ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

◆ 大金星 






先日の日曜日、蒸し暑い中、テニスの試合があった。








朝食は、カツサンドを食べ、縁起を担ぎます。(笑)







男子ダブルス2組による団体戦です。






まずは、4つのリーグに分かれ予選リーグ。

Aチームに入れて頂き、上手な人と一緒です。





リーグは、5チームでの総当たり戦なので4試合戦います。






我々のリーグは、混戦で三つ巴ならぬ4つどもえの状態。











結果、予選は惜しくも2位。









何とか、1・2位トーナメントへ進出!








そして本選。









いきなり優勝候補の若くて強いチームとの対戦。







第1試合は、エースの二人に出てもらう。









そんじょそこいらの者には負けない二人だが、

スピードとパワーのある伸び盛りの若者にやられてしまった。







流石に相手は、予選1位だけのことはある。









4ゲーム先取なので、流れが出来ると、なかなかひっくり返せない。



絶対絶目のピンチ。









そして、ワタクシとペアーの出番。










ストローク力では、まったく歯が立たない。

打ち合っては、全く勝ち目はない。









さて、どうするか・・・・・・・。











よし、こうなったら、前衛で動きまくるしかない。









ワタクシ、反射神経には少し自信がある。






相手のストロークは、早い。







全神経を研ぎ澄ませ、ネットに詰め、低く構え、ボールに集中する。







ペアーが打ち返したボールに相手がテイクバックを取った瞬間、






勝負とみた。







今だ!!







タイミング良く思い切ってポーチに出た。





ネットすれすれの球に上手くラケットが合った。






コートのセンター深く糸を引くような軌道のボールを目で追う。




「おぉ~」という、どよめき。







バックボレーが見事に決まった瞬間だった。








「よっしゃ!」





我ながら快心のショットが出た。







これでリズムに乗れた。







それから一進一退の攻防が繰り広げられる。







ベンチで応援する仲間からの


「全部、前に出ろ!」とのアドバイス。







がってんだとばかし、

チャンスとあらば、すべてポーチに出た。









3倍速のスピードで動いた感がある。







これが、ドンピシャで決まった。







そして、ゲームカウント3-3。






ノ-アドバンテージで、40-40。








泣いても笑っても、次の1本で勝負が決まる。









え~い、こうなったら行け行けだ。








タイミングを見計らい、ポーチに出た。





が、敵もさる者、その球を返してきた。







2~3度のボレーの応酬で、相手のボールが厳しいところに返って来た。







それを何とか返し、凌いだものの、

体制が崩れ、次のボールには対応できない。







まるで、「明日のジョー」で力石 徹と試合後の握手の際に

力石の手をスルリと抜け、

手を差し出したままスローモーションでマットに倒れ行く矢吹 丈の如く。






もう、どうしょうもない。







相手のボレーの球を目で追って行くしかなかった。








再現スローモーションを見ているかのように・・・・・・・。








これまでか・・・・・・。





終わった・・・・・・・。








アウト!







なっ、な、何と、相手のボールが30㎝程コートのサイドを割ったのだ。







勝った!!






勝負は分からないものです。





まともに戦っていたら、1%の勝ち目も無かったはず。









これで1勝1敗。タイに持ち込んだ。



ペアーを替えてのタイブレーク戦で決定戦。






ワタクシと我がチームのエースと組む。




先程の勢いのまま、接戦をものにし、7-5で勝利。








見事、準決勝進出!!









そして、準決勝も1-1でタイブレまでもつれ込んだが、5-7で涙を飲み、

残念ながら決勝進出ならず、ベスト4だった。









やはり、「攻撃は最大の防御なり」という言葉を身を持って感じた一日であった。









それとも、カツサンドの効果が絶大だったのか?(笑)










どんどん若手の強いチームが出てきますが、

また、これを糧に練習に励みます。









久々に濃い汗を掻いた感じです。











決勝進出なら、この賞品がゲット出来ていたのですが、・・・・・・残念。

f0238779_183335.jpg











頑張りました、我らがおっちゃんチーム。

f0238779_1831813.jpg











笑顔の優勝チーム。ここに負けました。

次回は、必ず・・・・・・。

f0238779_1833276.jpg










打上もまた楽しい。

f0238779_1834365.jpg

by hacchannt | 2013-07-30 18:22 | ★テニス | Comments(0)

