ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

<   2013年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

◆ ハイレベルな歌の国 




フィリピンのとあるショッピングモール。







カラオケを販売している電気屋の店頭か?






現れたる少女がひとり。










中学生か?高校生か?赤いナップサックをせたろいカラオケで歌う。。









この歌唱力、半端じゃないですね~。












そのまま、すぐにバリバリのプロ歌手で通用しますよ。

CDも即、出せます。♪♪

声量、リズム感、情感、どれを取ってもすごいの一言。











世界には、隠れた天才、人材がまだまだ眠っているのですね。


画面左の店員の兄さんが手持無沙汰に商品を整えているのも面白い。


画面右側の店員のお姉さんは、ただあっ気にとられ聴き入っている。








他にもレベルに高い人が多いフィリピン。












フィリピンでは、女の子をカラオケに誘うと大恥をかくとの書き込みもある。






いろいろ見ていると、どうもこのショッピングモールは、

ツワモノが集まってくるところの様だ。









フィリピンは、世界一歌がうまい国とも言われているようだ。






by hacchannt | 2013-09-26 15:11 | ★好きな歌 | Comments(0)

◆ オッソ オッセヨ




堺筋の大阪富士屋ホテルの北側。



堺筋八幡町交差点西入ること50m。






若者が多く、いつも一杯でなかなか入れないと噂の店だが行ってみた。






ビルの中にあるジャンボ横丁を入る。

f0238779_7155637.jpg







なにやら面白そうな店が軒を連ねる。

f0238779_7161195.jpg









鍵の手に曲がったところの左手に現れたる「オッソ オッセヨ」。

f0238779_7162786.jpg









韓国語で「いらっしゃいませ」という意味とか。





店に入ると、マスターらしき人が、何と折りたたみ椅子に座りテレビを見ていた。





そ~なんです、お客さんは誰もいませんでした。






ラッキーでした。






詰めても7~8人しか入れないような小さなカウンターです。


こじんまりとしたところが、また良い。

f0238779_7165485.jpg








店内の飲み物メニューに目をやり、

プレミアモルツの生ビールを注文。

f0238779_717729.jpg








摘まみに


あごすじ

コリコリとした歯ごたえがあり、美味い。

f0238779_7172119.jpg









チャンジャ

ピリッとした辛さが酒を更に進める。

f0238779_717351.jpg









赤ワインをボトルで頼み、

ママさん、マスターと貸し切り状態で話が盛り上がる。

f0238779_718635.jpg







やはり、同世代は話が合う。(笑)







ママさんも休肝日は無いとの事。







「休みの日は休みで、お酒の味も違うもんね~♪♪」ですって。(笑)







右に同じく、同感!






B級グルメ情報も交換し、下町情報の話に花が咲く。






美人ママとグルメマスターの写真は、今回はお預け。

f0238779_7191698.jpg









先日、ブログアップした香港をマスターがご存じだったのには驚いた。








スコンとワインが空いたところで、お愛想。







また、来ま~す。♪♪






ご馳走様でした。

f0238779_7183755.jpg











店を出て、歩いているとごっつい餃子。


こんなところに大将が。

f0238779_723511.jpg








少し小腹が空いたので、入ってみた。








2階に上がると、こじゃれたインテリアの店内です。

f0238779_7232194.jpg









コテコテ感がなく、清潔感溢れる王将です。

大将のイメージがどこへやら。







キャンペーン中で、餃子1人前がなんと100円。






餃子2人前と瓶ビールを注文。


ここもプレミアムモルツ。(笑)

f0238779_7233882.jpg








キレイにきつね色に焼かれた餃子が来た。

f0238779_7235441.jpg







ひとつ取り、かぶりつく。






ふぅ~む?






具が少なく、味も薄い感じだ。





何か足りない。





不味くはないが、美味くもない。







しょうがないな、値段が値段ですから。







見ているだけで元気が出るグリコのネオン前を通り家路に急いだ。

f0238779_734034.jpg








★『立呑みクック オッソ オッセヨ!』  大阪市中央区東心斎橋2-1-13
    大阪屋ジャンボビル1F7号 ジャンボ横丁内 TEL 06-6211-5152


by hacchannt | 2013-09-24 07:35 | ★立ち呑み屋 | Comments(0)

◆ モスキート音



あの暑かった夏も台風が過ぎ、


彼岸の頃になるとやはり涼しくなってきました。







でも、まだ蚊はいます。









顔を蚊に刺されることはありませんか?








