ハッチャンの「大正区で沖縄三昧」

◆あれから4年 ~東日本大震災~


地震国、日本。







地球上で起こる地震の約1/10がちっぽけな日本列島周辺で起こっている。






平均すると、日本では、年に一度、マグニチュード7の地震が起きている。

そして、10年に一度、マグニチュード8規模の大きな地震が発生している。








地球を十数枚のプレートが覆っているが、

そのうちの4枚が、日本列島の近海で重なり合い、

日本列島の下に、年5~10㎝の速度で潜り込んでいる。







また、内陸に於いては、

現在分かっている活断層は、日本全国で約二千程度あるらしい。






地震のエネルギーの大きさを示すマグニチュードは、

1増えるごとに32倍のエネルギー量が大きくなる。




ですから、M6とM7では、32倍、




M6とM8では、千倍以上のエネルギーの差になるのです。







M8がどれほどのものかというと、

広島に落とされた原爆の500倍というとてつもないエネルギーだそうな。







昔には無かった原発という、

人間が作り出した見えない凶器にいまだに苦しめられている被災地。






いまだに繰り返される東電の隠ぺい工作。

腹立たしくてしょうがない。

またかとは、言わぬよう、

厳しい目で注視して行きたい。







寺田寅彦の言葉、「災害は忘れた頃にやってくる。」を

良く言ったことわざとは、言わぬよう、




やはり忘れてはいけないのです。





4年前に被災地で見た光景はいまだに目に焼き付いています。(合掌)






大事MANブラザーズバンドの「それが大事」を映像と共にぜひお聴き下さい。

       ↓

被災地に立って(総集編)a>
by hacchannt | 2015-03-11 07:12 | ★東日本大震災 | Comments(0)