◆ ラン飲み会 




先日、お誘いがあり、ランニングメンバーの飲み会へ。(大分、前の話ですが。(笑))

f0238779_814868.jpg









勿論、飲み放題+食べ放題です。(笑)










スポーツクラブのごく近所の居酒屋さんへ。

f0238779_8142542.jpg






f0238779_8195056.jpg











まずは、生ビールで乾杯!!

f0238779_8162257.jpg










この一杯目のビールを美味しく飲むために汗を掻いたり、

サウナに入ったりと皆さん調整には、抜かりがない。(笑)










まずは、1品料理から。

f0238779_8163722.jpg




f0238779_8165133.jpg











飲み放題のアルコールの方も色々あるので、

ワタクシ、ビールの次は、焼酎ロック。

f0238779_8263355.jpg




f0238779_8201285.jpg











ここは、しゃぶしゃぶの食べ放題です。

f0238779_817669.jpg











みんなで、しゃぶ♪、しゃぶ♪♪

f0238779_8173076.jpg











はい、次は、赤ワインで。

f0238779_8174963.jpg












野菜も摂らないといけませんよ、アスリートも。

f0238779_819129.jpg




f0238779_8191696.jpg












ついでに日本酒も頂いておこう。(笑)

f0238779_818333.jpg












ラストスパートで肉も何度目かの追加。(笑)












そして、2軒目へ。

f0238779_8205197.jpg




f0238779_8211558.jpg













この焼酎ロックがじわじわと効いてきた。

f0238779_8213341.jpg












でも、食べる・・・・・・・。

f0238779_8221082.jpg



f0238779_822225.jpg



f0238779_8224446.jpg



f0238779_823391.jpg



f0238779_8232125.jpg












この後、お眠むモードとの戦い。










ふらふらと弁天町から大正まで歩いて・・・・・・。

f0238779_8235588.jpg











いつものタバコ屋の前を通過。


酔いがよく回りました。

f0238779_8233847.jpg











ほんで、ワタクシ、いつからダイエット?(笑)
by hacchannt | 2013-07-27 08:27 | ★マラソン | Comments(2)

◆ 2013サマージャンボ






先日、とある会議で梅田に出た。






会場は、大阪駅前第4ビル。









あっ、そうそう、ついでに買って行こう。







f0238779_12365763.jpg












ノボリや立て看板でお祭りのような雰囲気。

f0238779_12363255.jpg




f0238779_12415335.jpg












サマージャンボ宝くじ売り場です。

金運のラッキーカラーの「黄色」が、そこいらから目に飛び込んでくる。











売り場横を歩いていると、











お、おっ、おっ!!










ごっつい、現ナマ!

f0238779_12371343.jpg











5億円が積まれていました。










近くに設置されたテーブルで、

黄色い封筒に買った宝くじを入れ、スタンプを押し

祈願する人が沢山いました。


f0238779_12373785.jpg











販売は、8/2(金)までとなっています。





暑いひと時、真夏の夢を見ましょう♪♪
by hacchannt | 2013-07-24 12:42 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 白百合





『泡盛』の名前の由来は、Wikipediaによると、




蒸留の際、導管から垂れてくる泡盛が受壷に落ちる時、
泡が盛り上がる状態を見て「泡盛る」となり、転じて『泡盛』となった。




蒸留した酒を茶碗に入れて泡立たせ、
徐々に水で薄めて泡が立たなくなるまでそれを繰り返すことによって
アルコール度数を決定していた。




酒の蒸留技術は14世紀後半から15世紀頃にタイから琉球に伝えられた。
それとともにタイ米、貯蔵用の甕などがもたらされ、現地の気候と、
黒麹菌の導入などの改良により新たな蒸留酒、つまり泡盛が誕生したと考えられている。