良く考えると、昔はというか、若いころは無かったのです。








調べていると、こんな事が分かったのです。






実は、蚊の鳴く音・羽音が年齢と共に聴こえなくなっているということを。









ウソっ!?








いわゆる高周波の音域が加齢と共に聴きとれなくなっていたのです。









それで、蚊が近づいても分からなかったのです。









ガァ~ン!!








ショック!










一度お試しあれ。

(パソコンからでないとYOU TUBEのモスキート音テストは見れませんので悪しからず。)














ワタクシ、坊やと一緒や~、40歳代から聴こえない。(悲)










ウゥ~、14,000Hzから聴こえないよぉ~。









by hacchannt | 2013-09-22 07:13 | ★日々の出来事 | Comments(0)

◆ 桝田商店 



裏ナンバをウロウロ。






細い路地に沢山の飲み屋さんが出来ています。




今、ホットなエリアです。








一筆書きのように一周したが、どうもピンと来る店に出会えなかった。




初めて入った店でも外したくはないしなぁ。








吉本の方に、少し進路を変更。








コンクリート打ち放しの現代風の酒屋があった。







そして、その隣に、なにやら立ち呑み屋風の店が・・・・・・。








店の看板が見当たらない。







表のメニューを見る。

f0238779_8282142.jpg









8時で終わりか~、健康的な店です。







料金の方も、この場所で正しい立ち呑みや価格でいいじゃないですか。






本日は、ここに、決定~。





ビニールのテントを押し分け入って行く。

f0238779_8283841.jpg









小さなカウンターに惣菜を並べ、中に店のお母さんが立つ。



立ち呑みは、ご夫婦で営まれているよう。

f0238779_8285774.jpg









一番混んでいる時間帯か、


生憎、空いているカウンターは無い。








お母さんが、そこのカウンターに合席してもらってと誘導され、

一人で飲んでいるお客さんと合席、合い立ち呑みです。(笑)








周りの状況、店のシステムを理解するまでキョロキョロと見回す。







初めての店は、この軽めの緊張感と期待感が何ともいえない。







喉が渇いていたので、まずは生ビール。

f0238779_8371515.jpg







手書きのメニューを見ていると、日本酒が豊富の様。

f0238779_8292346.jpg









昔は、立ち呑み屋っていうものは、酒屋さんがやっていたものですが、

今や、立ち呑みだけを専業でやっている店が多い。



そういう意味では、由緒正しい立ち呑み屋さんだ。







店内を見渡していると、屋号を発見。




「桝田商店」さんだった。

f0238779_8294693.jpg









なかなか、趣のある看板です。






鶏肝

味が染んでて美味い。

f0238779_8301792.jpg








紅生姜の天ぷら


これって大阪名物といってもいいのかな?

食べやすいように切ってくれてます。

おまけに枝豆も添えられて。(笑)

f0238779_83006.jpg










アテはなんでも200円のよう。








にごり酒を頂く。

f0238779_832167.jpg







青森県「桃川」。

甘めのにごり酒で甘酒っぽい。







銘柄が書いてなかったので、尋ねると秋鹿だった。

f0238779_8322069.jpg









大阪の酒で、珍しくこれは美味いのです。

f0238779_8323515.jpg









土手焼きは、店のご自慢の一品。

甘めの土手焼きに七味をたっぷりと掛けて頂く。

f0238779_8325019.jpg









サラリーマンおじさま族の憩いの場になっているようです。

f0238779_833857.jpg









8時で閉店なので、1時間も滞在していないが丁度いい感じ。







お愛想。







また、千ベロが出来る店を発見してしまった。






★ 桝田商店  大阪市中央区難波千日前10-16  06-6641-3985


by hacchannt | 2013-09-21 08:39 | ★角打ち | Comments(0)

◆ 香港 


子供の頃から食べ慣れた地元の中華屋さんです。

f0238779_1254441.jpg









瓶ビールを頼んだが、今イチ冷えてなく、焼酎のボトルを注文した。

f0238779_1255036.jpg









この店40年以上になるなぁ~?









