人気ブログランキング |

ハッチャンの「大阪大正区で沖縄三昧」

◆2019 沖縄離島の旅 ~2日目・西表島・由布島・竹富島・やっぱり夜が楽しい石垣島♪~







二日目の朝です。








ホテルの朝食はバイキング形式です。







中央のテーブルに沢山の料理が並べられています。

f0238779_15372454.jpg


f0238779_15373377.jpg








野菜はたっぷり摂りましょうね~♪





島豆腐です。

f0238779_15374187.jpg








箱豆腐と書かれています、しっかりと堅そうです。






島豆腐は型崩れせず、ちゃんぷるーにはもってこいです。









ポークも焼かれています。


f0238779_15375232.jpg







そのほかの沖縄料理もいろいろあります。

f0238779_15380463.jpg


f0238779_15381213.jpg



f0238779_15382151.jpg






朝食を済ませ、お腹いっぱいです。









ホテルを朝8時に出発をし、バスで石垣港へ。

f0238779_15382958.jpg








安栄観光の高速船です。



f0238779_15384327.jpg





石垣島は、沖縄の離島の高速船交通の拠点となっています。

f0238779_15392521.jpg










船着き場には、ちょっちゅね~さんが両手を高々と上げている。


f0238779_15391492.jpg









沖縄・石垣が誇る冠ワシの具志堅用高の銅像です。






碧い海をスピードを上げ船が突っ走る。

f0238779_15393451.jpg









クサリ2本でドアはなし、開放的です。(笑)


f0238779_15394646.jpg








高速船で40分ほど走ると、




西表島の大原港に着岸。









桟橋を歩き、迎えのバスに乗り換える。

f0238779_15395877.jpg


f0238779_15400969.jpg


f0238779_15561829.jpg







この信号機、ただの信号機ではありません。

f0238779_15402555.jpg








日本最南端の信号機なのです。







感動しませんか~?(笑)









ボートに乗りまして、




仲間川クルーズです。


f0238779_15404022.jpg








マングローブの川を上る遊覧です。

f0238779_15405150.jpg


f0238779_15410365.jpg


f0238779_15411911.jpg


f0238779_15414170.jpg


f0238779_15413036.jpg


f0238779_15415606.jpg


f0238779_15420607.jpg


f0238779_15422482.jpg







マングローブとは、木単体のことではなく、



淡水と海水が混じり合う汽水域に生息する植物全体、総称のことをいいます。

f0238779_15423685.jpg










根に特徴がありまして、




・板のような根:板根(ばんこん)、


・曲がりくねった根:屈曲膝根(くっきょくしんこん)


・蛸の脚のような根:支柱根(しちゅうこん)





のような種類があります。


f0238779_15425170.jpg


f0238779_15430968.jpg







塩水でも生きていけるマングローブは、





その種によって、





・塩分を根でろ過するもの


・葉から蒸発させるもの


・派に蓄積させ溜まったら落葉させるもの等々、





まだ解明されていないものも多いらしいです。









日本では、マングローブは、沖縄と鹿児島県の一部の島にのみ生息しています。




沖縄では、7種類の植物がマングローブを構成しています。




地質、塩分濃度、水深・・・等々の環境により生息地が変わるようです。











途中、川から岸へ上陸です。

f0238779_15432792.jpg


f0238779_15433919.jpg









先ほどの根に特徴のある板根(ばんこん)の植物です。


f0238779_15435022.jpg







波打つ帯のような板状の根です。


f0238779_15440270.jpg









一番高いものでは、その高さ3mにも及びます。

f0238779_15441742.jpg


f0238779_15444467.jpg









川の水は濁って茶褐色ですが、

栄養豊かな水で、魚、貝、カニ等の生物の宝庫となっています。


f0238779_15445957.jpg


f0238779_15451691.jpg









船の中で見せて貰った巨大なシジミです。






でっか!!


f0238779_15452752.jpg








船着き場に戻ってきて、






マングローブのある仲間川より海岸線をバスで北へ移動。

f0238779_15453885.jpg








由布島(ゆぶしま)です。

f0238779_15455207.jpg








由布島は、周囲2.15㎞、海抜1.5mの小さな島で、





島全体が亜熱帯植物園になっています。








水牛車で島へ渡ります。

f0238779_15462535.jpg


f0238779_15463935.jpg


f0238779_15465676.jpg


f0238779_15472397.jpg


f0238779_15474086.jpg








アジア水牛という種類で大人しく、




名前の通り水が好きで暑い日には、一日中池の中に居ます。(笑)