酒税法上では乙類焼酎に分類され、
米こうじ(黒こうじ菌を用いたものに限る。)を
原料として発酵させたアルコール含有物を単式蒸留機により
蒸留したもの(水以外の物品を加えたものを除く。)については、
酒類の種類(品目)の表示を「泡盛」とすることができるものとされている。





なお、酒税法で乙類焼酎のアルコール度数は45%以下と定められているため、
与那国島に特例で製造が認められているアルコール度数60%の銘柄は、
酒税法上「スピリッツ類 原料用アルコール」とされている。





原料の米は、主にタイ産インディカ米の砕米が用いられるが、
近年では地産地消の動きに伴って県内産のジャポニカ米を使ったものも生産されている。
3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれる。






戦前には奄美群島でも製造されていたが、現在は作られていない。
「本場泡盛」、「琉球泡盛」を商標に使用できるのは沖縄県で作られたものだけとされている。
なお一部のメーカーが、台湾、モンゴルなどに酒造所を所有している。





泡盛は酒として味わうほか、沖縄料理の調味料としても多く利用されている。
1972年の本土復帰後から、沖縄県には酒税軽減措置がとられてきた。県内出荷向けに限り、
本土の酒税と比べ、復帰直後は60%軽減された。





優遇税率は5年間の時限措置であったが、5年ごとに見直されるだけで延長が繰り返され、
一時は-15%までになったが、1990年からは-35%になっている。




発泡酒や第三のビールなどの酒税強化の流れの中、2002年の延長決定の際には、
自民党税調から「(優遇は)今回限り」との発言があり、
財務省も「激変を緩和する役割を終えた」として2007年の酒税軽減措置廃止は既定路線となった。





しかし、泡盛業界の強い要望や、
2006年の県知事選で政府寄りとされる知事が当選したことにより、
酒税軽減措置の再延長が政治的に決定された。





2012年3月、普天間基地問題の対策のひとつとして、
「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」の酒税の特例が延長され、
2017年5月14日まで軽減税率が適用されることとなった。





泡盛業界は、従業員9人以下の零細事業所が全体の6割を占めている。
酒税の軽減総額は泡盛業界の年間の利益総額よりも大きく、
軽減措置を廃止された際増税額が価格転嫁できないと仮定すると、
利益はなくなり赤字となる。





一方、価格転嫁が順調に進んだ場合でも、
出荷量の減少による利益の減少や県民生活への影響は避けられないとされている。
現在県内の消費は飽和状態であると考えられているため、
従来の流通形態では成長が見込めない。





酒税軽減廃止への対応と泡盛市場の拡大のため、
県外出荷量の増加は重要であると考えられている。




沖縄ブームによって2004年まで県外出荷量は拡大したが、
以後は期待されたようには推移していない。
原因としては、前述にあるような泡盛企業の一般酒への傾倒、
基準の厳格化による古酒の減少、
芋焼酎を初めとした焼酎との競合、ブームの沈静化等が考えられる。








泡盛は、元来匂いがキツかった。


というか、臭かった。


最近では、改良が加えられ飲みやすくなってきている。




そのなか、古来の個性的な泡盛がこれではないでしょうか。





「白百合」

f0238779_711771.jpg






沖縄県石垣島の池原酒造所。1951年創業 。
昔ながらの伝統を守り、手造りの製法と風味を大切に、
造れる量だけを丁寧に製造している。

f0238779_7113354.jpg







銘柄は「白百合」と「赤馬」のみ。洗米から蒸留まで、
一貫して手作業で行い、蒸留は直火釜、
醸造は添加物なしの100%天然醸造にこだわった泡盛造り。
麹を造る行程では手編みの竹網が使われ、
古酒の貯蔵にも昔ながらのカメを使用し熟成させています。






この泡盛、臭いというか、







たとえて言うと、





青畳をかじっているような匂いと味です。

畳は、かじったことがないですが。(笑)






畳のあの青臭く、少しカビ臭い独特のにおい、正にこの表現がピッタリだと思います。

f0238779_7121467.jpg








最初は、とんでもない酒だと思っていましたが、




飲み続けるにつけ、





あれ?





なかなか、いけるやん!?