その間、世代も変わり、店の場所も少し移動し、味も少し変ったが、ベースは同じ。


まず、量が多いのです。









中華丼でも出前で頼んだ日にゃ、器より盛り上がったどんぶりの具を

見事な職人技でサランラップで押え包み込み、

いつも食べるときに手は、どんぶりのあんでびちゃびちゃ。(笑)








卵が入って少しへなッとしたなぜかお気に入りの野菜炒め。

f0238779_1255297.jpg









食べ応えがある衣が厚めの熱々の豚天。

f0238779_12554389.jpg









皮が薄く引っ付いて二つまとめて食べれる餃子。

f0238779_1256056.jpg









外側がカリッとしてなく全部軟らかい甘酢の肉団子。(これは並ではなく小)

f0238779_12561311.jpg









特別美味いわけではないのだが、美味いのです。



どういうこっちゃと思われても、美味いのです。








落ち着く味とでもいおうか?



家メシ的な感覚かな。








ここは、ボトルキープは出来ない。

f0238779_1256452.jpg









余ったら、お持ち帰り。


この日は、ほとんど飲まずに持ち帰った。



あっ、そうそう、焼き飯も美味かった。








みなさんも、地元の店はご贔屓にして下さいよ♪♪




★香港  大正区北村2-12-25  06-6551-9616

  

by hacchannt | 2013-09-20 12:59 | ★大正区の中華料理屋 | Comments(4)

◆ B級グルメ名古屋遠征 その3 



地下鉄は、名城線堀田駅より北へ徒歩15分。








住宅街の一角に忽然と目的とするその店は現れた。

f0238779_726565.jpg









大正区の状況と似ている。







店の名は、「どての品川」。







すでに店の表では、立ち飲み状態で飲っています。





店の奥は、座敷になっている。









立ち飲み中の先客さんに少しスペースを譲って頂き、隙間へ入り込む。







「すみません、ありがとう。」







大正区では、鉄板の前に立つと云うところだが、

そこには、鉄板は見当たらない。







ちょっと大正区のホルモン焼きの雰囲気とは違う。









で~んと、存在感のある大きな丸い鍋がふたつ置かれている。

それもコテコテ。(笑)

f0238779_9164647.jpg










汁が真っ黒で中身が見えない。

f0238779_7362457.jpg









取り合えず、飲み物を注文。

f0238779_7273668.jpg









ダシに赤味噌を合わせて煮込み続けている感じです。






恐る恐る、「取ってもいいですか?」とお母さんに尋ねる。



「どうぞ、どうぞ。」








常備されたアルマイトの皿に二串取る。

f0238779_7275032.jpg









そして、ひと串、頬張る。







むっ、むむ、むむむむっ。







豚のホルモンだ。








想像以上にあっさりとしている。





味噌とダシの味が染み込み甘辛く、肉も柔らかい。






これは、これは。







大正区のホルモン焼き以外にこんな調理法があったとは、

正しく、ところ変われば品変わる。







これは、美味い!!!







1本、80円也です。







隣りのコッテリとした黒い液体の鍋は、醤油ベースの甘いタレだった。

f0238779_7295991.jpg








こちらは、八町味噌のよう。







串カツをもらう。

f0238779_7302019.jpg








これを好きな鍋にドボンと浸けて食べる。


カリッと揚げられた熱々の串カツにタレが絡み、これまた美味い。

f0238779_7314595.jpg








2度浸けは、全国共通でご法度、禁止です!





串カツは、1本70円。






奥の座敷からは、10本単位で注文が入る。

f0238779_7304480.jpg










無言のまま、煮込み続けるお母さん、職人肌です。

f0238779_9175988.jpg









鍋の下に沈んでいるこんにゃくを取ってもらう。








味が染んでて、美味い。

f0238779_731934.jpg







小振りなのがいい。







焼き鳥も焼いている。

f0238779_7284975.jpg








この店、気に入りました。







名古屋の最後の〆は、いい店に出会えてました。

f0238779_9153835.jpg








店全体のコテコテ感もホルモン焼き屋に似ている。

f0238779_734512.jpg








今日から瑞穂区は大正区と姉妹都市になりました。(笑)

f0238779_7334495.jpg








帰りの電車の時間があるので、残念ながらここでお愛想。



ご馳走様でした。







車内で余韻に浸りながら缶ビールで総仕上げ♪

f0238779_7323038.jpg







こうして夏の青春18きっぷの旅は幕を閉じるのでありました、チャンチャン♪♪

f0238779_7324427.jpg








★名古屋市瑞穂区下坂町1-23  営業時間17:30~21:00 定休日:日曜日


by hacchannt | 2013-09-19 07:23 | ★B級グルメ食べ歩き | Comments(0)

