人気ブログランキング |

ハッチャンの「大阪大正区で沖縄三昧」

2019年 03月 15日 ( 1 )

◆仙台食べ呑み歩きの旅 ~その2・牡蠣三昧~




仙台一日目の昨日は、飲み過ぎまして~、






風呂も入らず、バタンQ。






朝に大浴場に行き、お風呂に浸かる。








実は、大浴場が付いているということで


このホテルにしたのです。(笑)





ユニットバスは嫌です。








風呂から上がり、


チェックアウト時間ぎりぎりの10時にホテルを出る。



f0238779_13311245.jpg







ホテルの最寄りの駅から地下鉄に乗ろうとすると、





あれ?







えっ?








昨日買った二日間乗り放題のチケットがない!







うっそ~~。






確かズボンの右ポケットに入れてたはずなのに・・・・・。








コートからカバンから全て探しましたが、・・・・・・(涙)








あっちゃ~~~、ぜんぜん元を取ってないのに~~。




飲み過ぎは、イケませんなぁ。(反省)








仕方なしに切符を買い、仙台駅まで出る。








よく飲んだあくる日は、やはり汁物が欲しくなる。







駅で立ち食いうどん屋を探し、きつねうどんを食べる。




大きな揚げさんと、太っというどんです。

f0238779_13312248.jpg








揚げは大阪ほど甘くなく、いい感じです。







こちらはきつねそば。

f0238779_13312970.jpg







大阪で言うたぬきですね。





東京のうどんより仙台の方が旨いなぁ。









仙台駅より仙石線に乗り、松島海岸へ。

f0238779_13313708.jpg

f0238779_13314655.jpg







駅から少し歩くと、すぐに海岸に出る。

f0238779_13315455.jpg

f0238779_13320303.jpg
f0238779_13321335.jpg
f0238779_13322225.jpg








海岸線を北へ行くと、




五大堂へ渡る真っ赤な橋の欄干が美しい。

f0238779_13325535.jpg

f0238779_13323514.jpg








その橋を渡ると、



1604
年伊達政宗が瑞巌寺より先に再建した五大堂が現れる。

f0238779_13330608.jpg


f0238779_13331684.jpg








東北で現存する桃山建築としては最古との事。


f0238779_13332731.jpg








この長い橋は、福浦島に渡る福浦橋です。

f0238779_13334347.jpg







松島には沢山の島が点在する。





その数236








これらの島々が、先の東日本大震災に起こった津波の影響を



和らげたと云われています。








海岸線を更に歩いていくと、




漁業組合の建物があり、








その隣に現れたのが、「かき小屋」です。


f0238779_13335721.jpg







簡単なプレハブの小屋で焼きかきの専門店です。


f0238779_13340954.jpg

f0238779_13342362.jpg





名前を書いて表で待つ。

f0238779_13343675.jpg









10分ほどで名前を呼ばれ、中へ入る。


f0238779_13344604.jpg






テーブルナンバーを言われ、そのテーブルへ着く。




何やら大きな四角いステンレスの蓋がテーブルの真ん中にある。


f0238779_13354642.jpg









どうやらこの中にカキが入っているようです。









席には、オーバルのお皿に軍手が1枚。


f0238779_13360049.jpg








なに、これ?と思っていると、









お姉さんが、








「利き手と反対の手に軍手をして下さい。」








「利き手で殻を開けるナイフを持って開けてください。」











ほうほう。










まずは、
缶ビールを買って来て、








乾杯~♪


f0238779_13363151.jpg








鉄板と蓋の間に濡れタオルを挟んで蒸気が出るのを止めているようです。


f0238779_13360945.jpg








暫くすると、お姉さんが中から牡蠣をひとつ取出し、







貝の中に何やら棒を突っ込んでいる。

f0238779_13365564.jpg









なにしてはるんやろ?










牡蠣には菌が居る場合があるので、



85
度以上に熱すれば菌が全て死ぬのでその確認をするために、



温度計を突っ込んでいたのです。









確認をした後、


ガバッと蓋が開けられた。









湯気がドバ~~と舞い上がる。


f0238779_13370697.jpg

f0238779_13371947.jpg









「はいどうぞ召し上がってください♪」と










40
分間焼きガキの食べ放題のスタート!










まずは、開けやすい口が空いているカキから食べます。


f0238779_13373965.jpg










プリップリのアッツアツ♪


f0238779_13380396.jpg









味付けは何もしていませんが、










自然のうすしお味で、美味い~~♪










カキが山盛り焼かれています。


f0238779_13375059.jpg






テーブルの下には一斗缶が置いてあり、


f0238779_13382013.jpg








カキの殻を入れます。









15
個も食べると、もうお腹いっぱいで、










手が伸びません。


f0238779_13383431.jpg









実は、カキは、口の開いている貝よりも








閉じているものの方がカキのエキスが抜けていなく









ふっくらとジューシーで美味いのです。







とお姉さんに教えてもらいました。










その通りでした。











そこから23個食べて、



時間を20分余してワタクシ、ギブアップ。












他のテーブルの若者は、最後まで食べ続けていました。










もうしばらく、カキの顔を見んでもええわ。(笑)













今シーズンは、昨年の10/253/11までで、








ラッキーにもぎりぎり間に合いました。









40
分食べ放題で2,200円です。







ご馳走様~と、外に出ると、








カキ小屋の裏には、カキの殻がどっさり。

f0238779_13384586.jpg





これこそが、山積みっちゅうヤツですね。









すぐ向かいに無料の足湯があったので、




酔い覚ましに足を浸ける。


f0238779_13390377.jpg

f0238779_13391304.jpg
f0238779_13392380.jpg







再び来た道を戻り、

f0238779_13393778.jpg
f0238779_13394699.jpg








仙台空港へ。

f0238779_13395589.jpg







旅の〆は、ビールで。









伊達政宗のビールです。


f0238779_13400459.jpg











ピリ辛笹かまぼこをツマミにコクのあるビールで仕上げましたとさ。・・・・・【完】

f0238779_18372423.jpg






by hacchannt | 2019-03-15 07:56 | ★仙台食べ飲み歩き | Comments(0)