最近では、美味いやん。

f0238779_7123168.jpg








癖のあるものほど、ハマって行くのです。(笑)


人間もそうです。(笑)






先日、銀座わしたショップへ訪れた際に

地下の泡盛売り場へ行くと、白百合が置かれていた。








その説明書きを見て吹き出してしまった。







それがこれ。

f0238779_792085.jpg









「初発売時、全品返品という暗い過去がある。」







最初に飲んだ人は、この酒はかびている?腐っている?ぐらいに思ったのだろう。








そのあと、1階へ上がり、奥の売り場で沖縄そばを食べてみた。






出てきたのがこれ。

f0238779_79512.jpg







これって、素うどんならず、素沖縄そばやん!!







これでは、ちと、沖縄そばのイメージダウンやない?







紅生姜ぐらい、色を添えて頂戴んか?わしたショップさん。(笑)
by hacchannt | 2013-07-22 07:21 | ★沖縄の飲み物 | Comments(0)

◆ ケンタッキー花金パック


ここは、大正駅近くのドーム前駅(地下)です。


レトロなレンガタイル張りの大きな壁。

f0238779_1220186.jpg









今日は、ここから阪神電車へ乗り、甲子園へと。








阪神電車が延長され、甲子園に行くのが便利になりました。








まだ、夏の高校野球は、地方予戦中です。


プロ野球です。阪神の応援に行きました。










電車に乗ると、いきなり気合の入ったトラキチのお兄さんがドアの前に仁王立ち。(笑)

ちと、怖い。

f0238779_1221967.jpg










一文字一文字刺繍で縫われた文字に託した想いは、熱き者ならではの文言。

打倒讀賣と刻まれていた。










久々の甲子園。

f0238779_12212974.jpg











待ち合わせの時間より早く着いたので、そこいらを見て回ると、

どこからか聞き覚えのある声が聞こえてきた。










声のする方向へ歩いて行くと・・・・・・。









おっ!










猪木!!

f0238779_12215054.jpg










選挙演説をしていました。









虎ファンも熱いが、もっと熱いアントニオ猪木!!

最後は、やはり、いち、にい、さん、「ダァッ!!」で締めくくる。

そのまま勢いをつけて、ワタクシ球場内へ入る。

f0238779_1222921.jpg











金曜日限定集まれサラリーマン企画『ケンタッキー花金パック』というチケットで入場。

f0238779_12223211.jpg



f0238779_1248340.jpg







レフト外野席4席分の入場券と生ビール、

チキンナゲット・フライドチキン・フライドポテトが入ったケンタッキー花金セットが付いて、

おひとり1,900円のお得なグループチケットです。

f0238779_1223281.jpg










まずは、そのビールで勝利を祈って乾杯!!

f0238779_12232332.jpg











続きまして、ワタクシ持参のこれ!!


f0238779_12234768.jpg










そうです、箱ワイン冷凍もん!



甲子園は、缶、瓶は持ち込み禁止です。

f0238779_12242489.jpg









この箱で、2リッター入ってます。

よく冷えていて美味い。

f0238779_12244599.jpg



f0238779_1226543.jpg










試合の方は、1回表にDeNAに2点を先行されたが、

その裏に3点を入れ、逆転。

f0238779_1230975.jpg



f0238779_122534100.jpg









外野席には、色んな選手のユニフォームを身に付けたファンが沢山居る。

f0238779_1226279.jpg



f0238779_12264134.jpg



f0238779_12265637.jpg











高校野球では見掛けないキリンビールの売り子のお姉さん。

f0238779_1227318.jpg











この娘は、お馴染みのアサヒビールの売り子さん。

f0238779_12274959.jpg










我々は、DeNA応援団の真下の席だった。

f0238779_12293474.jpg











7回裏の攻撃が始まる時、恒例の風船飛ばしです。

f0238779_12283147.jpg



f0238779_12284591.jpg











夜空に舞い上がる風船のおびただしい数。

f0238779_12285864.jpg



f0238779_12291425.jpg










結局、点は、隅2と隅3だけ。

f0238779_12311395.jpg










そのまま、9回表が終わり、3対2で阪神の勝利。

f0238779_12323276.jpg


f0238779_12305945.jpg



f0238779_12325154.jpg










勝ったのは良いが、何かイマイチ盛り上がりに欠ける試合だった。










帰りの阪神電車は、当然、阪神ファンばかり。(笑)