結構な人数のお客さんを載せて牛車を引っ張ります。








島までの海は非常に浅く、




途中で水牛が、トイレ休憩もします。(笑)









島にいる40頭ほどの水牛には、全て名前が付けられているそうです。

f0238779_15483761.jpg


f0238779_15484871.jpg







水牛車を操る人は、沖縄県外から移住している人が多いとか。







島に渡り、ここで昼食です。

f0238779_15475677.jpg


f0238779_15482458.jpg









メニューは、どうもこの弁当一品のみのようです。(笑)


f0238779_15491259.jpg


f0238779_15494436.jpg

f0238779_15493372.jpg





暑いので、オリオンビールで喉を潤す。



f0238779_15492368.jpg







プフワァ~~。





うぅ~ん、美味い!!







島の中を歩き、海に出てみる。


f0238779_15500060.jpg


f0238779_15501829.jpg


f0238779_15504084.jpg


f0238779_15511153.jpg








遠浅の海が目の前に広がる。





というか、潮が引いて、水ないし。(笑)




f0238779_15512075.jpg


f0238779_15513835.jpg










小さなお洒落な店があったので覗くと、

f0238779_15520493.jpg


f0238779_15521796.jpg










アイスクリームを売っていた。


f0238779_15523864.jpg









泡盛アイス?









泡盛と聞いて、試さずにはいられません。(笑)







うぅ~ん、確かにほんのりと泡盛の味と香りがする。

f0238779_15525140.jpg








こりゃ、美味い♪









あちらこちらに鮮やかな花が咲き乱れています。


f0238779_15530386.jpg


f0238779_15531551.jpg









そして池には水牛の親子がのんびりと水に浸かり気持ちよさそうです。

f0238779_15532731.jpg


f0238779_15533977.jpg








帰りは、違う水牛車に乗ると、

f0238779_15535270.jpg


f0238779_15540393.jpg


f0238779_15541976.jpg






三線で定番の安里屋ユンタを奏で、




のどかな良い雰囲気です。

f0238779_15543344.jpg


f0238779_15544443.jpg


f0238779_15551010.jpg



f0238779_15545790.jpg




f0238779_15552643.jpg


f0238779_15553946.jpg








大原港にもどり、高速船で次に向かった先は、



f0238779_15560522.jpg


f0238779_15555030.jpg









竹富島です。







f0238779_15562900.jpg








皆治浜(かいじはま)に行ってみた


f0238779_15564333.jpg






星の砂で有名な海岸です。

f0238779_15565668.jpg


f0238779_15570699.jpg


f0238779_15572087.jpg








砂浜に掌を押し付け、見てみると、

f0238779_15573777.jpg










ありました、ありました、小さな星の砂が。


f0238779_15574971.jpg


f0238779_15580150.jpg








星に対し、丸っこい太陽の砂というものもあります。


f0238779_15581834.jpg


f0238779_15582816.jpg








竹富島は、国の重要伝統的建造物群保護地区に指定されており、




平家(ひらや)の赤瓦の建物と琉球石灰岩でできた石垣や白砂の道が




昔からの町並みを今に伝えている。

f0238779_15584145.jpg


f0238779_15585268.jpg








f0238779_15590377.jpg


f0238779_15591560.jpg












この町並みを一望できる展望塔の「なごみの塔」が



老朽化により閉鎖されて登れないようです、残念。(涙)

f0238779_15592568.jpg


f0238779_15594360.jpg


f0238779_16000032.jpg










竹富島でも水牛車に乗る。


f0238779_16001697.jpg







ゆっくりと水牛のテンポで白砂の道を水牛車が行く。







水牛は、細い道を曲がる時にも、牛車の長さと内輪差を考慮し、



石垣塀に当たらずにちゃんと曲がります。








すごい、お見事!







ホテルのある石垣島に戻る。


f0238779_16002829.jpg


f0238779_16003983.jpg






竹富島から石垣島へは、高速船でたったの15分です。







風呂に入り、夕食は、Jさんと焼肉へ行くことに。








河伯菜館という焼肉屋さんです。

f0238779_16390281.jpg









夕方5時過ぎに行ったので、




店は開いたところで一番乗りです。

f0238779_16395407.jpg









まずは、生ビールで乾杯~♪

f0238779_16393709.jpg


f0238779_16400414.jpg


f0238779_16401690.jpg


f0238779_16402573.jpg







得々セットです。

f0238779_16404024.jpg






ホルモンセット


f0238779_16405246.jpg






石垣の泡盛「玉の露」を4合瓶で注文。


f0238779_16413340.jpg


f0238779_16411657.jpg


f0238779_16414465.jpg


f0238779_16415624.jpg





スープやカクテキも口直しに頂く。


f0238779_16421342.jpg


f0238779_16422840.jpg






ブランド牛の石垣牛です。









夏川りみやHY、ビギンのサインなど石垣出身の歌手オンパレードです。


f0238779_16424261.jpg










HYのサインって子供が書いたん?と思ってしまう。(笑)







お腹が満たされたので、





f0238779_16425886.jpg


f0238779_16430757.jpg






さ~て、どこへ飲みに行きます?







