横へそれてみると、・・・・・・・。

活気のある立ち呑み屋があった。

f0238779_6301760.jpg




f0238779_630314.jpg










瓶ビールと日本酒で乾杯。

f0238779_6304820.jpg




f0238779_6323815.jpg




f0238779_6324956.jpg









馬肉コロッケ

f0238779_631581.jpg










ホルモンミックス焼き、ここのホルモンは牛です。

f0238779_6312932.jpg











味八喜多豆腐店の豆腐ナゲット

f0238779_6315227.jpg










メニューの字は味があって良いですが、表示された日本酒の値段もいい値です。

f0238779_6321269.jpg






f0238779_6332885.jpg





f0238779_633442.jpg









定期的にライブを開催している立ち呑み屋さんの様です。

お愛想、二人で1,700円。

f0238779_6341687.jpg









そして、二軒目。









難波屋。

f0238779_6344740.jpg









日本酒、冷やで乾杯。

f0238779_6352091.jpg







カウンターは、ステンレスの板で巻いています。









らっきょとチーズを摘まみに。

f0238779_6355328.jpg











こてこての玉子焼き機で焼く目玉焼き。

f0238779_6361156.jpg









店内全て、こてこて。(笑)

f0238779_6363654.jpg




f0238779_6365775.jpg










カウンター内には3~4人の店の女の子は皆若い。

f0238779_637488.jpg








ここもライブをしています。

そのせいか、

お客さんも結構若い。

f0238779_6372776.jpg









店の娘もお客さんも阪神の応援に夢中。

f0238779_6382889.jpg









という所で、お愛想。





二人で700円也。











そして次なる店は、こちら。








じゃーん、ママさんの後姿から♪♪

f0238779_6385930.jpg












は~い、振り返れば、










ブスのちよちゃんでした。(笑)


f0238779_6395048.jpg




f0238779_6401381.jpg









また、来てしましました。








焼酎ロックと日本酒で乾杯。

f0238779_6404229.jpg










アテを摘まみながら、メニューを見る。

f0238779_641441.jpg


f0238779_6411899.jpg


f0238779_6413018.jpg









ヘネシーまで置いている。

f0238779_6415817.jpg



f0238779_6442639.jpg










ここは、実は高級店だったのです。(笑)









奄美出身の男前のお兄さんや

f0238779_6422178.jpg








ウチナンチュウのお姉さん


中島らも風のお兄さん。



f0238779_6424294.jpg








個性の強い方ばかり。


ワタクシを含め。(笑)









濃い~~い店で、濃い~~~~いお客さんと楽しむ。








この店は、いつもみんなで楽しく盛り上がれる所です。


初めてのお客さんでも、ママさん初め常連さんが暖かく迎えてくれます。








気に入ってしまいました。(笑)

f0238779_6434188.jpg

by hacchannt | 2013-06-15 06:52 | ★立ち呑み屋 | Comments(0)

◆ ワンカップ酒 




先日の岡山出張の際に発見!!




岡山と言えば、桃太郎。









桃太郎がワンカップになれば、こんなにも可愛い。♪♪

f0238779_6382519.jpg








中味は『嶺乃誉』というお酒。

何か親近感がある名前です。(笑)

f0238779_6383947.jpg












そして、もうひとつが、『金烏城』。










『きんちょうじょう』では、ありません。

『とり』ではなく『う』なのです。










中味は、地酒の『牡丹鶴』です。

f0238779_639353.jpg










黒い下見板張りの外観から別名「烏城(うじょう)」と呼ばれ、

また金の鯱を挙げていたと伝えられるため、

「金烏城(きんうじょう)」の名もある名城・岡山城です。

f0238779_6395335.jpg










ご当地ワンカップ酒も楽しいものです。



これから行く先々で探してしまいそうです。(笑)
by hacchannt | 2013-06-07 06:41 | ★日本酒 | Comments(0)

◆ デミカツ丼




今日は、岡山まで出張の建物の上棟検査です。






上等では、ないですよ。(笑)






金物を1ヶ所ずつ検査します。





時間が掛かります。









柱の足元(柱脚)です。

床の合板の隙間にビスが・・・・・・・。

f0238779_5293081.jpg









これでは、ビスが全く効いていません。









ビスの効く位置にやり替えてもらい、

2時間ほど集中して検査をしたあとは、ランチタイム♪







岡山市は北区にあります『味司 野村』さんへ。

f0238779_529508.jpg









情報によるとデミカツ丼では、人気NO.1との事です。

岡山は、デミカツ丼が名物なそうな。









少し早目だったので、まだお客さんは少ない。

内装は、凝っています。

f0238779_5301277.jpg









入口でデミカツ丼の食券を買い、テーブルに着く。

お待ちどぉ~さま~、の声と共に来ました。

f0238779_530494.jpg









全くカツが見えません。(笑)

アップにすると、ハンバーグのようにも見える。

f0238779_5311827.jpg









中をかきわけると、蒸したキャベツが出て来ました。

f0238779_531408.jpg








デミグラスソースがたっぷりと掛かったカツをガブリと頂く。






ごっつい、濃厚。







濃い~~~。







こてこて。







デミグラスソースに味噌を混ぜています。






味噌の甘さと合い間ってヘビーなソースとなっていました。







ちと、ワタクシの口には合わなかった、残念。








カツの下の蒸しキャベツが美味く感じました。

メニューに白ご飯があったのは、そのせいか。(笑)


メニューは、なぜか?ドミグラスソース。こだわりか?

f0238779_533587.jpg



f0238779_5341244.jpg









このまま帰るのもなんなので、吉備津神社へ行く。

f0238779_5321085.jpg









日本建築の傑作「吉備津造り(比翼入母屋造)」という珍しい作りの神社です。


しばしの休息のあと、帰途への200KMの旅に出た。


f0238779_532334.jpg



f0238779_532502.jpg


f0238779_533693.jpg

by hacchannt | 2013-06-01 05:37 | ★食べ歩き | Comments(4)