f0238779_1231342.jpg











次は、夏の高校野球の応援で来るはず。






大正駅の高架下では、三線を持ったストリートミュージシャンが道行く人の耳を

楽しませていた。

f0238779_1231509.jpg

by hacchannt | 2013-07-19 12:37 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ 夏山登山修行・その3 




朝は、5時起きです。ごく自然に。(笑)



f0238779_8332454.jpg







f0238779_9141472.jpg










まずは、朝風呂に入る。




これ、風呂好きの常識です。(笑)









朝食の時間です。










健康的な野菜中心の食事です。

f0238779_8341843.jpg











豆腐に野菜ジュース

f0238779_8343573.jpg




f0238779_8344937.jpg




f0238779_8351788.jpg












何といってもご飯、銀シャリが美味い!!

f0238779_8353992.jpg











休憩をとり荷物をまとめ、バスで山形から一路宮城県へと向かう。










松島海岸へ到着。

f0238779_8401217.jpg










慰霊碑を参拝。








東日本大震災。


あれから2年と4カ月になろうとしている。









慰霊碑の裏には、津波の到達高さが標されていた。









松島海岸は多くの小島が緩衝体となり、

津波の被害が少なかったと言われている。

f0238779_8394387.jpg










今では、観光客も戻って来ているようです。









お昼は、海の幸です。

f0238779_8361269.jpg










活き活きです。

f0238779_8362633.jpg




f0238779_8382890.jpg




f0238779_839213.jpg












昼からは、「みちのく伊達政宗歴史館」を見学。



f0238779_8423082.jpg





f0238779_8425344.jpg





f0238779_8431036.jpg







幼名は、梵天丸。

5歳の時。疱瘡を患い右目を失明。






子供心にも辛い恥じらいの毎日で、

このコンプレックスは政宗の生涯に強い影響を与えたとのこと。








前半は、東北にまつわる人物を蝋人形と共に紹介しています。


f0238779_8432859.jpg












後半は、伊達政宗公の幼少の頃からの生い立ちや活躍を、

時代を追って紹介、説明がされている。



f0238779_8442686.jpg






f0238779_8444686.jpg












じっくりと見学をし、帰路仙台空港へと移動。









何かの縁か、東日本大震災以降、仙台に来る機会が多くなりました。









仙台空港は、震災前の姿に戻った様子です。











搭乗の前に、ビールと牛タン入り笹かまぼこで締め。(笑)

f0238779_845775.jpg










そして、伊丹空港へと我々を載せた旅客機は着陸、無事日程が終了した。



みなさん、お疲れ様でした。
by hacchannt | 2013-07-17 08:47 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 夏山登山修行・その2 




月山(がっさん)から下山し、麓の宿へ辿り着く。


f0238779_13413543.jpg







f0238779_14112824.jpg









疲労しきった体を温泉でほぐす。








ふぅ~む。気持ち良いい。









よみがえる~~。♪♪









風呂上り、一息ついたところで、お待ちかねの夕食・宴会です。












会場へは、一番乗りでした。(笑)

f0238779_13415641.jpg









そろそろっと、御膳の覆いをめくると、・・・・・・・。












なんと、お上品な盛り付けなこと。♪

f0238779_1342141.jpg












山菜類がメインのよう。










食前酒の山葡萄酒です。



ほんのりと甘く美味い。もう少し欲しかった。(笑)