やっぱり?








昨日のメンバーと、ここへ来てしいましました。(笑)







昨日に引き続きの「正」です。


f0238779_18065932.jpg













このウィスキー、大阪では見たことないなぁ。

f0238779_18072204.jpg









出回っていない幻の酒との噂も?







飲みやすいウィスキーです。







はい、乾杯~~♪


f0238779_18071198.jpg







タコの造りと島らっきょのツマミを出してもらいました。



f0238779_18073337.jpg


f0238779_18074835.jpg







希少価値のあの泡波も出してくれました。

f0238779_18075976.jpg


f0238779_18081374.jpg










店のママさんが民謡ショーを観に行こうというので、ついて行く。


f0238779_18082565.jpg








店の外観や看板から、なにやら如何わしい店のようにも見える。

f0238779_18083891.jpg








表に揚げられた看板、







「よるどーや」???

f0238779_18085045.jpg








「今夜、どう?」っちゅうことですか?






やっぱり、やらしい店ですか。









と入ってみると、ちゃんとした民謡酒場でした。(笑)






ステージでライブ中だった。


f0238779_18090142.jpg








観光客らしきお客さんで盛り上がっていました。

f0238779_18100223.jpg








右のマイクを持った彼女は、最近たまたまYouTubeで見つけると、



バスガイドさんで、ここでアルバイトをしているようで



高音の綺麗な声で歌い上げていました。

f0238779_18091639.jpg









「島唄しんか」というメンバーであちらこちらでライブをしているようです。







女性メンバーは、全てバスガイドさんとの事です。








石垣島、流石に歌のレベルが高い。








泡盛水割りで、乾杯~♪

f0238779_18092734.jpg


f0238779_18093911.jpg







突出しは、ナーベラ―と島豆腐


f0238779_18095281.jpg


f0238779_18103363.jpg






暫くするとカチャーシーでノリの良いGさんが




他のお客さんと一緒に踊っています。





f0238779_18101735.jpg



f0238779_18104305.jpg

f0238779_18110397.jpg

f0238779_18112309.jpg






90分飲み放題のようで、サクッと飲み、民謡酒場を後にする。


f0238779_18113627.jpg
f0238779_18115237.jpg






ほんで、「正」にもどり、()






腰を据え飲み直す。

f0238779_18120457.jpg

f0238779_18121700.jpg








ゴーヤーチャンプルー、めっちゃ量多いやん♪

f0238779_18122878.jpg

f0238779_18123941.jpg






今日は、昨日のメロン×2は、温存させていました。(笑)


f0238779_18131583.jpg

f0238779_18125350.jpg

f0238779_18130471.jpg







しかし、われわれ、




今日も今日とてノリも良く

f0238779_18133418.jpg

f0238779_18132525.jpg




f0238779_18134590.jpg







歌って踊って、楽しく石垣の夜は更けていくのでありました~、チャンチャン♪

f0238779_18135655.jpg

f0238779_18140465.jpg

f0238779_18141363.jpg

f0238779_18142449.jpg





by hacchannt | 2019-10-10 12:22 | ★沖縄旅行 | Comments(2)
Commented by ゴーヤ×2 at 2019-10-14 23:28 x
ワタクシ、「桜の下のタマトッタ」「桜玉屋」の看板が気になって仕方ありません。(笑)

真面目な話、石垣の三崎町はちゃんとしたママやホステスさんの案内でないと、事情を知らない本土の観光客にはかなり危ない地区と聞きました。コワイ人達の資金源になってる店が沢山あり、被害に遭う観光客が後を立たないそうです。








Commented by hacchannt at 2019-10-15 14:59
☆ゴーヤ×2さんへ


ほんとですね、「桜の下のタマトッタ」、気が付きませんでした。

タマを取られなくて良かったです。(笑)


石垣島はそんな恐ろしいところになっているのですか。

いい店に出会えてよかったです♪