◆ B級グルメ名古屋遠征 その2 





創業100年を超える居酒屋です。







大甚(だいじん)本店。

f0238779_7395026.jpg








地下鉄伏見駅を上がるとすぐの所にあります。

午後4時から営業している。







店に入ると、1階は満席。

2階に通された。

f0238779_742374.jpg



f0238779_744022.jpg








テーブル席で、サッポロの瓶ビールで乾杯。

f0238779_740952.jpg




f0238779_7433698.jpg









ケースに入れられたアテをセルフで取る。

f0238779_7405532.jpg



f0238779_741212.jpg



f0238779_7414118.jpg










軽めに飲むと千ベロが出来る店です。

f0238779_7403163.jpg










酒を頼むと、店のお兄さんが聞きもせず、二合徳利を持ってきた。

よほどの酒呑みに見えたのか?(笑)

f0238779_7541677.jpg










1階の方がやはり雰囲気はいい。

f0238779_743030.jpg






老舗の成せる業か、お客さんが絶えない。



サッと、食べて、サッと呑んで店を後にした。








少しお腹を空かす為に、名古屋城へ。






地下鉄市役所前で下車。







地下鉄の駅への降り口の上屋も凝っている。

f0238779_7442776.jpg







県庁や市役所も名古屋城に合わせてのデザインなのか。

f0238779_7444478.jpg



f0238779_745156.jpg










石垣は、小さめの石で隙間が少し多く、

沢山の小石が詰められていた。


f0238779_7455881.jpg



f0238779_746182.jpg



f0238779_7463044.jpg



f0238779_7465250.jpg



f0238779_747555.jpg











戦火によって天守閣と共に焼失した本丸御殿の復元工事が現在行われており、

一部公開されていた。

f0238779_7473542.jpg









2009年から工事着手され、全てが完成するのは、5年先の2018年との事。









素晴らしいのは、以前の建物の図面や資料がキッチリと残されており、

正確に復元が出来ている事だ。








きらびやかな書院造です。

f0238779_749563.jpg


f0238779_7491659.jpg


f0238779_7493117.jpg


f0238779_7494134.jpg








名古屋城は、地下1階、地上7階の8層の構成となっている。

見学するのも体力がいる。

f0238779_7475545.jpg









金の鯱鉾のレプリカ。

デカイ!

f0238779_7481634.jpg








それでは、これから最後の目的地へ行くことにする。





乞うご期待!!
by hacchannt | 2013-09-18 07:54 | ★B級グルメ食べ歩き | Comments(0)

◆ B級グルメ名古屋遠征 その1




本日は、早朝5時起きです。







早起きをし、残りの青春18キップで名古屋遠征です。

青春は、続いております。(笑)







新幹線や特急ではないですぞ、乗りたくても乗れません。






大阪駅より快速で米原まで行き、乗り換え、大垣経由で名古屋へ到着。

f0238779_815931.jpg








所要時間3時間半。







到着するや否や、まずは、地下鉄の一日乗車券を購入。

名古屋は地下鉄が便利なようです。

f0238779_8152435.jpg









メインの名城線は、環状線のようにループになっている珍しい路線。

f0238779_816452.jpg









名城線「めいじょうせん」というのですが、

駅員さんに、「なしろせん」はどこですか?と尋ねてしまった。








どうしても、「なしろ」と云ってしまうのは、なぜ?

うちなーの血がなせるわざか?




まだ、「ぐすく」と読まないだけマシか!?(笑)








朝からまだ何も食べていません。



朝食は、なおさんお薦めのコンパルの名物エビフライサンドを求め上前津駅へ。








駅から歩くこと5分。



老舗の喫茶店です。

f0238779_8154511.jpg









内装も良い雰囲気です。

f0238779_8163451.jpg



f0238779_8164968.jpg









メニューを見るとラッキーなことに今日は、

お目当てのエビフライサンドがサービスデーでお得!

f0238779_817657.jpg








早速、注文。





周りのお客さんは、コーヒーを飲んでいるのですが、


念のため、小さな声で「ビールはありませんか?」とウェイトレスさんに聞くと、






「ありません。」






トホホホ、やっぱり。






純喫茶だもんな~、仕方がない。



純喫茶と云う言葉さえ今は死語か?(笑)







アイスコーヒーを頼む。




ここのアイスコーヒーの飲み方(作り方)がちょっと変わっている。






小振りのコーヒーカップで出て来る。

左が普通のホットコーヒー。

f0238779_8181530.jpg









解説通りの手順で作る。

f0238779_819769.jpg


f0238779_8192292.jpg


f0238779_8193784.jpg









ホットコーヒーから作るのである。

f0238779_8184217.jpg









ひと口、味見。




濃く深みがあるが苦味は無く、美味い!!