アップなので大きく見えるグラスは、お猪口の半分ほど。


f0238779_1344875.jpg









手毬のような形のごま豆腐。しっとりともちもちとしている。

f0238779_13442849.jpg










みずのたたき。

f0238779_13444593.jpg











「みず」って、初めて食します。

正式には、「ウワバミソウ」というらしい。

叩いてつぶし、味噌を少し入れて造ります。

粘り気があります。










鳶茸(とんびたけ)の煮物

しめじを煮て固めた感じです。


焦げた木ではありません。(笑)

f0238779_13451464.jpg










月山筍の小味噌煮


f0238779_14192371.jpg









焼き月山筍


皮ごと筍を煮ています。

小指ほどの太さのかわいい筍です。

皮をむき食べると柔らかくて良い香りがします。


f0238779_13542823.jpg









「どほいな」のお浸し

ウドやフキに似た香りです。一般名は、「ヨブスマソウ」。

f0238779_13483014.jpg










桑の実とさくらんぼ

デザートにもいい感じです。

サクランボは、今年不作だった様です。

貴重なものです。

f0238779_13453366.jpg










二輪草

毒性を持つ植物ですが、火を通せば毒性はなくなり、美味しい山菜として食せます。

二輪草、重菜、岳ぜりは、どれがどれか分かりません。(笑)

f0238779_13424826.jpg










鮎の塩焼き

f0238779_13492789.jpg











凍み大根の煮物、茶色いのが大根です。

ほんに、冷凍したものを解凍した感じの柔らかさで薄味。


ニシンと小芋。

f0238779_13431540.jpg









月山筍と独活(うど)、どほいなの天ぷら

f0238779_13463153.jpg










特選、山形牛です。


f0238779_13495559.jpg





f0238779_1350892.jpg










月山筍汁に月山筍ご飯と筍のオンパレード。


今が一番の旬なのです。

f0238779_13464911.jpg



f0238779_1347297.jpg



f0238779_13485667.jpg




f0238779_13593985.jpg










お酒は、地酒の銀嶺月山。

f0238779_13471629.jpg













酔いも回れば、雰囲気も最高潮で、手に手を取り合うお二人さん。(笑)

f0238779_13474293.jpg











楽しい酒は時間も忘れ、


ついでに、空けたビール瓶の数をも忘れ。(笑)








よく飲みました。068.gif
by hacchannt | 2013-07-15 15:11 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ 夏山登山修行・その1




梅雨が明け、夏本番とはいえ、いきなり暑過ぎますなぁ~。







34℃~35℃は、当たり前。

昨日、群馬では39.5℃まで気温が上がったとか。








人間の体温をはるかに上回る。

みなさん、水分をこまめに取り、熱中症には気を付けて下さい。








避暑ではありませぬが、7/7、七夕の日。



伊丹空港AM7:15発のJALの小型機に搭乗。

f0238779_7544431.jpg








向かった先は、・・・・・・・。







AM8:30、初めての山形空港へ到着。

f0238779_755179.jpg








バスで月山(がっさん)へと向かう。







月山は、山形県の中央部にあり、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。








出羽山、湯殿山、月山と

出羽三山のひとつに数えられる霊峰である。








頂上にある月山神社を目指します。








古来から修験道を中心とした山岳信仰の場とされ、

現在も多くの修験者や参拝者が訪れる。








リフト乗り場近くまでは、バスで移動です。

まだ、雪が沢山残っています。

f0238779_7554490.jpg








この7/1から山開きがされたところです。







スキーヤーも一緒に登って行く。

f0238779_756151.jpg




f0238779_7562921.jpg









山には、鮮やかな黄色のニッコウスゲ(ユリ科)が咲いています。

この花は、午前中に咲いて夕方に閉じ、

そのまましおれてしまう、果かない一日花なのです。

懸命に咲く姿が、登山者の目を楽しませてくれます。

f0238779_7561234.jpg









リフトで登って行くと雪山が姿を現した。






スキーヤーが並んでいる。

f0238779_75743.jpg





f0238779_758282.jpg











リフトを降り、少し歩いたところで、アイゼンを装着。

f0238779_7572586.jpg










気温は摂氏16℃。








夏山とは言え、我々、少々軽装過ぎるのではないか?