そして、お待ちかねのエビフライサンドが運ばれて来た。








ほうほう♪

f0238779_820928.jpg







いい色に揚げられたエビフライが丸ごと入っている。







かぶりつく。






熱々のエビフライと細かく切ったキャベツの食感にタルタルソースが見事にマッチし、

思わず笑いがこみ上げるほどの美味さ!

f0238779_8202627.jpg








エビも濃厚な味がする。






これはいい。




あっという間に平らげた。







本日は、強行軍なので、あまり一軒の店でゆっくりとしては居られない。







店を出、駅の方へ歩いてゆく。



商店街の中心に大きな招き猫が鎮座まします。

f0238779_8204631.jpg







次に向かったところは、名古屋の伝統的なうなぎ料理「ひつまぶし」。


地下鉄伝馬駅より10分ほどでその店へ到着したが、







なにか嫌な予感。







表に人が大勢いる。

f0238779_8211662.jpg








ガ~ン。






なんと、平日の昼なのに1時間待ち。

f0238779_821356.jpg








それも「ひつまぶし」は、3千円以上するお昼ご飯なのに。







聞くと、開店前からお客さんが並んでいるらしい。

凄いですね~、みなさん。








待っていられないので、町並みを眺めながら引返すことに。

f0238779_8215419.jpg









金山駅まで戻り、居酒屋で、一品料理を注文。(笑)







結構歩いてきたので、フローズンビア-で喉を潤し、体を冷却。

f0238779_8221216.jpg



f0238779_8223057.jpg








名古屋名物の手羽先。甘辛~い。

f0238779_8224615.jpg






みそかつ

甘~い。

味、濃い~。

f0238779_823067.jpg






ピリ辛豚テキ

硬めだったが美味い。

f0238779_8231318.jpg










駅前の名古屋ボストン美術館で食後の鑑賞会、目の保養です。

f0238779_8233053.jpg









なかなかいい収蔵品が揃っていて、

地下鉄1日券で割引も効いてお得でした。

f0238779_8234119.jpg








さ~て、これからどこへ行こう♪♪
by hacchannt | 2013-09-17 12:18 | ★B級グルメ食べ歩き | Comments(0)

◆ 酒田護摩法要 その2 




今日は、護摩法要本番。





昨日は、早い時間から床に着いたのでスッキリと起床。





まずは、朝風呂を浴びる。


根っからの風呂好きなのです。(笑)







そして、朝からしっかりと食事を摂る。

f0238779_1011344.jpg








ありゃ、山形でもゴーヤー料理がある。

f0238779_1012726.jpg







きれいに完食。







旅館の女将に見送られながら、いざ、出陣。

f0238779_1014280.jpg







お寺で準備中にパラパラと降ってきたが、そこは法力のお陰、

始まる頃には、見事に雨が止んだ。

f0238779_102020.jpg








無事、火伏せの役目を果たし、滞りなく護摩法要を終える。






お姉さま方のご詠歌を今年も聴かせて頂き感激、なかなかいいものなんです。

海外で言う讃美歌かゴスペルに通じるものがあるように思う。







場所を移動し、健康センターへ。






汗だくの体を温泉で洗い流し癒す。

ここでもお風呂です。(笑)







そして、慰労会。

f0238779_1054712.jpg








ご馳走に舌鼓。

f0238779_103122.jpg



f0238779_1032141.jpg



f0238779_1033496.jpg



f0238779_1075045.jpg



f0238779_1035025.jpg



f0238779_104666.jpg



f0238779_1042798.jpg









お姉さま方に唄や踊りを披露して頂く。

f0238779_1045937.jpg



f0238779_1051415.jpg



f0238779_106527.jpg



f0238779_1064384.jpg



f0238779_107490.jpg



f0238779_1072044.jpg









そして、全員で輪になり花笠音頭をご教示頂きながら楽しく踊る。

f0238779_1082746.jpg



f0238779_1084398.jpg



f0238779_10111534.jpg



f0238779_10105631.jpg









お返しに恒例の河内音頭♪♪

f0238779_109491.jpg



f0238779_1092635.jpg







あっという間に帰る時間となった。








名残惜しく、表まで見送りに出てくれる。


「また、来るからのぉ~」と見事にマスターした語尾を上げる酒田弁で、お見送りに答える。


f0238779_1095387.jpg








一路、バスは、仙台空港へと。


ご来光の様な夕日。


f0238779_10121912.jpg








なぜか、ここに酒が。

付いてきたのかな?(笑)