山岳ガイドさん3人にリードされ、歩き始める。

f0238779_7593049.jpg











雪渓の所と、木で作った道・木道(もくどう)のところがある。

f0238779_759314.jpg









慣れないアイゼンを装着したり、外したりの繰り返しが、ひと苦労。







霧が濃く視界が効かない。







足元の目印のロープを頼りに一歩ずつ登って行く。

f0238779_80569.jpg









標高1,670mの姥ヶ岳山頂へ到着。

f0238779_803955.jpg





f0238779_805417.jpg









腹が減っては、戦は出来ぬ。







ここで、昼食となった。

梅干しひとつが入った大きなおにぎり2個。

f0238779_81884.jpg









大自然の中で食べると最高に美味い。








充電完了!!










そして、再び登山開始。

f0238779_81331.jpg










少し行ったところで、ガイドさんが、



「このペースで行くと、帰りのリフトの時間に間に合わないので

       頂上は時間的に無理です。」







「ピッチを上げて行き、頂上を目指したい方のグループと


         引き返すグループに分けたいと思います。」








「頂上を目指したい人は、手を上げて下さい。」

f0238779_833933.jpg










ワタクシ、上げました。








10人ほどが挙手をし、そのチームでガイドさんと登り始める。






先程よりペースが上がる。





霧も益々濃くなってきた。







我々の中には、80歳を超える高齢者もいる。






段々と遅れが出始めた。








いくら体力に自信があるとはいえ、今までのルートより急勾配となり


その上、大きな石を登って行く。更に足腰にも負担が掛かる。


さぞかし、辛かったことだろうと思う。







しばらく行ったところで、ガイドさんの号令のもとにストップ。


f0238779_824016.jpg








「この調子で行くと残念ながら時間が足りません。」







「リフトに間に合いません。」









「ここで、下山とします。」








勇気ある苦渋の決断です。








流石にベテランのガイドさんです。









標高1,850m地点で残念ながら引き返すことに。





月山神社に辿り着けず、無念。








ホラの音(ね)を霊山の出羽三山に響き渡らす。

f0238779_841781.jpg











この地、この場所で聴くホラは、また格別のものがあります。




これには、ガイドさんも感慨深げのご様子。








下山開始です。

f0238779_84488.jpg









下りの方が、登りより脚に負担が掛かる。




慎重に足元を注意しながら摂氏16℃の山を降りる。







この日の大阪の気温は、34℃。

f0238779_85990.jpg









山男の山岳連盟のガイドさんは、経験豊富な熟練者の方達だった。








山登りで鍛え上げられた体は、アスリートのように引き締まり、

素晴らしい足腰の強さで、バテた修験者をサポートする。






マラソンランナーのように無尽の耐力を備えているようだった。










鍛え直して、いつかまた、月山に挑戦したいと思いながら山を後にした。
by hacchannt | 2013-07-12 08:13 | ★日々の出来事 | Comments(4)

◆ 雨の狭間のゴルフ 



この日は、年に数回のお付き合いのゴルフです。

f0238779_19161449.jpg









全くゴルフの練習には、行っていません。










いつもながらのぶっつけ本番。









なるようにしかならんゴルフです。





眠たい目をこすり、早朝5時起きで行って参りました。









奈良と京都の県境辺りまで。

f0238779_19163071.jpg











天気予報は、曇りのち雨。









わざわざ、梅雨どきにゴルフに行かなくても・・・・・と思うのですが、

ゴルフ好きは、気にならないようです。

f0238779_1918179.jpg











最近は、運動もしていないのでスコアの方も期待薄。









案の定、出だしのパー4から、9つ叩いてしまいました。

f0238779_19165297.jpg











終わってしまいました。











これでもう楽しみは、昼ごはんのみです。(笑)











石焼ビビンバと生中を注文。

f0238779_1917782.jpg











スコアをまとめようとする人は、生小を注文。





昼からも前半にまして、右へ左へのOBの山。










ゴルフというよりも、正しく打ちっぱなしの練習ですな、これは。









お陰さまで、本日、ボールを1ダース無くしてしまいました。(笑)











最近は昔に比べ、プレー費も安くはなって来てはいるものの・・・・・トホホホホホ。










スコアを数えるのが大変でした。(笑)










唯一、良かったのは、昼から晴れてきたこと。

f0238779_19173245.jpg











流石、ワタクシ晴れ男!