f0238779_1010893.jpg









事あるごとに、皆さまの修行のお陰と褒めっ放しのバスガイドさん。


前回の月山登山と同じバスガイドさん。・・・・・これも修行の賜物?(笑)

f0238779_10102825.jpg









サービスエリアで休憩。

流石に山形だ、アイスクリームまでサクランボ。

f0238779_1012435.jpg






ほのかにサクランボの味がする。

f0238779_1013025.jpg








仙台空港へ到着。







夕日に輝く管制塔。

f0238779_10132079.jpg







待ち時間に少し土産物を買う。





仙台の麩も沖縄のもの同様に大きい。

揚げています。

買いませんでしたが。

f0238779_10134919.jpg







搭乗前に牛タンカレーと酎ハイで締めくくり、今年の酒田法要も無事終了。


f0238779_1014434.jpg






皆さん、お疲れ様でした。
by hacchannt | 2013-09-16 10:21 | ★日々の出来事 | Comments(2)

◆ 酒田護摩法要 その1




日航機で飛び立ちました。

f0238779_1627395.jpg









初めての秋田空港へ到着。

f0238779_1627159.jpg









流石に秋田杉の産地だけのことはある。

空港ロビーの内装にふんだんに秋田杉を使っている。

f0238779_16272997.jpg










この展示されている木の大きなこと。

f0238779_16274113.jpg










空港からバスに乗り換え、長谷寺(ちょうこくじ)を参拝。

f0238779_1627581.jpg


f0238779_16292111.jpg


f0238779_1628792.jpg









通称、赤田の大仏さまといわれる身の丈8メーターの十一面観世音菩薩の立像が祀られている。

f0238779_1628244.jpg









本殿入口の引戸もこの大きさです。

f0238779_16283751.jpg









手の込んだ彫り物があちらこちらに見受けられる。

f0238779_1628522.jpg









移動中の道路から

雪の季節には、降ろされたシャッターを上げ、

道路に雪が入るのを防ぐ装備がされている。


稲穂が見事に色づいている。

f0238779_1630217.jpg









お昼は、ここ由利本荘市の天鷺村(あまさぎむら)にて。

岸和田城を参考に造ったそうです。

f0238779_16302152.jpg



f0238779_1631233.jpg










天守閣より城の廻りを望む。

f0238779_16303799.jpg



f0238779_16305315.jpg










再びバスに乗車し山形県は酒田市へ。








汗だくになり明日の護摩法要の準備です。

f0238779_16314798.jpg


f0238779_1632275.jpg


f0238779_16321833.jpg








天気が気になるところです。








そして、いつもの旅館へ到着。

f0238779_16323887.jpg


f0238779_163315.jpg


f0238779_16331721.jpg










ゆっくりとお風呂に入り、

ご馳走と少しのお酒で明日への英気を養う。

f0238779_16334152.jpg


f0238779_16335773.jpg


f0238779_16341585.jpg


f0238779_16343889.jpg









岩牡蠣

濃い~、これは正しく濃厚という表現がピッタシ。

海のミルクです。

f0238779_16345581.jpg









酒田って昔は、こんな字を書いていたんですね。

勉強になったところで、一杯。(笑)

f0238779_16351968.jpg



f0238779_16353555.jpg



f0238779_1636838.jpg



f0238779_16362563.jpg









お姉さん、片手に金づち。

塩で固められた車海老を解体してもらったところで、また一杯。

f0238779_16364410.jpg



f0238779_1638138.jpg









これだけの塩を使い贅沢な料理です。

f0238779_16365752.jpg



f0238779_16382977.jpg



f0238779_16384340.jpg


f0238779_16385636.jpg









米どころだけに銀シャリが美味い!


f0238779_16371122.jpg



f0238779_16372667.jpg



f0238779_16374297.jpg










ほど良く酔いも回り、部屋に戻ると、そのままバタンキュー。

相部屋の相棒に大オーケストラ生演奏を聴かせたことは言うまでもない。(笑)
by hacchannt | 2013-09-15 16:43 | ★日々の出来事 | Comments(0)