それで、みんな、俺をゴルフに誘うのかな?

f0238779_19155318.jpg

by hacchannt | 2013-07-09 19:20 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ しまむら酒房



今話題のあべのハルカス。


この近辺は、土地の値上がり上昇率が全国1位との事。






近鉄百貨店は先日、先行オープン。







阿倍野歩道橋も新しく掛け替えられ、開通しました。

f0238779_6284925.jpg








4年がかりで完成しました。

屋根付きの歩道橋です。

f0238779_629545.jpg










これは、以前の歩道橋です。

f0238779_6295374.jpg









上空から見ると、アルファベットの「a」の形になっている。


「あべの」のイニシャルの「a」を形取ったようです。

f0238779_6301975.jpg









この歩道橋、めっちゃお金掛かってます。

ここだけの話ですが、工事費は、25億円。

aの形を作るのにそこまでする?








大阪市はお金持ちなのです。



市民は、貧乏ですが・・・・・。









ハルカスを見上げる。

首が痛くなります。

f0238779_6304644.jpg










今日は、ある目的があり、ここへ来ました。

新しく生まれるものがあれば、無くなるものがあります。









老舗の立ち呑み屋さんです。


「しまむら酒房」

f0238779_631887.jpg



f0238779_6312496.jpg










6月いっぱいで店を閉められるということで最終日にお邪魔しました。

f0238779_63456.jpg










長時間の立ち仕事が、体に負担を与え続けていました。


残念ですが、本当にお疲れ様でした。

f0238779_6341977.jpg











早い時間から常連のお客さんがやって来る。

f0238779_6344123.jpg










このドアを開けたお客さんの数は限りない。

f0238779_6314869.jpg








1・2階にある客席は早くも満員。







マスターの居る1階のカウンターの席を譲って頂き、瓶ビールで乾杯。

f0238779_6321517.jpg










ここのおでんが抜群に旨いのです。

2階からリフトで降りてきます。

f0238779_6324251.jpg




f0238779_6351035.jpg









薄味で色もいい感じです。

f0238779_6325613.jpg










次から次へと常連さんが入って来るので、

冷酒を一杯だけもらい、

早々に引き揚げることに。

f0238779_6332553.jpg








2階のママさんへも挨拶を。







2階は、こんな感じです。

f0238779_6354184.jpg



f0238779_635562.jpg



f0238779_6362831.jpg








この立派な一枚板の酒の看板。

年代を感じさせます。

f0238779_6364342.jpg




f0238779_6365576.jpg










マスターやママさんの顔を見れなくなるのが残念です。


いつまでもお元気で。

f0238779_6372957.jpg




f0238779_6374347.jpg










少し飲み足りなかったので、焼き鳥を摘まみに行く。

f0238779_638465.jpg











威勢のいい元気なお母さんが居る「まいど」です。

f0238779_6382124.jpg








酒を頼むと、隣りのおじさんまで真剣なまなざしでどれだけ注いでくれるのか

興味深々で覗き込む。(笑)

f0238779_6384759.jpg



f0238779_6391130.jpg



f0238779_6392836.jpg







鳥酒蒸し。柔らかくて美味い。

f0238779_6394457.jpg








ささみわさびネーズ

f0238779_640194.jpg








アスパラ皮巻き

f0238779_6401471.jpg



f0238779_6423547.jpg









そして、ゴーヤー味噌皮巻

これを食べに来たのです。

f0238779_6403055.jpg



f0238779_6404345.jpg









焼酎ロックとで頂く。

f0238779_6405616.jpg



f0238779_6431080.jpg



f0238779_6432372.jpg










鳥どて

f0238779_6411040.jpg









今が旬の水茄子。

f0238779_6412144.jpg









あべのハルカスから少し入ったところで今も色んな飲み屋さんが

頑張っています。

f0238779_642486.jpg







新しいものと古いものとの対比が面白いここ阿倍野。

まだまだ、いい店がありそうです。♪♪(嬉)
by hacchannt | 2013-07-05 06:49 | ★飲み歩き | Comments(2)